<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

宝物


未曾有の被害は人間だけじゃありません。

たくさんの動物たちも・・・、

ペットと人間の温かい関係!!

New York Timesに掲載されていた写真です。
f0201170_22574172.jpg


東京新聞から
f0201170_22575521.jpg

「よかったね!」

by moriken1103 | 2011-03-30 23:01 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

少年サッカーの写真撮影

私の2年間の少年サッカー写真はとりあえず、幕を閉じました。



写真は誰に習うことも、ちゃんと勉強したわけでなく、なんとなく撮影してたので、
しっかりしたテクニックなんてありません。

ただ、2年間写真撮影していると、それなりに反省から多少の進歩もあるわけで、

今回は正しいかどうかは別として私の撮影時の注意点を記載しますね。

これからの少年サッカー写真撮影のご参考になれば、



(1)まずは一般にはスポーツモードで撮影ですね
私はcanonユーザーなので、canonでお話しますが、
スポーツモードで撮影する方も多いでしょう。
(私のカメラにはこのスポーツなどのシーン別モードダイヤルがないのでもしかしたら若干違うかもしれませんが、)
ただ、このスポーツモードはそこそこのシャッタースピードを維持してくれるのですが、どうもかゆいところに手が届かないのです。
例えば、スポーツモードは多点AFといってフォーカス合わせる対象が多少曖昧で、手前の物に合わせてしまう習性があるので、目標となる選手に焦点が合わないことがあります。
また、選手の背景をぼかしたいとか、表情が写るようにもう少し明るくしたいとか、微調整に欠けます。
まず、スポーツモードで撮ってみて、問題点を認識することもいいとは思います。
もちろん、ちょっとお母さん撮ってなんてのは、スポーツモードが一番無難でしょう。



(2)次のステップです。シャッタースピード優先(Tvモード)で撮影してみましょう
サッカーの動きは早く、出来ればシャッタースピード1/800以下に確保したいです。
1/500以上になると、ぶれてしまいますから。
Tvモードで1/800以下に設定すると、あとはカメラがその設定内で一番いいと思われる絞りF値、露出、ISOを決めてくれます。



(3)次に露出を調節してみましょう(重要)
(2)のままで満足できる写真が撮れていればいいのですが、天気のいい日中に撮影して出来上がった写真を見ると、選手の顔が暗くて表情がよく分からない、なんて気づくはずです。

これは、露出(明るさ)がアンダーになってるのです。
天気のいい昼間の少年サッカーを思いだしてください。そのグランドの土は白く眩しく、サングラスかけたくなるかたも多いはずいです。
こう感じるのはカメラも同じなのです。
カメラは明るく眩しいので、全体を一定の明るさにしようと自己調節して全体を暗くするのです。
すると全体としてはいいのでしょうが、被写体の選手、とくに顔などは暗くなってしまいます。
(うちの子やっぱ日焼けしてるなあ、なんて思わないでくださいね)
対応策→
・Tvモードにすると、露出の調節が出来るはずです。1メモリか2メモリだけプラスのほうに露出を明るく調節してみてください。すると子供達の顔がはっきり写る様になりますよ。調節の程度はカメラにもよりますので、撮影してみてつかむしかないのでしょう。明るいのだけど、露出はプラスの明るいほうへ!ですよ。
・もう一つの方法は、カメラの測光方法の変更です。上記は「評価測光」といって、一般的なファインダー内全体の明るさを大まかに測光して、明るさをカメラが調節する場合の対応ですが、その測光方法を中央一点測光(スポット測光)といって、中央の被写体部分の明るさでカメラが判断する方法に切り換える方法です。これだと、ファインダー内の大部分を占める周囲の土や芝生の明るさに影響受けずに対象物の明るさでカメラが露出を決めてくれますから。ただ、動きが不規則で早いサッカー選手を常にファインダーの真ん中に設定することは非常に難しいので、私は前者で行なってます。
・そのほか、明るさ(露出)を固定する方法もあるのですが・・・、

 私はビデオ撮るときも露出だけは調節しますよ。とくに明るい日中は!!
 最近のコンデジにも露出調整はついてますよ!
この露出調整は絶対にポイントです!




(4)これで、大体はOKだと思うのですが、次に出来れば焦点の合う範囲を調節してみませんか。 絞り値F値とISOで調節です。
絞り値(F値)とはレンズの絞り具合のことで、値を小さくすればしぼりは広がり明るく、値を大きくすれば暗くなるのです。
ここで考えれば分かると思うのですが、シャッタースピードを早くするためには絞りを小さく(明るく)すればいいわけで、絞りを大きく(暗く)すればシャッタースピードが遅くなるわけです。ただこれだけではなくて、絞りF値には焦点の深さを調節する作用があるのです。
つまり、F値を小さく(明るく)すると、焦点の合う範囲は狭く、背景がボケます。
F値を大きく(暗く)すると後方の奥まで焦点があうわけで背景のボケはなくなります。
どちらがいいでしょう?
好みの問題ですが、お子さんの部屋の壁に張ってあるサッカー選手のポスターを見てみてください。背景がボケてて、選手が浮き立ちかっこいいはずです。
そうです、背景がボケるとわずらわしい後ろの景色がとばされて選手が浮き立つのです。
かっこいい写真です。
いっぽう、景色の写真は手前から奥の山々まで写したいので、F値を大きく(暗く)して、シャッタースピードを遅くするのです。




つまりまとめると、サッカー写真は、シャッタースピードは速く(1/800以下)、そのためと同時に背景もぼかすために絞り(F値)は小さく(明るく)すると、かっこいい写真が撮れます。

ただ、ここで問題が、
・絞り(F値)を小さくしすぎると、ピントの合う範囲がごくわずかになり、目標の選手ですらピンぼけなんてことが発生します。対応策としては、若干F値を大きくして、ピントの合う範囲は少し広げてあげるか、目標にフォーカスを合わせることに全神経をそそぐか!です。実際はF値を1~2段大きくした方が、写りもシャープになりますし、ピント範囲もそこそこでお勧めです。
・レンズにはたくさんの種類があって、一般に高価なものほど明るいレンズ、廉価なものほど暗いレンズとなってます。高価な明るいレンズで一番明るいF値2.8に設定しておくと、後方のボケはバッチリです。しかも、多少暗い夕方や雨の日でもシャッタースピードを早めに維持できます。1~2段大きく(暗く)しても余裕があります。ところが、暗いレンズだと望遠でどんなに絞り(F値)を明るくしても、5.6なんて数字になります。暗いわけなので当然シャッタースピードを早くできなくなるかもしれません。当然背景のボケ具合も多少少なくなってきます。このレンズに対応するためには、ISOの調節です。ISOを100から800、カメラが許せば1600、3200と大きくしてあげます。つまり高感度にしてあげます。感度がよければF値が5.6と暗くてもでもシャッタースピードが上がります。ただ、限界があるのは事実ですが、



ここで、ISOについてです。
以前フィルムカメラの頃、フィルム買うとき、ISO100、ISO400と並んでいるとどちらを買ってましたか?
多くの人がISO400のほうが綺麗なんて先入観をもってたようです。
結論をいうと、ISO値の低いほう(100)が粒子が小さいわけ(目が細かい)わけで、画像は綺麗です。引き延ばしにも耐えられます。ただし、粒子が細かい分、光への感度が悪く、少しでも暗くなると、光を取り込む時間を長くするために、シャッタースピードが長く(遅く)なってしまいます。いっぽう、ISO値の大きい400や800となると、粒子が大きいので、少しの光で感光するためシャッタースピードは短くてすみます。当然多少暗くても、わずかな光で撮影できるわけです。ただし、粒子が大きいため、写真の目が粗く、引き伸ばすとザラザラってわけです。
だから天気のいい昼間ならISO100, 曇り夕方ならISO400,夜の撮影ならISO800となるわけです。


これを考えるとむやみにISOをあげるのも考えものです。最近のカメラはISOあげてもすごく写りがよくなっているのですが、カメラの許容範囲でISOを上げたいものです。


さあ、(4)からは随分ややっこしくなりました。ただ、チャレンジする価値はあります。

まとめてみます。
私のある日の撮影設定の一例です。
私のレンズはF値2.8の明るいレンズなのですが



(天気が凄くいい日)
Tvモード(シャッター速度優先)で、1/800以下に設定。
  露出は1~2段明るいプラスの方に上げます。(評価測光)
  明るいのでISOは自動もしくは100.
  そのままシャッタースピードを早くしていき、F値が2.8から1~2段大きくなるところまで調節します。
もしくは、
Avモード(絞り優先)で、F値は一番明るいところから1~2段絞り、ISOは自動もしくは100で、シャッタースピードは1/800以下であることを確認して撮影。



(天気の悪い日)
Tvモード(シャッター速度優先)で、1/800に設定。
  露出は状況に応じて±0から1段明るいプラスの範囲で調整。(評価測光)
  ISO値を上げていき、F値が2.8から1~2段大きくなる範囲で調節します。
もしくは、
Avモード(絞り優先)で、F値は一番明るいところから1~2段絞った範囲で設定。
ISO値をシャッタースピードは1/800(最低1/500)に確保できるところまであげていきます。私のカメラだとISO3200ぐらいまであげることもあります。ナイターなら6400~12800なんてこともありえますが、さすがに多少画像は劣化します。




最後に撮影中一番気を使うのがフォーカスです。
AIサーボに設定し、中央のマーク内に捉えて目標物をシャッターボタン半押しでターゲットを追従していきます。
この時、大切なのは通常はフォーカスのポイントが画面全体のオートフォーカスになっていますが、これだと手前にいる選手にピントが合ってしまい、目標選手がピンボケなんてことが増えます。そこで、フォーカスのエリア選択モードで中央の一定領域でピントを合わせる設定に変更します。そうすることで、的確に対象物にピントを合わせ続けることができます。
設定は下準備で、試合中はこのピントあわせがすべてといっていいでしょう。
私はピント合わせとシャッターを別々にするために、設定の上、親指でピントを合わせ、人差し指でシャッターをきる方法をとってます。




長くなりましたが、
ただ、あくまでも経験論で、プロの方がいらっしゃれば、添削の上教えてほしいものです。

すべてを鵜呑みにせずに、どうか2年間の経験論ぐらいに受け止めてください。


追加)
集合写真の際は、絶対にストロボの補助光を利用したほうがいいと思います。
昼間なのにって思うかもしれませんが、上記露出のところで記載したように、子供達の顔が真っ暗なんてことが起こりえます。



例1、顔が暗い (露出補正なし)
f0201170_2216634.jpg

Mケンとよく練習に行ってた芝生での夏のショットです。周囲が明るいために、顔が暗くなってます。こういう場合は、ストロボを利用して被写体が明るくなるようにすればいいのでしょう。集合写真のストロボ必要の意味が分かると思います。
ただ、サッカーの試合ではストロボが届きません。
そこで、露出をプラス側に若干補正するといわけです。

以下の写真はすべて露出をプラス側に若干補正してます。



例2、ピント (Tvモード、シャッター速度1/1000、F値3.2、ISO 100、露出補正+1/3)
f0201170_22162592.jpg

よーく見るとMケンでなく後ろの相手にピントが合ってます。
これはF3.2と絞り値が小さく最大の開放2.8から1段しか絞っていません。
したがって、焦点の合う深さが浅いため、ピントがずれて後ろの選手に合うと、被写体のMケンがボケてしまうわけです。
これで、ばっちり合うと気持ちいいいのですが、実際はF値を小さくしすぎないほうが失敗は少ないでしょうね。


例3、暗い時の撮影(Tvモード、シャッター速度1/1000、F値2.8、ISO 1000)
f0201170_22164179.jpg

雨が降って暗い天気での写真です。雨や巻き上がる水しぶきまで撮影したいのでシャッタースピードを早くしたいという状況です。ピントはシビアになりますが、シャッタースピードを上げるために、絞りを開放に(F値を小さく)し、それでもたりないためISO感度を1000にまで上げました。


例4、表彰式 (Avモード、F10、ISO 400、シャッター速度1/250、)
f0201170_22165478.jpg

斜めに並んだみんなを綺麗に写したい状況です。いままでのようにF値を2.8とか3.2と小さくしていては、一人のみにピントがあって、前後の選手はボケてしまいます。
そこで、F値を10に設定しました。絞りが暗くなるため、シャッタースピードは長くなります。このままでは、動く手がぶれて流れてしうまうでしょう。かといって試合のときのような早い動きはないため1/800なんて必要はなく、1/250程あればいいかなと。ただ、このうす曇の天気でF10にするとシャッタースピードが結構遅くなるので、ISO感度を400へと若干上げることにより1/250を確保できました。それにより、比較的奥の選手まで写りました。


例5、絞り開放(絞り値を小さく)にすると背景がぼける!
f0201170_22171128.jpg

F値は3.2です。2.8まで開放にすればもっと背景がぼけたでしょうが、これでも十分選手は浮き立ちます。当然顔が暗くつぶれないように、+1/3ほど明るく露出補正してます。
by moriken1103 | 2011-03-28 22:25 | 写真 | Trackback | Comments(5)

クボタ家のお見送り

神奈川へ出発するクボタ君達のお見送りへ大分空港へ行ってきました。

春休みの最初の日曜なので全員の集合は無理でしたが、都合のつく方々でのお見送り!


f0201170_14342571.jpg


一人一人からクボタへのメッセージ
f0201170_14344353.jpg


f0201170_14345952.jpg


f0201170_14372126.jpg


f0201170_14464527.jpg



お元気で!!


f0201170_1316411.jpg

by moriken1103 | 2011-03-27 14:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

クボタ君が転校


西の台JFCの仲間、クボタ君が明日お昼の飛行機で神奈川県川崎へ旅立ちます。



近くにいれば会えるんだけど、関東に行ってしまうと・・・、

1月の「初蹴り」なんかには、大分に遊びに帰ってきてほしいな。

みんな、喜ぶよ!


大分でクボタが、がんばった証拠をデジブックにしました。


兄弟仲良く、元気でな!




by moriken1103 | 2011-03-26 22:47 | 西の台JFC | Trackback | Comments(0)

明日に向かって走り始めてます


卒業おめでとう

楽しい小学校生活でした。

転校や違う中学、各々の道に進みますが

楽しかった輝かしい西の台JFCの誇りを胸に、明日に向かって走り続けような、

楽しみながら!!



GK No1 イイクラ
f0201170_2103384.jpg

数々のスーパーファインセーブ。
中でも、知事杯でのPKでの活躍は凄かった。
みんながイイクラの元に走りました。



GK NO20 テッシー
f0201170_2105371.jpg

入部は少し遅かったテッシーですが、GKとして成長しました。
試合では、GKとして守るだけでなく、大きな声でチームを鼓舞してくれました。



No2 オッキー
f0201170_2114360.jpg

運動神経の潜在能力は凄い。
小学生とは思えないラインコントロール、よくサッカーのことを理解してました。


No3 イッター
f0201170_2122313.jpg

怪我に苦しみながらも、ネガティオブな態度は見せないがんばり屋です。
サッカーが好きなんだなって感じます。
危機管理能力に優れていて、的確なポジショニングが抜群でした。
(夏休み、一緒に大野川の高い飛び込み石から一緒に飛び込みましたが、勇気ある子だと感心しました)


No4 スエケン
f0201170_2124413.jpg

DFの時は、危険な場面で必ず出てきて食い止めてくれる。
ポジショニングがすごくいい、そしてスーっと前に出てきて相手のパスをカットする。
運動能力とセンスのよさが光る選手です。
個人的にはMFでもFWでも、どこでもこなせる素晴らしい選手だとおもいます。


No5 リンちゃん
f0201170_213834.jpg

DFの時は身体をはって勇気あるプレーを見せます。
たまに見せる右からのセンタリングは抜群でした、そして一番上手いのは右から来るセンタリングを右足のアウトサイドで合わせるシュート!!
威力もあるし、見事です。



No6 フジキョウ
f0201170_2142913.jpg

足の速さは驚きでした。
だれもがゴールラインを割ると思ったボールに追いつくこともたびたびでした。
県知事杯での凄い活躍は目に焼きついてます。


No7 ハッシー
f0201170_2145075.jpg

身体の強さとパワー、テクニックを兼ね備えた中心的選手です。
そして、その能力以上にサッカーに関しては大変な努力をしています。
ハッシーが上手いのは、努力しているからです。


No8 フジリョウ
f0201170_2151845.jpg

俊足としつこいプレーでDFの時は、相手の攻撃を完全に食い止めてました。
MFになれば、ライン際を駆け上がり、数々のチャンスを演出しました。


No9 コダマ
f0201170_21172631.jpg

都合で練習や試合に来れないこともあり、体力的にもきついことがあったでしょう。
しかし、泣き言言わずに一生懸命がんばってくれました。
MFとしてセンスは抜群で、数々のチャンスメークに貢献してくれました。


No10 モリケン
f0201170_216849.jpg

スピードもない、身体も小さい。
5年生のころは、人とは違うポジショニングを磨くことで存在感をアピールしました。
6年では、違う形でのプレースタイルを模索しながら苦労しました。
おいしいところで得点するセンスをもっていますが、そこまでのチャンスを作ってくれたみんなへの感謝は忘れていないようです。


No11 モリキョウ
f0201170_2164519.jpg

左サイドを駆け上がるレフティー!
そのプレーは美しかった!
彼の一発でチームが勝利できたことが何度あったことか、
苦しい時に「モリキョウ頼むぞ!」って、みんなに期待されるプレーヤーです。


No12 クボタ
f0201170_217892.jpg

センス抜群のレフティーです。
試合中も周りが凄くよく見えて、前線にいい球を送れるプレーヤー。
小さい身体でも、負けまいと身体をはってくらいついていくファイターでもあります。


No13 ニッシー
f0201170_2173618.jpg

足が速く、細かいボールタッチが魅力的です。
ドリブルの上達には目を見張るものがあります。
すごく上達した選手です。


No14 レイスケ
f0201170_2181289.jpg

試合では一生懸命走り続け、そのドリブルで試合の流れを変えてくれました。
東大分記念大会では優勝に大きく貢献してくれました。
うれしかったネ。


No15 たいよう
f0201170_2184360.jpg

練習休まないNo1ではないでしょうか。
一生懸命走って、ボールを蹴る姿にサッカーが好きだって感じ取れます。
チームのみんなも太陽のそういう姿を知っているので、心の中で一目おかれてるのですよ。


No16 カイくん
f0201170_2192444.jpg

少し遅れてサッカーを始めました。
どんどん上達して、DFとしてみんなの信頼を得てましたね。
センタリングも上手になり、今後の活躍が凄く期待できます。


No17 オノ君
f0201170_2195040.jpg

おっとりした性格はみんなに好かれてます。
みんな、オノ君が好きです。
サッカー部に入ったのが遅かったのですが、身体能力、センスが非常によく、
もっとも楽しみな選手です。
チームの中心的な存在に育っていく人物です。


吉岡
f0201170_21104794.jpg

練習に来る機会は限られていましたが、最後までサッカー部の仲間でいてくれました。一緒に卒団を迎えることができて、嬉しかった。


No18 リョウ、No19 リト ありがとう。
f0201170_2112821.jpg

f0201170_21122986.jpg

君達は学年が一つ下でも、あくまでも同じチームメイトでした。
チームと6年生は君たちにたくさんことを与えたでしょうし、君達からもたくさんのことを与えてもらいました。
1年間ありがとう!!
応援してるよ。


さあ、みんな中学校でも楽しもうぜ。

by moriken1103 | 2011-03-23 21:28 | 西の台JFC | Trackback | Comments(0)

九州新幹線で元気に!

静かに九州新幹線が開通しました。

震災直後にてなんとも複雑ではあったでしょうね。


九州新幹線開通のCMです。

元気が出ますよ!!





マイア・ヒラサワ の曲にのって、鹿児島から博多へ、そして西から東へ!!
by moriken1103 | 2011-03-22 17:42 | その他 | Trackback | Comments(0)

「ミスターなんくるないさ~」様


我が家の玄関の守り神 「ミスター、なんくるないさ~!!」様

f0201170_21493665.jpg


雨や、風で、時には新聞屋さんの不意打ち攻撃にも耐えながらも、身体はボロボロ!


欠けた右手も破片を拾い集め、割れかかった身体もくっつけました。


治療にも限界があります。


しかし、継ぎ接ぎだらけになりながらも、相変わらず笑ってますネ~。


こんな大変な時に笑ってていいんですかい?


いいんです、笑顔こそ最大の武器です!!我が家の「なんくるないさ~」様!!


帰ってくる時も、出かける時も癒されます。



仕事も、勉強も、サッカーも、そして震災も、

『なんくるないさ~様』が何かを教えてくれてると思いませんか!





そして、我が家の片隅にも、散歩道にも春がやってきました。
f0201170_21545896.jpg


f0201170_21551323.jpg


f0201170_21552781.jpg


f0201170_21554284.jpg

by moriken1103 | 2011-03-21 21:59 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

POWER OF MUSIC from OITA

私達に出来ることの筆頭は義援金ですね。

私も出来る範囲で協力させていただいおります。

たくさんの義援金窓口がありますので、身近な信用できるところを選べばいいでしょうね。

できれば、自分の寄付したお金がどのような形で使われるのかはっきりするとうれしいですが、




一つ個人的なご紹介です。

東北地方太平洋沖地震・長野長野県北部を震源とする地震に被災された方々を支援する団体「POWER OF MUSIC from OITA!」が設立されました。

事務局・まとめ役の淵野浩士君は大分のミュージックハウス・カンタループIIのオーナーでギタリストなのですが、私の中学校の同級生です。

活動内容というと、

大分市府内町 旧「大分PARCO」前の街頭で、3月20日(日耀)より5月末まで、毎週土曜日と日曜日の14:00~17:00頃までの約3時間、ストリートライブを実施し、街頭にて募金活動をするというものです。060.gif

活動申請は大分中央警察署へ届け、許可をもらってます。
そして、 集めた募金は責任を持って日本赤十字社大分支部への義援金の寄付といたします。

出演者はボランティアで協力いてくれるミュージッシャンが毎週順番に演奏します。

通りかかった際には、温かい目で応援、そして御協力くださいね。040.gif

20日の様子です
f0201170_10382043.jpg

by moriken1103 | 2011-03-20 20:11 | music | Trackback | Comments(1)

最後の試合MJカップ


東北の震災でサッカーしたくても、ボールもない、グランドもない、家もない、家族も・・・、

心が痛みます、


しかし、被災地の子供にも、遠く被災地を見て悲しんでいる子供にも思いっきりの笑顔を忘れさせてはいけないのですね。




今日は、6年生最後に試合MJカップでした。

残念ですが、インフルエンザで6名が欠席。残りのメンバーで精一杯走り回りました!!



テッシーが左からのシュート!!! 見事ゴ~~ル!!!
嬉しそうですね。
f0201170_2121091.jpg


今日はFWとして走り回るテッシー!!
f0201170_2134284.jpg

楽しそうでした!!
f0201170_214114.jpg




ニッシーも軽い身のこなしで走りまわりました。
f0201170_2161366.jpg

DFにも貢献し、
f0201170_2164874.jpg

左足のキックも上達!! 躍動感あふれるプレーでした。
f0201170_2173278.jpg




みんなが言います。太陽はサッカーが大好きだ、と。
インフルエンザの時以外、太陽が練習を休んだことないんじゃないかな!
f0201170_2195587.jpg

打て~!太陽!!
f0201170_21105468.jpg

すごく、惜しいシーンでした。一生懸命だから、応援したくなる選手です。
f0201170_2113672.jpg




カイくんはお兄ちゃんとは違いますね。
DFで彼の堅実なプレーが凄く行きます。
f0201170_21155128.jpg

危ないシーンにはしっかりいいポジテョンで。
今日の発見は、右サイドを駈け上がり
f0201170_21181047.jpg

そして、素晴らしいセンタリングをあげてました。
f0201170_21185366.jpg

そして、圧巻は左サイドからのフジキョウのセンタリングへ見事に走りこんで、シュート!!
ナイス、ゴール!!決めました!!!049.gif



試合後、アイスクリームでリラックス。 やっぱ、この瞬間が一番元気になるんですね。
f0201170_2122690.jpg

夏には、「かき氷の神様」に助けられましたからね!!!





そして、ご褒美に紅白戦のサービスです。
芝生の上で、みんな笑顔で、大きな声出して、ちょっとふざけたり、003.gif
サッカーをエンジョイしてました。058.gif
f0201170_21262325.jpg

GKも順番に
f0201170_21263724.jpg

転ぶのもたのしんでました。003.gif
f0201170_21265798.jpg




風邪気味で出場できませんが、もうすぐ転校のクボタも応援に!!
f0201170_21283535.jpg





そして、小学校最後の柔軟体操かな?
f0201170_21293646.jpg

最後の最後まで、相変わらず・・・笑!



本日で、私の6年生のサッカー試合の写真も終わりです。

今日は、比較的撮影枚数の少なめの選手たちをたくさん撮ろうと仕事休んで帯同しました。
出来栄えは別として、私なりにいい写真が撮れましたね。

テッシー、ニッシー、太陽、カイくん、みんな躍動感あふれるプレーをしてたし、何よりすっごく楽しそうにボールを追っかけてました。

私にとっても、幸せな一日でした。
ほんと、最後の試合をみんなでエンジョイしてましたね。






1年を通して、我が子モリケンの写真は決して多くありません。

チームの選手みんなの写真を撮り続けました。


1年間、彼らと付き合い、時に遊びに連れ立ち、ファインダー越しに観察し続けると・・・・、

チームのみんな全員が可愛くて、その成長が気になってたまらなくなりました。


そして、同時に彼らの西の台JFCというチームの大切さがどんどん私の中で大きなものとなっていきました。


「このチームを大切にすることは、彼らの青春を肯定し、彼らの思い出を美しいものであり続けさせることだ」と、


今からも彼らを見続けていきたいし、西の台JFCを心から応援し、支え続けたいと思います。


そして、彼らの輝かしい青春がこの後も続くことを願ってます。




追伸)
明日は、残念ですが、卒団式と打ち上げ参加できません。

行ったら、たぶん泣いてしまうでしょう。
とくに、佐藤コーチの顔を見たら・・・、
by moriken1103 | 2011-03-19 21:45 | 西の台JFC | Trackback | Comments(4)

サッカーってスゴイ!

サッカーの魅力を限りなく感じる瞬間ってあります。


すごい試合、美しいプレーを見たとき、

涙を流す選手たち、抱き合う選手たち、




今回、世界中のサッカーチームから日本へメッセージが届いてますね。

彼らのメッセージは励みになります。



華々しい有名選手たち、彼らは人並み外れた努力と練習を重ねて登ってきた英雄です。

そういう、頑張り続けているプレーヤーからのメッセージには

勇気が湧いてきます。










サッカーって素晴らしいな!

たくさんのスポーツに係わってきたけど、やっぱサッカーはいいな!って思います。




我らが、シャムスカ監督からのメッセージです。


日本の皆様、負けないで!
 甚大な被害が出ている日本の地震に対し、家族一同心配をしております。皆様大丈夫でしょうか?
大分の編集部より、大分での被害は殆どない状況であるという事は報告を受けておりますが、仙台のチームがある場所から広範囲に渡って被害が甚大である事の報告も受けております。
 どうかこれからの余震や津波に注意されてください。皆様の強い心と助け合いの力でこの大災害を乗り越えられる事を心よりお祈り申し上げます。
ペリクレス シャムスカ、家族一同
マルセロ シャムスカ、家族一同
http://blog.chamusca.jp/?m=20110311



思いっきり、サッカー!!

その瞬間はなにも考えずに!!!   

東北のサッカー少年たちに、そういう時期が早く来るといいですね。
by moriken1103 | 2011-03-19 00:28 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)