<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

勝つためのイメージトレーニング

勝つために必要なもの、

「体力」 「技術」 「戦術」

はたして、この3つが充実してれば勝てるのでしょうか?



強いチームが勝つとは限らない。

劣勢に耐えて、かろうじて勝つことだってある。
ラッキーな勝利もある。
無理だと思えても逆転することだってある。

この時の勝者と敗者の違い、立場を考えてみましょう。


敗者は
「こんなはずじゃなかった」「俺たちが内容的には勝っていた」「ツキがなかった」
「・・・・・・・」

勝者は
「よく耐えたな」「苦しかったけど頑張れた」「チームが一つになった結果だ」など


「体力」 「技術」 「戦術」を除いて、この両者に存在した違いは何がありうるのか?

1、運
2、精神的なチームワーク
3、明確な目標に向かー精神力
4、準備
5、集中力

まだまだ、あるでしょう。
しかし、よくよく考えるとそれらは目に見えにくいもの。
そして、「運」以外は試合前に確立してしまってるものです。


トップアスリートが実践するものにイメージトレーニングがあります。
私も、学生時代テニス選手だったころ、そのイメージトレーニングを学び実践していました。





勝利のシーンを何度も何度もイメージするのです。妄想でも創造でもいい。

そして、そこから、イメージを逆算し、朝からの自分をイメージしてください。

たとえば


朝、起きたら今日の勝利を願う自分



学校で一列に並び、思いを胸に送迎の父兄へあいさつする自分たち



朝グランドに到着し、監督・コーチにあいさつする自分、



試合前のリラックスから次第に集中力が高まる練習、練習でキックに失敗しても今までの練習があるからと気にしない自分、



ユニフォームに着替えスパイクを履く瞬間の気合い



そして、試合に臨む高まった集中力と結集したチームの様子、グランドに入って行くときの仲間の堂々とした顔つき、



円陣を組んだときの高揚感と仲間への意識、リスペクトそして「やる気」



試合中苦しくても、頑張れるシーン、乗り切れる自分、

ミスをしてもめげずに挽回できる自分、



点が入り抱き合うシーン、得点するシーン、相手の得点を防ぐシーン、
(点が入ったらどういうポースをとるかって考えるのもいいことなのです)



終了のホイッスルが響き渡り、勝利にガッツポーズ。仲間と抱き合い喜ぶ姿。応援席からの拍手。










これを何度も何度も想像(妄想)するのです。最後の勝利の瞬間まで、




「夢は必ず実現すると信じること」なんてよく言いますが、この想像、妄想が心の準備、身体の準備を手助けしてくれるのです。



つまり、苦しくても最後まで信じる心、頑張れる自分を育ててくれるのです。


結果、あきらめないチームを育てます。


負けてても、そういうチームは相手へ「俺たちはあきらめてないぞ!」というメーッセージも送ります。


そのメッセージを肌で感じる相手はプレッシャーを感じ、ミスを起こします。


逆転しそうなチーム、なにかしそうな選手ってそんなものです。


結果、「運」を引き寄せます。





試合までの過程が「試合の結果」によって左右されることはありません、


試合までの過程が「試合の結果」を決めるのです。


すべては試合前までに決まるといっても過言ではないでしょう。



強いイメージトレーニングは今まで積み上げたものをまとめ上げ、必ずや結果を引き寄せます


心の準備=イメージトレーニングです。きっと残された練習もより充実したものとなるはず。



そして、最初から最後まで、集中した自分たちらしい試合が必ずできるはず。



トップアスリートはみな実践してますよ。


f0201170_11115789.jpg



追伸、

西の台JFCの頃、利用したのが「ビハインドからの対応」で紹介した仲間を称える言葉と、かき氷の神様(かき氷食べた試合は絶対に勝てるという)でした。

西の台JFC出身の選手は、今一度「知事杯優勝までの軌跡」を見ると、やる気がでるかも。
by moriken1103 | 2012-12-30 10:46 | サッカー話題 | Trackback | Comments(0)

塩引き鮭



「親愛なるOOへ」 と、


毎年、この時期になると東京時代お世話になった先輩から「塩引き鮭」が届きます。
f0201170_23152354.jpg




情熱的で、真面目でそれはそれは怖い上司でした。


逃げ出した仲間もたくさん・・・


この人とは一生打ち解けられないんじゃないかって思い悩むこともありました。


いつも、どうすれば期待に応えられるのかって・・・・





8年間の東京生活に終止符を打ち、九州に戻ると決まった2000年の12月、


先輩は私を新潟の村上のご実家へご招待してくださいました。





東京から新幹線と電車を乗り継ぎ、新潟経由で12月の寒い寒い村上へ、




村上の民家の軒先につるされた寒風に引締められる塩引き鮭の光景は荘厳でした。




食事に出されたその切り身は引き締まり、噛むほどに濃厚な深い鮭の香りが広がってきます。


三面川(みおもて川)を遡上する鮭とともに暮らし、栄えた村上の風土と歴史が口いっぱいに広がるかのように、胸に響きました。




いい旅でした。





お別れとなったその日以来、毎年この時期になると必ず先輩から「村上の塩引き鮭」が届きます。
f0201170_2316668.jpg



「親愛なるOOへ」 と。


深い味わいに、先輩の厳しさの奥底にあった思いやりを感じます。




しかし、あの先輩が一番厳しかったのは自分自身に対してでした。



毎年、「まだまだ、足元にも及ばない」と、振り返えさせられる瞬間でもあります。




追伸) いつかまたネバネバの卵入りのハタハタもまた食べたいな・・・・

  大分には卵入りは絶対ないから!!
by moriken1103 | 2012-12-27 23:28 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

平成24年度 第26回大分県中学校(U-14)サッカー選手権大会 組み合わせ



f0201170_10134252.jpg



勝者は3月26日からの九州大会(鹿児島)へ出場
by moriken1103 | 2012-12-18 10:17 | サッカー話題 | Trackback | Comments(2)

FIFAクラブワールドカップジャパン

横浜国際競技場
f0201170_16583875.jpg


息子とともにカメラがxチェルシー観戦
f0201170_16585177.jpg


アザールが左サイドをドリブルのシーンだけど・・・
f0201170_16591682.jpg

白いヨンニッパのレンズ群がさす、その被写体はなんとアザール無視して、反対側のオスカーもしくはトーレスにフォーカス!!


この予測が当たれば、シュートシーンがばっちり撮れるわけですね。


ちなみにこの白いレンズだけで定価125万!!!

カメラマンの予想はいかに・・・・しかし、

f0201170_16592733.jpg


f0201170_16595178.jpg


f0201170_1701936.jpg


f0201170_170292.jpg


f0201170_170433.jpg

予想を裏切り、あれよあれよと3人を抜き切り・・・

カメラマンたちは大慌て・笑


f0201170_1705390.jpg


f0201170_171492.jpg


f0201170_171178.jpg


凄!!


f0201170_1712612.jpg


f0201170_1713574.jpg


f0201170_1714463.jpg




f0201170_1921393.jpg


行きたかったな~~~
by moriken1103 | 2012-12-16 17:25 | サッカー話題 | Trackback | Comments(2)

グレデヴォージュ と モッツァレッラ・ディ・ブッファラ

親愛なるK様よりの戴きものは「グレデヴォージュ ワインジャム」と「モッツァレッラ・ディ・ブッファラ・カンパーナ・ドップ」



まずは 「グレデヴォージュ」
f0201170_12464453.jpg


何度も塩水で洗いながら熟成させるウォッシュタイプのチーズで、その中にはワインのジャムが入っています。

外皮はしっかりとした香りで、中身はもっちりと味はまろやかです。
f0201170_1247750.jpg


ワインにぴったり!! 個人的に大好きです!!






こちらは水牛の乳でつくられた 「モッツァレッラ・ディ・ブッファラ・カンパーナ」 Mozzarella di bufala campana

f0201170_12473671.jpg


普段食べるモッツアレラは牛乳でつくられたものが多いですが、こちらは水牛の乳で作られた正統派本物のモツアレラです。

水牛の乳で作られたものは 「di bufala 」、対して牛乳性のものは 「Mozzarella di Vacca」と区別されてます。


当然我が家では、カプレーゼに!    
f0201170_12503886.jpg


牛乳製と違い、しっかりとしたコクと風味で、味が濃いです。


f0201170_1251424.jpg




明日は、ピッツア・マルゲリータにと!!





しかし、トマトとバジルの競演にモッツァレッラが加わる素晴らしさは、ナポリが誇る「ピッツア・マルゲリータ」や、カプリ島発祥の「カプレーゼ」が、世界中で好まれていることからも明らかですね。




それにしても、

この 『・白』 の食欲をそそるイタリア三色国旗の由来は、本当は 『トマトバジルとモッツァレッラ』 に違いない!! 

 と、Mindgoods新説を提唱いたします。 037.gif


f0201170_13264168.jpg

by moriken1103 | 2012-12-09 13:35 | 料理 | Trackback | Comments(0)

シャバーサナ


ヨガのポーズのひとつ 『 シャバーサナShavasana 』 直訳すると 『 屍のポーズ 』 です。



仰向けに 両足はマットの幅ぐらいに開き、両腕は身体より離し、両手は天井に向けます。 


全身の力を抜いて、全ての力を解放。


深いくつろぎ状態から、心身ともにリフレッシュし、直前のヨガでおこった身体の中の変化を感じる時間。


f0201170_21194384.jpg


10分間のシャバーサナは60分の睡眠と同じと言われてます。







一方、本当に全ての力を抜ききって横たわるってかなり難しいのです。


どこかに力が入ってるし、身体のゆがみや非対称,、心の緊張などが完全な脱力を阻害してしまいます。









しかし、1時間ヨガにひたり、最後のシャバーサナにうつると、不思議、




マットに横たわるや、軟泥に深くゆっくりと沈んでいくかのような心地よさ をおぼえます。



今まで運動してたのに、数分ですが深い眠りに落ちていくこともしばしば


f0201170_21201755.jpg

スタジオ Lapis Lazuli






以前眠っても疲れが取れなかったのは、ベッドが悪いのか?枕が悪いのか?なんて勘違いしてたよう・・・



深い眠りには、心身ともに副交感神経優位のリラックス状態に導くことが大切だったんだ。



ヨガの日の夜の熟睡は半端ないこと!!019.gif
by moriken1103 | 2012-12-06 21:24 | studio Lapis Lazuli | Trackback | Comments(0)

三年生とのお別れサッカー大会

受験勉強中の三年生と恒例のお別れサッカー大会でした。


記念写真


一年生
f0201170_14363169.jpg


二年生
f0201170_14364799.jpg


三年生
f0201170_1437626.jpg


全体
f0201170_14372795.jpg



3年対2年、3年対父親、3年対1年 と楽しい試合でした。
by moriken1103 | 2012-12-02 14:42 | 西中 | Trackback | Comments(0)