<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

故郷って


6ケ月前、期待と不安を胸にイギリスへ出発
f0201170_23261352.jpg

二男が飛び立ってちょうど半年が経ちました。


彼も6ヶ月という節目に考えるものがあったようで自身のブログに感想を綴ってます。

英語力はほぼ不自由のないレベルに達し、進学の道も見えかかってきたよう。そして、出会えた人々に恵まれ感謝の気持ちを表現しはじまめした。

生きている実感が彼のブログやらFacebookから伝わってきます。




ふるさとは遠きにありて思ふもの


室井犀星の詩(抒情小曲集の一節)です。


室井犀星は里子に出され、彼の幼少時代は恵まれないものでした。

彼の「ふるさと」は遠くから思い慕うものだという気持ち、それは単に故郷を懐かしむものではない気がします。


人生を生きていく上で、困難や孤独に出会ったとき、旅心の濃度を高める「ふるさと」って、心のよりどころになるのかもしれません。


もしも、故郷を意識できなければ、離郷という旅心の濃密さを意識できなくなるのかもしれません。




昔の人々は都会で辛く大変な生活をしながらも、なお故郷を恋しく思い心のよりどころにしていたのでしょう。


私の故郷は大分駅裏。

遊んだグランドも、友達に家すらも、現在ではどこにあったかもわからないぐらいに区画整理されてしまってます。

ただ、実際問題としてそばに住んでるし、故郷を思う実感はぼやっとしてます。


転勤やら区画整理やら、現代人にとっては故郷が少なくなってしまっているのかもしれません。
f0201170_2324642.jpg



遠方で生活してればこそ、故郷への気持ちが高まるのかもしれません。


そう意識することが、頑張っている証なのかもしれませんね。



遠くに離れて、離郷とともに旅心を感じ、大地を踏みしめ自分の力で生きている実感を感じる、



かわいい子供には旅をさせろとはよく言ったものですね。
by moriken1103 | 2011-10-30 23:24 | 独り言 | Trackback | Comments(4)

シーズン中盤


シーズン半ばの丹波の黒枝豆 第二弾
f0201170_21403243.jpg

だいぶ茶色くなりはじめて、身もやや黒みがかってきました。

ホクホク・・・・
f0201170_21405383.jpg


ピークは来週!!
by moriken1103 | 2011-10-25 21:44 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

「借飯魚(ままかり)」

岡山ってのは九州の人間にとってはとっても中途半端なとこなんですよね。

広島にも神戸・大阪にも行くんだけど、岡山駅で下車する理由がみつからない。


桃太郎の吉備団子ってお土産が有名ですが、そもそも桃太郎が持ってたのは「黍団子」!

桃太郎だって岡山の人じゃないし、吉備と黍が語呂があるからって、無理やり名産にしてしまったという、商業的名産、

というわけで、興味も湧かず今に至り、2回目の岡山。




しっとりとした秋雲の下、散歩がてらに後楽園へ。

し、仕事の合間にですよ、

途中、川面に映える漆黒の金烏城(きんうじょう)こと岡山城が望めます。
f0201170_15124864.jpg


この「後楽園」、日本三大庭園の一つってことぐらいは知ってましたが、

実際足を延ばしてみると、さすがに見事なもんです。
f0201170_15153922.jpg


日本庭園の独特の空間美につつまれる快感とでもいいましょうか、心地いいんです。
f0201170_15165659.jpg


「廉池軒」っていう、戦火をまぬがれた数少ない建物である茶屋に座って、吉備団子とお抹茶でのんびり・・・・悦!!
f0201170_15175769.jpg

吉備団子やっぱ食べちゃいました・・・・いちよう名物ですから?



夜は現地の方にすすめられた「ままかり」って名前の料理屋さんへ、



ままかり」とは「借飯魚」と書くのだそうです。


コノシロに似たにしん科の小魚で、本名は「さっぱ」。


酢漬にした姿はたしかに「こはだ」に似てる。



江戸前の「 こはだ 」は好物なんですが、この「 ままかり 」ってのはどんなものかと興味津々で岡山に来たわけです。


この「ままかり」ってぇのは、銀色の美しい小さな魚で、軽い味でね、酢漬によし、南蛮によし、鮨でもいける。


人肌のぬる燗をクイとやりながら、ヒョイとひと箸つまむと、舌の柔らかいところへ、「ままかり」のうまみが、ジュワ~と沁みてくる。


た、たまらんです。
f0201170_21273874.jpg


けっして高級な魚じゃないんですが、「借飯魚」って書く意味がわかりますね。


「これを食ふに味美なり闔船の飯を喫し蓋し竟に隣船より飯を借て食ふ其の味の美なるに因てなり故に名づけし」
と成島柳北の『航薇日記』より

「ご飯食べるときこの魚があんまり旨まいもんだから、飯が足りなくなって隣に飯を借りにいくほど」ってこと。



この割烹「ままかり」の「ままかり鮨」

思い出すだけで、一杯飲めそう・・・
by moriken1103 | 2011-10-23 15:22 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

久々のサッカー写真


中学になって2回目の写真です。

久々なのでピントが微妙にずれてます・・・・

写真はけっこう撮りましたが、様々な情報も含んでるのでブログへ掲載していいかどうかは迷うところです。


とりあえず、ハッシーが「俺はいいよ!!」

それにお父さんも見たいだろうから掲載しますね。

f0201170_20503323.jpg


f0201170_20505979.jpg


f0201170_20511689.jpg


f0201170_20514276.jpg



他にも何枚かはFacebookにも掲載してますが、こちらは承認制なので西中サッカー部で閲覧希望のかたはお問い合わせください。
by moriken1103 | 2011-10-19 20:56 | 西中 | Trackback | Comments(0)

鮭の回帰本能   ミクロスコピアより


10年ぐらい前に「ミクロスコピア」って科学雑誌で読んだ記事です。
かなりうる覚えですが・・・



鮭って川で生まれてから海へ旅立ちベーリング海やらぐるっとまわって生まれた川へもどる回帰本能があるのはごぞんじでしょう。


それに関して東日本のどこかの水産試験場が詳細に研究したデータでした。


結論の1つはホルモンがその本能に関係しているというもので、そのホルモンをブロックするGnRh analogを投与すると帰って来れなくなるというものでした。

まあ、この話はちょっと難しいからおいて置いて、


興味があったのは外洋をぐるっとまわったサケが日本が近づくと、当然生まれた川を目指すわけですが、それには産卵という相手あってのものでその時期に間に合わなければいけないわけです。


しかし、遅刻して間に合いそうにない場合、


オスは時間切れになろうとも、体力が尽きて死にそうになりかけても、最後まで生まれた川を目指す傾向があるんだって。



ところが、ところがですよ。

メスのやろう(いや失礼!)奥方のメスさんは間に合わないわ!って思ったら、とりあえず間に合いそうな近くの川へ鞍替えすることが多いんだそうです。



オスとメスのこの違い、面白いですね。



これは志しの問題じゃなくて、動物的にきっとすごく深い意味がある気がしました。




基本的に動物は強いオスが戦いや競争に勝ちメスをパートナーにすることで子孫を残すことができます。

つまり動物界では強いDNAが残り伝えられていくわけです。

その際、競争に負けたオスは敗者となるわけですね。

ところが、もしオスもやっぱこっちの川に行こうとか妥協や卑怯な真似が流行したら、真の勝者が子孫を残す権利を与えられるという図式が壊れちゃうわけです。

弱くても要領のいいもの勝ちってね、強いDNAが受け継がれないことが危惧されます。

強いDNAが減り、戦いに勝てなくなれば、多種にやっつけられて一族は滅ぶかもしれない。

人間みたいに、戦法なんて考える頭ないですからね、



一方、メスは競争以前にお腹にためた卵を産むことが最大の目標です。

そりゃ、ふるさとの川に帰りたいでしょうが、無理して卵産まなかったら元も子もない。

卵生んでも天敵やなんやらで、ちゃんと孵化して育つのは極わずか。

ならば種ととしてはたくさんの卵が必要なわけで、メスの卵は確実に産卵までに持って生きたいわけでしょう。


間に合わなかったり、不慮の事故なんかでその川に行きつかなかったりすると、大量の卵が無駄になり、子孫が絶える可能性まで秘めてます。


お腹の卵は確実に産卵することが使命、
オスは競争にかってパートナーにしてもらうことが目標。

よくできてるな、と思いませんか。




人間は?

いや、考えないほうが幸せかもしれない・・・、

要領だって、りっぱな力だしね、笑。




なんて昔の「ミクロスコピア」の記事を思い出しながら、鮭の燻製で・・・・一杯。
f0201170_22493753.jpg



ちなみにこの「ミクロスコピア」は1984年から2009年まで年4巻発行されました。
f0201170_22501584.jpg

私は1989年ごろから2003年ごろまで定期購読してました。



思い出すに、

「うま味」という概念は現在では当たり前の話ですが、1995年当時ミクロスコピア内で、「うま味は独立した味覚なのか?」との議論が沸き起こりました。

以来、このミクロスコピア内に「うまみフォーラム」なるコーナーが設けられ、議論されてました。

そして、2000年に舌の味蕾(みらい)にある感覚細胞にグルタミン酸受容体が発見されたことで、俄然うま味の実在が認知されたわけです。

このミクロスコピア上でこのフォーラームを読みながら、2000年の発見を科学誌natureで読んだときは感動しましたね。




その他、「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残した、世界ではじめて人工雪を作成した中谷宇吉郎の話を始め、様々な科学者たちの記事も大変興味深かった。




現在、このような雑誌が見当たらないのは大変残念ですが、この雑誌とともに過ごした20代後半から30代は好奇心に溢れた楽しい時代でした。


出会えたことに幸運を感じる雑誌です。   「ミクロスコピア」
by moriken1103 | 2011-10-17 22:56 | 学習コーナー | Trackback | Comments(0)

丹波の篠山産の枝豆ちゃん


気づいたら十三夜も過ぎてました。


十三夜とは知らずに「お月さん綺麗だな」って、偶然空を見上げる機会には恵まれましたが、



今年も「丹波の篠山産黒枝豆」が解禁となりました。
1年で2週間だけのお楽しみです。


これが届くと「あっ、そうだ十三夜だったんだ!」って気づくわけです。

まあ、我が家は十三夜から二日遅れの豆名月です。




「食べてもいいのかい?」

「あ、はい・・・」

「じゃあ、いただくよ・・・」

「あっ・・・    」


なんて会話を期待しているK様ご夫妻には申し訳ないのですが、

今回の枝豆ちゃんはシーズンも始まったばかりの、まだ若いコワッパ枝豆ちゃんです。



大人な私も節度をもってご紹介です。

(3回に分けて送ってくるので、次第にアダルティーな枝豆ちゃんにはなるはずですよ!)





まずは塩もみ
f0201170_2153850.jpg


若い豆なので茹でるのは10分ほど

ほくほくです。
f0201170_2154467.jpg



つるっと出てくる枝豆ちゃん・・・
f0201170_21542352.jpg



秋の季節を感じることの出来る食材ですね。



今回平日の夜半に到着なので、酒飲みの後同輩に声をかけることもできませんでしたが、

次回分がちょうどよいタイミングなら・・・・エブリバディーカモン!!ってしたいですね!!


ちなみに例年なら予約の段階で早々に売り切れになってしまうのですが、今年はまだ販売してるようです。(受付終了間近だそうです)




ところで、昨年は半分食べて翌日に残してたものが・・・・・いずこかの胃袋の中へ、

不吉な記憶がよみがえりました


今年は「そうはいかせません」

三度に分けて分割して送ってもらいます。

早期の初々しい枝豆くん、中期の色気の出てきた枝豆ちゃん、そして晩期のもっとも通に好まれる熟枝豆さん、

完璧な準備・・・・・


「ぼくは1週間後の君を待ってるよ!」



「あら、うれしい!!」
by moriken1103 | 2011-10-14 22:02 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

 「おやじの会」  2011 秋

「The strength of weak ties」をうけて、都町で息子のサッカー部 「 親父の会 」 です。



いつもの知れたメンバーで!




と、本日は単身赴任中の茨城と新潟からも御同輩が参上、


会うだけで嬉しさが湧き上ります。



新潟のH氏より、新潟のお酒の差し入れ 「 越乃かぎろひ 」

f0201170_12122028.gif


久保田なんぞは観光者に飲ませといて、こっちが旨いと。



ラベルには歌が印刷されてました。たしか・・ 

東の野にかぎろひの

立つ見えて

かへり見すれば

月かたぶきぬ



東に「かぎろひ」西に「お月さん」

なんとなく朝日が昇ろうとする瞬間を歌ったもの、

ならば「かぎろひ」ってなんじゃ? 


なんとなくはわかるけど、「御来光」じゃ大げさですし・・・・やはり釣り好きには「朝まずめ」がぴったりです。



この新潟の「朝まずめ?」なる純米大吟醸。


含むと、お米の芳香と、清楚な甘みが静かに広がり、澄んだ後味はさっぱりと潔く、


良い酒に溺れる幸せ。012.gif


できればヤキトリでなく、綺麗なお刺身か大根おろしちゃんで一杯いきたかった!





一升はあっという間に消え去り、


晩秋を忘れさせる活気の中、話は尽きず、かくて沖縄での再会も誓いつつ・・・



楽しかった!!




写真?・・・・・・年々心を許す会となり、掲載に耐えかねますので :)
by moriken1103 | 2011-10-09 12:29 | 西中 | Trackback | Comments(0)

「The strength of weak ties」

「The strength of weak ties」という言葉があります。

「弱い絆の強さ」とでも訳されるのでしょうか?




1973年に米国の社会学者マーク・S・グラノヴェター(Mark S. Granovetter)の論文からですが、価値ある情報の伝達やイノベーションの伝播においては、家族や親友、同じ職場の仲間のような強いネットワーク(強い紐帯)よりも、ちょっとした知り合いや知人の知人のような弱いネットワーク(弱い紐帯)が重要であるという社会ネットワーク理論のことです。



どういうことかその研究から要約すると


米国ボストン郊外のホワイトカラー層を対象に行った求職者の転職情報満足度に関する調査結果から、求職者自身が「強い絆のネットワーク」から得られた情報よりも「弱い絆のネットワーク」から得られる情報のほうが重要なものが多く得られ、満足度も高いことがわかりました。

もう少し具体的にいうと、「強い絆のネットワーク」からの情報はいっけん相手も親身になってくれており、最善の提案や手助けがありそうなものですが、そこで得られる情報はある意味相互に既知のものであり、そこに構成されるネットワーク自体が同質性や類似性が高く、強い絆ばかり頼っていくと求心力ばかり働き、可能性が広がらないってことのようです。

一方、弱い絆によって伝達される情報や知識は、受け手にとって価値が高いことが多い。

当事者にとって知らない情報や予想外の可能性が広がるチャンスがそこに内在しているというわけです。

弱い絆では関係性が弱いにもかかわらず連絡を取るほど、伝達内容は重要なのだということができるのでしょう。





さて、現在我々の周囲に「弱い絆のネットワーク」はあふれてます。

FacebookなどのSNSはその「弱い絆のネットワーク」を広げるのにはとても便利ですね。




ただ、これを自分自身の行動で広げるとなると、多くの日本人は普段からの心構えをちょっと変えなければいけないかもしれませんね。



たくさんの場面に出向いていけるか。
事務的付き合い上の出会いも楽しめるか。
聞き耳をもってるか、
自分自身を語れるか、





まあ、難しいこと考えずに表に出ること。

「飲みましょうか?」ですね。




いい話で始まったはずが、酔っ払いの保身に聞こえるのがお恥ずかしい・・笑





週末は久々、息子のサッカー部の父親達で「おやじの会」です。


焼き鳥!!
by moriken1103 | 2011-10-06 20:33 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

今日の夕食

妻は仕事、長男と二男は当然いないし、三男と二人での夕食。


育ち盛りには栄養考えなきゃいけないし・


(メニュー)
じっくり煮込んだクリームシチュー、
アボガドとモッツレラチーズ、オリーブのサラダ、
買ってきたサシミに私用の豆腐、

f0201170_21135499.jpg


... あっちが息子でこっちが私・・・・食事の目的が違う二人です。



この程度が父親の限界・・・・


「シチュー美味いと思うで」

「なんかいつもよりサラサラして水っぽいなあ」

「けど食ってみらんと分からんで」

やつはシチューの味見もせずに、ついできた白飯をいきなりぶち込み、スプーンでかき混ぜで始めた。

私が作ったシチューは目の前でリゾットに変身。
とはいえ、あたりまえの光景ですが・・・


「どうや?美味いか?」 いちいち聞くな!と思いつつも、

やつは
「あぁ、普通・・・・」

「そうか・・・」


何?何? この満足感!!!!

美味しいって言ってもらえなくてもガツガツ食う光景に嬉しい。

ここで喜ぶのが母親なんだ!って一瞬感じました。

お母さんの仕事って、評価が点数のようにでないんだ。


ただ、これだけで満足しないしつこい父親は

やはり「普通!」とか「食える!」とか中途半端な答えに・・・

「おめぇ~、ちった~父親に気をつかって『美味ぇ~』とかいえよ! 

どうなん?美味しいん?どっちなん?」


「分かった、美味しいっちゃ!」


「ちゃちゃなんなん??」


・・・・・・・・・「食べてるんやけん・・・いいやん!」





ダメだ!お父さんは、

けど、せっかく作ったんだから・・・・・・



そうか、お母さんって・・・・!

    (今日は勉強になりました!!)
by moriken1103 | 2011-10-04 21:35 | 料理 | Trackback | Comments(2)

ティーパックは・・・・


我が家はけっこう紅茶飲みますね。


妻はスタジオLapis Lazuliのレッスンの後、ティータイムがあるのでいろんなお茶に興味があるみたいです。


私は絶対美味しいって分かってりゃいいのだけど、失敗するのいやだからどうしても保守的に、「いつもの!」ってなるわけです。

常に在庫しているお気に入りの紅茶はマリアージュ・フレールの「マルコポーロ」
f0201170_232103.jpg


フランスの紅茶で香りが強めで好みが分かれるのかもしれませんが、フレーバードティーの好きな方にはお薦めです。


もちろん、ベーシックな紅茶も好きです。



英国に行って少し残念だったのは、近年英国といえども「完璧な一杯」よりも「お手軽な一杯」を求めている傾向を知ったことです。

多くのお店で出す紅茶ポットはほとんどがティーパックでした。


個人的にはやはりポットに茶葉をいれ、しっかり茶葉を躍らせ蒸らしてから飲みたいです。

ポットの中で茶葉が上下に踊る姿を見てると出来上がりの期待が膨らみます。


コーヒーだって同じですよね。
豆をひいた香り、お湯を注ぐ時の音と湯気の中の香り・・・・

中国や台湾に行くと、だいたいお茶屋さんに連れて行かれお茶の試飲の後、買わされるのですが、入れ方1つで香りも味もまったく違ってくるんですね。

茶道ってやつなんでしょうね。

そこまで詳しいことは分かりませんが、やっぱ茶葉から飲みたいです。



省くことを妥協したくない手間暇ってありますよね・・・
by moriken1103 | 2011-10-03 23:22 | お気に入り | Trackback | Comments(0)