自慢しますか謙遜しますか・・・ストレートに言えますか・・・


どれだけ心で我が子を誇りに思っていても、人前では「ダメダメぶり」をあえて誇張するのが日本流なのでしょう。

「うちの子は忘れ物がひどい」だの「手伝いをしない」だの、子供の「ダメダメ披露」が日本では普通ですよね。
ところが、海外の方の前でこれをやると大変なんですよ!

 「うちの子なんて、OOはまだまだだし、XXはからっきしだし、トホホなのよ~」なんて言った瞬間、何とも言えない戸惑いの表情。

「息子のことをここまで悪く言うなんて、子供が相当ひどいか、虐待親なのか、どっちなんだ?」って表情が浮かび上がってきます。



考えたら日本ってややっこしいですね。


自分の子供はすばらしくいい子だと思ってる。

優しいし、親としては過剰なぐらい?信じてる!

けど、ひと前では謙遜!!

ただし、子供を非難・中傷されると腹がたって言い返したくなる。



笑!!多くの日本家庭の典型でしょうね。

かくゆう、我が家も似たようなもの!

超典型かも!!笑。



時代の流れかもっとストレートに!が今風なのかもしれません。

いわゆる欧米化!



その流れは嫌いじゃない

けどね、


やっぱ、言葉では謙虚、しかし実際は出来るという世界に美しさを感じる日本人。

言葉足らずで世界にアピールできないもどかしさはあっても、
そういうのって美しいと思うんです。



文字や言葉が先行する浅はかな吾輩にはなおさら・・・・



よ~く観察すると、子供達の付き合い、会話の中にも謙遜だったり、アピールがあったりと、聞いてると面白いんですね。

やつらやっぱり日本人なんだなって!!




昨日の妻の誕生日、そっとFacebookにメッセージを送ってみました。

「HAPPY BIRTDAY, Okusan!!!

You're a wonderful wife and a great Mom!

With lots of love!! 」


息子とともにプレゼントは

「はい、これ!!」って、そっけなく日本調?で、

f0201170_22473531.jpg


f0201170_22475392.jpg

by moriken1103 | 2011-08-07 22:49 | 独り言
<< EASTBOURNEに到着 2011年 九州中学校サッカー大会 >>