タグ:散歩 ( 64 ) タグの人気記事

蓮の池



暑苦しさに目覚めタイマーで切れてたエアコンのスイッチをON


ちょっと涼しくなったかと思えば、割れんばかりのセミの鳴き声・・・





寝てられない休日の早朝、


妻と向かうのは、太古の花・蓮の池



f0201170_10342079.jpg

きっと、甘くておいしいのでしょう。美食家たちが集まってます。


f0201170_10343770.jpg




f0201170_10345153.jpg




f0201170_1035988.jpg




f0201170_10352710.jpg




f0201170_10442789.jpg

瑞々しさでいっぱい、

夏の早朝の楽しみです。
f0201170_10363448.jpg

by moriken1103 | 2012-07-31 10:48 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

懐かしの長浜祭り

金池小学校育ちの私には長浜祭りは郷土の祭り、



ずいぶん久々です。




屋台が並び、焼き鳥とビールに触手が伸びます。
f0201170_1947686.jpg


ビールの美味いこと、

焼き鳥の肉汁がまた次なる一杯へ、さらに・・・・068.gif




長浜様は医学の神様。 「おみか餅」も購入しました。
f0201170_19502547.jpg


参拝の後、お神楽見物


子供のころお神楽が大好きで、とくに柴曳(しばひき)っていう、鬼と榊で引っ張り合いこするやつが!!


やぐらに下にある大きな榊を持って舞台を叩いて鬼を挑発します。


意気地のない奴は鬼が近づくと「わぁ~~!!」って逃げますが、


ちょっと勇気を振り絞って、榊の端を鬼に握らせ引っ張り合いこへ、


たまに鬼に捕まっればさあ大変、泣き出す子も・・・・笑



そんな子供のころを思い出しながら見物してました。



「おみか餅」は、女性の健康のためにスタジオ Lapis Lazuli へ、
f0201170_19522316.jpg



見上げると、ちょうどバレエのレッスン中。



それにしても長浜祭り  凄い混雑でした。


まさに 立錐の余地なし
by moriken1103 | 2012-07-10 19:56 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

火曜日はコンデジもってランニング



先週のランニングは新緑の香りの中だったのに、


1週間でまったく違う・・・・・



苔むした濃い緑の匂い


そんな山の中を気持ちよく90分のランニング




本日も近くの神社へ立ち寄りました。



雨のせいでしょう、参道には苔のじゅうたんが広がり歩くのも憚れるほど
f0201170_18582056.jpg



階段もしっとり
f0201170_1859112.jpg



世間で言うパワースポットなんでしょう
f0201170_18593451.jpg




花粉も終わり、外ランニング復活で1人サラダ・ブランチも復活です。
f0201170_18595441.jpg



汗をかいて、パワースポットでマイナス・イオンを浴び、ビタミンを十分補充!







晩酌で帳消し!!
by moriken1103 | 2012-05-01 19:03 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

春の努力遠足


春うららかな日曜日、桜満開のもと楽しく散歩
f0201170_19142841.jpg

息子達は懐かしい光景のはず、


ちょっと近づくとたくさんの花々が「私が!私が!・・・」って語りかけてくるようで
f0201170_1914556.jpg


「なんでしょう?」って
f0201170_1915177.jpg



いつのまにやら結局八幡の山奥まで3時間の努力遠足に(笑)


八幡の桜
f0201170_19185377.jpg



帰りは相当後悔しました・・・・


ひと風呂浴びて、桜のチップでサーモンの燻製!!
f0201170_19213511.jpg



桜日和終了!
by moriken1103 | 2012-04-08 19:27 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

桜満開の中で


「花は桜木 人は武士」     という言葉があります。



桜の花は咲いてる間は美しい。しかし、その美しさの裏には常に散り際が意識され、いざ散る時も美しい。

武士たるものの、生きることの美しさと潔い尊い死に際を桜に対比したものでしょう。

f0201170_15231681.jpg



一方で桜に抱くもの、


その華やかなる桜の花は現実の世界での夢と理想の具現であるのかも、


そして、現実世界の限界、無常を桜の花の散り際に重ね合わせているのかもしれません。



本日、祖母永眠。   97年間の美しい人生だったのでしょう。
by moriken1103 | 2012-04-03 15:10 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

上野の森

子供の送迎で上野の森まで来たので、ちょっと散策。



この上野の森(墓地公園)は私の幼少期の遊び場でした。

小学校4年、サッカー部に入部するまでは、学校から帰れば野球をするか、この森で遊ぶか、



1時間ほどの散策はすっごく楽しかった。


森のあぜ道まで記憶にあります。
f0201170_22511738.jpg



いろんな表情をした木々、それは今も昔もかわりませんでした。
f0201170_22513847.jpg




ただ、この森に来ると必ずよるポイントがいくつかあり、その一つが

ここにあったはずの大木。
f0201170_2252122.jpg


幹には芳醇な樹液が染み出しており、いつもたくさんの昆虫やスズメバチであふれてました。


40年前のことだから、期待はしてなかったものの、やはりさみしいものです。




3~5歳の頃、父とよくこの森へ散歩に来てました。

そして、必ず一つのお墓にお参りして帰るのが我々の日課でした。

その方は、名前の一字が私と同じというだけで、私たちとは縁もゆかりもないのですが、父いわく、大分を代表するりっぱな方だったそうで、この方のように将来りっぱになれるようにお参りするのだと。


思い出を頼りに、膨大な敷地のお墓を探すこと30分。



見つけました。

「45年前の小坊主がここまで成長しました!!」と、お参り。




久々にすごく楽しい散歩。


一瞬、幼少に戻った気分を味わい、そしてお墓に行けた満足感で幸せな春の休日(彼岸会)でした。

f0201170_22533481.jpg

by moriken1103 | 2012-03-18 22:55 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

金池の渡線橋

通りかかった踏み切りをふと見上げると、渡線橋が目にはいりました。


40年も前のこと、小学校1年から6年まで毎日、この橋を渡って小学校へ通ってました。


つい、登って西の景色を見ると・・・
f0201170_2184297.jpg



あの山の向こうが別府なんてことも知らなかった。

この町しか知らなかったから、遠くの山は、もっと遠くに感じてた気がする。



今見る景色はあの頃とはぜんぜん違います。


高架の線路も出来たし、なんだか電線がいっぱいです。

そうだ、あの頃、走る列車はそれこそ蒸気機関車とディーゼル車(DE-10)でした。





そういえば、蒸気機関車が近づくと遠くからでも分かりました。


モクモクと空に真っ黒の煙があがり、機関車特有の音がしますから。

(フッチーに教えられて思い出した!)

やって来る機関車に気づいた我々は一目散に渡線橋へ走ります。

登りつめて、機関車が通り過ぎるのに間に合うと、橋の上は真っ黒の煙で大変!!



興奮してましたね。

煙の中でウワァ~って。


大人からは叱らてれましたが・・・・



懐かしい!!
by moriken1103 | 2012-03-01 21:13 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

夫婦でお鮨


(最近忙しくてブログどころでは・・・・

その上、話題は妻が先行して自身のブログやFacebookに載せちゃうし・・・、

少し前の話題を思い出しながら・・・・って、

なんだか日記の宿題ためこんで、思い出しながら書くみたいでへんな気分・笑)





2人だけだし飯でも食べにでるかと市内中心へ、


忘年会真っ盛りの土曜の夜、そりゃそうだ!

どこもかしこも満員御礼。満席ですって。




ただならぬ険悪な雰囲気・・・・、今更新鮮市場へお買いものなんて言い出せないし・・・

放浪のあげく、
ここなら入れてくれるだろうってことでお鮨の「一慶」さんへお願い。



考えたら夫婦で鮨なんて今まで夢のまた夢・・・・



大食いの息子達はくるくる寿司で

各々が 「エビ8皿、中トロ5皿、イカ5皿、OO6皿・・・」なんて一人づつ注文して、

一人26皿なんて時も・・・

かくて我が家のテーブルには顔が見えないほどのタワーがそびえ・・・・

『みて~、あのテーブル!!すっごいことになってるよ』なんてささやき声に囲まれながら・・・


気づくと私も息子に負けじと更に顔を埋めてながら・・・・・



今じゃ、たくさんは食べれないと夫婦でお刺身盛り合わせも一人前を分け合って、
f0201170_2311679.jpg


少しの焼き物と〆に握りで、
f0201170_2313795.jpg


「食べ過ぎた・・・・」




静かな会話に落ち着きはするものの、

「あ~~、あの戦争のような夕食が懐かしい!!!」
by moriken1103 | 2011-12-19 23:02 | 料理 | Trackback | Comments(0)

湯の平温泉

深まる秋とともに花合野川(かごのがわ)は艶やかに紅葉に染まってました。



晩秋日曜の午後、 「紅葉狩りといっても足もとかもね」 なんて妻と言葉を交わしながら湯平温泉へ



降り立つと、日一日と風は清み、冷気が野山を色付かせてます。
f0201170_00771.jpg



    
風は極彩の葉を身にまとい、川面を静かに包み込み、  
f0201170_005161.jpg

九重の峰峰の裾野を縫い、森に抱かれ、人の暮らしを見下ろしながら流れ下り、

激しく岩に砕ける水しぶきにも、川岸を森閑と包む木立にも、ヤマの精、水の精が満ちているようでした。





丁寧な笑顔で招かれた温泉宿の露天風呂では

頭上に広がる紅葉も気持ちよさげな湯気でぼんやり・・・・

「あ~~、気持ちいい~~~~」
f0201170_011430.jpg


火照った身体を冷やしながら踏み出すと一面の紅
f0201170_013624.jpg


日曜の午後、誰もいない湯ノ平温泉では時が止まり肩の力も抜けて、ただただ自然体
by moriken1103 | 2011-11-29 00:09 | 散歩 | Trackback | Comments(2)

久々にデジブック~陶芸


考えたら、最後にデジブック作ったのは8ヶ月前。

昨年、小学校のサッカー写真で作ったデジブックは60部以上・・・・

「没頭!」の一言に尽きます・・・笑。


さて久々に楽しいことを体験したので作ってみました。


by moriken1103 | 2011-11-26 14:20 | 散歩 | Trackback | Comments(0)