タグ:独り言 ( 190 ) タグの人気記事

関西へ

三男の渡英前に関西へ旅行!

京都は午後の半日のみ


まずは錦市場を歩いて錦天満宮で『頭がよくなりますように!!!!!」と、お牛さんの頭をなでなで、息子の頭をなでなで



f0201170_22431198.jpg

春の京都、人が多いと聞いていたものの、あまかった、、、、、


人、人、人、外人、外人、外人、、、、


緊急避難的計画変更し、無計画人頼みへ方針転換です。


「運転手さん!!静かなおすすめポイントへ案内して~~」


と、京都検定2級の運転手さんに連れられてきたのは、新名所の「将軍塚」。

東山山頂からの絶景!本当に! 

f0201170_22350130.jpg
f0201170_22361861.jpg


青竜殿には国宝「青不動明王」  


満開の桜と源平咲き梅  

f0201170_22371239.jpg
f0201170_22373076.jpg




バスが通じてないので観光客が少なくてのんびり満喫できました。

和気清麻呂が天皇に「ここが都にいいんじゃですか!!」とおすすめし、


お気に召した天皇が都の鎮護のために、高さ2.5メートル程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢を持たせ、太刀を帯させ、塚に埋めたのがこの将軍塚



f0201170_22481438.jpg

次に車から混雑の平安神宮を横目に「岡崎神社」

うさぎまみれの神社です。ウサギ年なんです。


f0201170_22380919.jpg
f0201170_22383065.jpg
f0201170_22391442.jpg




そして下賀茂神社で息子3人へ彦守りを購入



そして、「都をどり」


f0201170_22503031.jpg
京都土産は

拙宅必須の原了郭「黒七味」とやよいの「ちりめん山椒」



f0201170_23075148.jpg




翌日は大阪で再会!

f0201170_22595066.jpg




さて、ブログ再開となるのかどうか、、、、


来週はモリケン出発。


その後の心理状態しだいです、




by moriken1103 | 2017-04-22 22:55 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

灼熱

午前中テニス3時間して、昼から「うみたまご」までランニング!!

さすがに疲れて歩いて帰ろうと思ったら、妻から急げと!!

従順な僕は走って待ち合わせの場所まで、、、、



あ” づ い”,,,,,





したたる汗で、ぐったり
f0201170_9385362.jpg





私しゃ干からびちまいやした、、、
f0201170_9391182.jpg



しかし、来ない、、、、、、、


だずげで~~
f0201170_9413134.jpg




知り合いと会って話し込んでたんだと、、、、












by moriken1103 | 2016-07-27 08:35 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

慰安旅行=孫の世話体験記

我が職場は仕事柄慰安旅行は4班に分かれて行くのですが、今年も我が班はチビッ子グループ!


いきなりの船にテンションMAX!!
f0201170_18364796.jpg




私は抱っこ紐で1歳児とともに孫のお世話予行演習ってとこです。
f0201170_98711.jpg



松山石手寺では「60年に一度の逆打ちお砂撫で」ができます。
f0201170_993783.jpg

f0201170_9943.jpg


お遍路さんの多くは1番札所霊山時から順番にまわります。
このまわり方を 「順うち 」 といいますが、うるう年は88番札所大窪寺から逆にまわる 「 逆打ち 」 を
するとご利益3倍といわれてます。
さらに、今年は60年に一度の丙申(ひのえさる)の年。丙申の年に
逆打ちでまわると、弘法大師空海に巡り合えたという言い伝えもあります。
ここ石手じでは「四国霊場88ヶ所お砂撫で」といい八十八ヵ所札所、そして「高野山真言宗総本山 金剛峯寺」の境内の砂を集め、袋に詰められており、その袋順番にすべてを触りながら祈ると霊場全てを回ったのと同じご利益があるというものです。
もちろん今年は逆回りです。



ただ、とにかく暑い!!

じいちゃん(今日だけ)はひたすらビール!!
f0201170_9232159.jpg



道後温泉は国体後に改装にはいるそうで、今のうちに入ったほうがいいよ!!

f0201170_9144337.jpg

とか聞いて、「ビール」
f0201170_9235526.jpg





松山城からの絶景の先には、ダッシュ島が見えますよ
f0201170_9121100.jpg

とか、

松山城には葵の門は入ってますよ、
f0201170_9122238.jpg

とか、聞いて「ビール」



しかし、メインイベントは

チビッコでした。

f0201170_9221260.jpg

by moriken1103 | 2016-07-05 09:15 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

上京して息子と

仕事で久々の上京です。

会う前に息子の住居の近くの「富岡八幡宮」へお参り。 親心っちゅうやつですな!
f0201170_9555368.jpg



ついでに深川めしを食せねばと「あさり蒸篭飯」
あさりと青のりの香り漂うふっくら飯です。
f0201170_9565197.jpg



夕方、再び腹も減ったころ、東京駅から歩いて息子の会社へ
f0201170_1054464.jpg


散策しながら、「かっこいいな~」って思いつつも、「やっぱ、大分がいいよな~」って。笑



久々再会の夜は銀座の焼鳥で乾杯!!

ごちそうのつもりが、父の日が近いからと!!嬉



帰りには老舗バー「ルパン」で一杯。
f0201170_102198.jpg


太宰治の座ってた席には座れませんでしたが、、、
f0201170_1025668.jpg




いい夜でした。


by moriken1103 | 2016-06-19 10:03 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

卒業前日のテニス

場所は懐かしい我が大学のテニスコート


卒業式の前日、息子を呼び出し、テニスの試合です


テニス部の新OBとなる息子と古老OB親子の試合。
f0201170_16484394.jpg

f0201170_16485372.jpg



限られた時間であり、私の体力も考えて4ゲームマッチ





白熱する試合で2-2となるも、40-0からのチャンスを自滅して2-3、3-3と追い付いて、またもや40-0から自滅して3-4、そして3-5で負けてしまいました。




自分のラケットはガット張替え中だったので、、、そうでなければ、、、なんて、




悔しいが、ゲームセットは握手です。






ネット越しに息子と握手した瞬間、ちょっと時間が止まった気がした。



息子と向かい合って握手したのは初めてかもしれない。




24歳の手の温もりに子供ではない、成長した自信にあふれた若者の力を感じました。









楽しい親子の時間でした、、、




意味のある1日だった気がします









明日は卒業式



by moriken1103 | 2016-03-21 23:08 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

テニス部卒業生追い出しコンパ

母校、大学テニス部の 「卒業生追いコンパ」 へ参加。 



今年の卒業生の一人が長男。 この春より親子で同じ部活のOBとは不思議な感覚です。
 


卒業生一人ずつがテニス部を通して得たものと、後輩へのメッセージをかたりました。  



テニスと勉強の両立は辛いことも多かったようですが、いちように悔いのない青春時代であったこと、このテニス部員でよかったとの言葉を述べてました。


わが部活を愛し、後輩をかわいがる新たなOBの誕生に古参OBは嬉しくなりました。



彼らの彼女たちの熱い言葉に目頭が熱くなることも、、



そして、卒業生たちは新たに社会人として一歩踏み出す期待と希望にあふれてました。

16名の新OBとともに!
f0201170_9241858.jpg



いい夜でした。








by moriken1103 | 2016-03-13 09:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

全員でバーベキュー

「明後日は何時に集合すればいいん?」


「・・・・・・???」


「なあ、バーベキュー何時から??」


「何?明後日おらんで!!」


うそやろ!! おるっていったやん。 バーベキューしていいっていったやん。


「そ、そんなこと言った???」



「言った!!全部手伝うって言った!!!」



「お、覚えてないけど、そうなんや。わ、分かった!」



ふと、数十分して遠~~くはるかかなたの記憶で言った気がしてきました。

酩酊の中、意気揚々と語る自分の姿が・・・





というわけで、かすかな記憶の中の約束でも約束!!お手伝いとあいなりました。



のんびりと祖母山系へのヤマメ釣り計画は中止です。




手伝いといっても、奴らはりっぱな高校生。

おじさんは監督するのみ。たぶん







ふと、この学年は様々な条件が重なり遠征がとても少ない学年でした。



練習試合とは違い、全員で寝食を共にする遠征はいい思い出になるし、同時に絆を深めると思うのですが、そういう機会が少なかっただけに、

よい機会になるといいな!!



もうすぐ仕事も終わり。帰ったら夕方に向けて準備です!!午前中はドンキヘ


「今晩も笑わかさな!!」    思い出になる写真のために!!!

f0201170_6553550.jpg






by moriken1103 | 2016-03-08 06:50 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

久々の東京

東京出張なので久々に次男と飯でもと思いましたが、今週末はフロリダっちゅうところに行ってるそうな。


花粉にまみれてホテルに着いた私はとりあえずさっぱりしようとフロニダ!!



さてと夕飯は??  息子と一緒なら行きたい店はいっぱいあるんだけど、一人じゃね~~




ならば銀座の焼鳥にでも!!



20年前、初代(先先代)女将さんが知り合いで、ご招待していただきご馳走していただいた老舗焼鳥屋さん




寝る間もなく働き身心疲労困憊だった私に、絶品の焼鳥と元祖ドライカレーで元気をくれた懐かしい店です。




カウンターに座ると三代目のご主人より、私がお世話になった女将さんは6年前に亡くなったと聞き時の流れを感じます。



懐かしい焼鳥は、合鴨、手羽先、つくね、かしわ、地鶏、肝、合鴨しめじ~~~と、絶品!

酒は大きな銀製のヤカンで付けて、目の前でついでくれます。 (肩越しに注がれて写真撮れないので、イメージ写真引用です)
f0201170_23205176.jpg



燗酒との相性はたまりません!!
f0201170_23102386.jpg





いつのまにか、先先代を知る常連さんと盛り上がり、、、、楽しい夜でした。 



〆の元祖ドライカレーは外せません!!








二日酔いもなく朝は、神田明神までお参り散歩し、お勉強に一日没頭。
f0201170_1441771.jpg


f0201170_1443051.jpg



ちゃんと1日勉強して、帰りしな空腹満たすには、1人だし、、、と、「いきなりステーキで」へ!


300g肉とワインでエネルギ注入 ・・・数分で完食(1人なので)


f0201170_23163419.jpg









by moriken1103 | 2016-03-07 18:02 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

息子の引っ越し


大学を卒業する長男がアパート引っ越すので午後からお手伝い。




机と洋服タンスに小さなテーブル、後は冷蔵庫に洗濯機に食器棚に小さな電化製品もろもろ。






借りてきた軽トラに私と一緒に運搬。重かったけど、大学生活の荷物は軽トラ1台に収まってしまいました。



新居に向かう息子が運転する軽トラについていきながら、パシャリ!!
f0201170_1974643.jpg





軽トラ一台に収まってしまう6年分の荷物は少なくてかなりおんぼろ!



ちょっと滑稽だけど、この荷物とともに濃厚な時間を過ごしたんだろうな。



後ろから運転しながら、無造作に積まれた家具に、ありがとうって感じました。









by moriken1103 | 2016-03-02 19:14 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

2016年元旦 

あけましておめでとうございます。 

f0201170_1052282.jpg



恒例の元旦0時には宇佐神宮へ初詣
f0201170_1041469.jpg

f0201170_10411341.jpg




今年は申年。  猿のつく諺というと

犬と猿
意馬心猿(いばしんえん)
犬猿の仲
猿に烏帽子(さるにえぼし)
猿に絵馬
猿の尻笑い
猿も木から落ちる
沐猴にして冠す(もっこうにしてかんす)
猿もおだてりゃ木に登る

と、どうも猿をこばかにしたものが目立ちます。



わたくし、高崎山のメンバーズクラブに入会しています(なんと¥1000で2年間入場無料、同伴者も割引!)!!
f0201170_10522970.jpg




サルの社会って、ルールはしっかりしており、人情も義理もあふれています。


むしろ人間が学ぶことがたくさんあるようにさえ思えます。


「猿に学ぶマネージメント学」「サルに学ぶリーダーシップ論」なんて、ベストセラーがでてもおかしくない気までします!笑


f0201170_10533484.jpg



f0201170_10534591.jpg




今年は、猿(ましら)の如く!駆け回ります!!
by moriken1103 | 2016-01-01 11:08 | 独り言 | Trackback | Comments(0)