<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

感謝 for ワイン



ご父兄の皆様、ありがとうございました。  040.gif



クリスマスの日にいただいたそうですが、ずっ~と家に帰れず、本日にいただきました。





写真もDVD作りも自分が楽しくてかってに行ったものなのに、お心遣いに恐縮しております。





とはいえ、お心に甘えさせていただきます。

f0201170_19344995.jpg




ロバートモンダビというワイン、久しぶりですが、私にとって懐かしくも身近で、思い入れ深いワインなのです。




あれは、30年前・・・・・・(ちあきなおみの歌X10;古い、、、)




本日仕事も終え、あすから二日間の休み



我、流謫(るたく)の王とかして、アルコールに浸ります。嬉






さて、じつはもう一つ、そして最後の企画が進行中です。



サプライズ実現を目指して、残り少ない日々、作成に向けて進めてますよ。



今は秘密ですが・・・・006.gif
by moriken1103 | 2013-12-30 19:29 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

とろろうどん

一番旨いものは、じいちゃんの作る 『トロロうどん』


といのが、我が家全員の共通認識ですが、



そろそろ、私も継承しなければ、なんて感じてはいるわけで、



本日は息子の友達(中3の受験生)が勉強に?遊びに?にか我が家へ、


ならば、私の昼飯兼ねてと、山芋スリスリ


すりこぎでゴリゴリ・・・


濃い目のだし汁作って、まぜまぜゴリゴリで完成!

f0201170_1795656.jpg



茹でたてのうどんにトロロをかけて、



「めちゃくちゃ旨いっす!!」




嬉しいじゃないのって、 しかし、


あっという間の完食で写真がない!!
 悲

f0201170_17101452.jpg

by moriken1103 | 2013-12-23 17:13 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

中途半端に寒い

なんだか寒い、
f0201170_9503159.jpg


景色も中途半端で、足元には僅かな紅葉。
f0201170_9504496.jpg


f0201170_950574.jpg


f0201170_9511299.jpg





現在検討中案ですが、息子の受験が終わった辺りから、スポーツ医学シリーズの記事を連載しようかと、

同級生の専門家のお話などを紹介するものですが、今のところ話題は

・熱中症対策の食事
・こむら返り(痙攣)対策
・成長期に頻発する貧血はスポーツ活動性を著しく悪化させる、だから・・
・世界の先進国の中で日本人だけ貧血が多いのはなぜか。
・成長期に鉄とカルシウムを摂取することの大切さ、と摂取法。
・靭帯損傷を予防する
・脱水は勝敗を分ける視力を落とす
・成長期の血液検査項目の判断のしかた。
・本当のインナーマッスルの鍛え方。


まだまだありますが、どれも整形外科などお忙しそうな外来診療で聞けないような話。


暖かくなってからですが。

by moriken1103 | 2013-12-18 13:19 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

鴨が葱しょって来ました

忘年会の翌日は、優しい昼ごはん、


と、選んだのは「鴨南そば」

f0201170_22422334.jpg





鴨に葱はつきもの、とは先人からの偉大な教え。



「鴨が葱しょって来ました」などとは、言わないまでも、この相性は普遍の摂理というもの。



フレンチの鴨肉はう~~ん・・・、オレンジソースなどと甘ったるいものはあまり好みません!



和食での鴨肉は好物。



魯山人先生がフランス『La Tour d’argent』で、一口食べるやソースを断り、持参の山葵醤油でいただいたという逸話にも納得。



そういえば随分昔、ボストンでロブスターの有名店に行ったとき、親愛なる我がボスが 「茹でてさえしてくれりゃいい!!ソースはいらん!!」と、

ポケットから大量の醤油をとりだし、醤油で貪り食べたことがありました。




魯山人なみのボスに感激し、有名店を 『鴨った!!』 一夜でした。  笑






西大分、「天海の湯」脇の蕎麦屋さんにて ¥1000なり、
by moriken1103 | 2013-12-16 13:28 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

サッカーにおける頻回のヘディングは大脳白質障害をもたらしうる・・・・かもしれない


米学術雑誌 Radiology2013;268:850-857 に掲載されたショッキングな記事です。



米アルバート・アインシュタイン医科大学、神経放射線学者のマイケル・リプトン氏によると、

若くて健康なアマチュアサッカー選手37人を対象として、集中力と記憶力をテストするとともに、脳の断層撮影検査を行った。

ヘディングを年間800― 1500回以上行った場合、脳への異常が確認でき、1800回を超えると記憶機能に変化が表れたという。


ただしこの水準には個人差があり、今回の調査は対象が少ないなどの問題もある。

リプトン氏のチームはさらに多くの選手の協力を得て調査を進める方針で、「ヘディングの回数の制限を提言できるような段階には至っていない」と強調している。





微妙な報告ですが、まあ過度な回数は影響しうるということは想像がつきます。



サッカー選手がボクサーみたいにちょっと・・・・って、印象は持ったことがありませんので、一般的な練習、試合レベルでは大丈夫でしょう。


f0201170_9553945.jpg



f0201170_956694.jpg

by moriken1103 | 2013-12-15 09:58 | サッカー話題 | Trackback | Comments(0)

もう冬  つるつるのタイヤ変えなきゃ!!

タイヤ減ってる方、必見です。  驚かないでね!







タイヤ変えましょう!!
by moriken1103 | 2013-12-13 21:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

カメラを置く勇気!!


『Point-and-Shoot Memories The Influence of Taking Photos on Memory for a Museum Tour』

心理学専門誌「Psychological Science」に12月5日発表された記事ですが、

Fairfield Universityの 心理学者、Linda Henkelによる写真の撮り過ぎは思い出が薄れる!! という研究です。




「最近、博物館や美術館を訪れると多くの人がスマートフォンやカメラを使って展示されている美術品の写真を撮っている光景に出くわすことができるだろう。一見すると写真を撮ってそのものの姿を残しておくことは記憶を保つ上で良いことになるかと思うかもしれないが、新しい研究成果は美術館では写真は撮らない方が記憶を保つ上で良い効果を持つことを示唆している」と。


f0201170_21553635.jpg

ロゼッタストーン


Henkelはこの原因は「写真撮影減損効果(photo-taking impairment effect)」にあるのではないかと考えています。


f0201170_2156128.jpg

パルテノン神殿


「人々が物を覚える際にテクノロジーに頼ろうとした場合、それはちょうど、物を写真に残すことで覚えようとした場合、その時点において自分自身の記憶の存在は必要なくなってしまうのです。そしてそれは実際の経験を記憶する際にネガティブなインパクトを与えることとなるのです」と彼女は説明しています。


f0201170_21562749.jpg

モアイ像





う~む・・・子供たちのサッカー写真、日々の気になったことをすぐに写真に収める私には厳しい言葉です。


少々心配となる論文でしたが、原文を読んで少し安心



「人々は何かというとすぐにカメラを取り出しては、ほとんど何も考えずにシャッターを切っている。自身の前にあるものの存在について無自覚になってしまうこととなる。フェイスブック(Facebook)やツイッター(Twitter)といったソーシャルネットワークで瞬時に写真を共有することに慣れている今の社会にとって重要な教訓だと指摘している。



確かに、多くの方が記録集めになっていますね。


私は、ファインダーの中に見える選手たちの必死さや喜び、悔しさを撮っているつもり。


植物の生命の輝きと儚さを感じながら撮ってるつもり。


しかし、カメラ無しの自身と記憶の差はいかがなものか、自信はありませんが・・・







人生で感動的な場面に出会う時、カメラやビデオなんて置いて、素直に対峙、、脳裏に焼き付ける!!



ただ、むつかしい選択。勇気いる選択ですね。




カメラを置いて、その場を楽しむ勇気!!!
   できますか?
by moriken1103 | 2013-12-11 22:04 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

お別れサッカー大会

学校で、3年生とのお別れサッカーを催していただきました。


受験を前に久々のサッカー三昧を堪能してましたね。
f0201170_13583971.jpg



父親との試合も15分を3本!!

楽しいひと時でした。

f0201170_1421126.jpg



2年生、1年生のご父兄の皆様ありがとうございました。


いい思い出ができました。

f0201170_14185229.jpg




追伸)
本日お配りしたCDはそれぞれの選手の1年間の写真です。静止画として写真データが入っているだけですので、TVのDVDプレーヤーでは見れません。
お手元のPCで写真を確認できます。キタムラカメラでのプリントもご自由にどうぞ。








夜は1~3年、学年を越えてのオヤジの会

町内の居酒屋「完」にて、(入口の紅葉の綺麗なこと)

f0201170_9513870.jpg



宴では空までとどけの彿騰のさなか・・・・・


なので、写真は玄関だけ(笑)
by moriken1103 | 2013-12-08 14:19 | 西中 | Trackback | Comments(0)

ひと時の保湿パック


たいそう綺麗なお花たち
f0201170_10201187.jpg



朝露に輝き、潤ってるのも束の間
f0201170_1023738.jpg



f0201170_10232313.jpg



f0201170_10233394.jpg



時間とともに小さなしみが広がります
f0201170_1023447.jpg


それでも朝露のパックで美しさを少しでも・・・

f0201170_10235438.jpg





お花の話しですよ、、、、たんにお花のはなし!!! 汗
by moriken1103 | 2013-12-01 17:39 | バラ | Trackback | Comments(0)