<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

天領けこみから(一部練習試合 対宗方)写真


マツダ父からダウンロードさせていただいた動画をDVDにして見てみましたが、甘木戦ではパスが良くまわり、皆もよく動き、いい試合でした。

相手が強い、弱いに関係なく、試合ごとに西の台は良かったり悪かったり・・・

夏はかき氷でのりきりましたが、さあ今からは・・・?

よい案募集中です。



各選手は出場するたびに成長してきてます。


惜しい場面がいっぱいありました。タイヨウ
f0201170_2364774.jpg

小野君凄くよかった!
f0201170_2374334.jpg

クボタは軟らかいタッチから周囲がよく見えたプレー
f0201170_2381339.jpg

そして、身体をはってプレーしてくれますね
f0201170_2382745.jpg

ナイス・キーパー
f0201170_2383863.jpg

カイ君のDF安定してます。
f0201170_239011.jpg

5年生も確実に成長してます。リョウ
f0201170_2395329.jpg



宗方との練習試合のビデオをマツダ父が撮影してくれました。
ダウンロードして、私はムービーメーカーからDVDにしてます。
TVで見れるからすごく便利です。
(天領けこみの三芳との交流戦のyou tubeも同じ方法で作成したものです)
ダウンロードご希望のかたは私かマツダ父へパスワード(ダウンロード用)をお尋ねください。



5年生の試合です。
f0201170_2310475.jpg
f0201170_231112.jpg

f0201170_23113660.jpg

f0201170_2313483.jpg

f0201170_23141852.jpg

さあ、あと数ヶ月でトップチーム。
君達の時代です!
by moriken1103 | 2010-11-29 23:17 | 西の台JFC | Trackback | Comments(0)

Ad libitumⅧ

コンパルホールで開催されたピアノ音楽会の写真撮影に行ってきました。
f0201170_22515934.jpg

ピアノはスタンウェイSteinwayと並ぶ名機ベーゼンドルファーBösendorferです。

ピアノ最大の音域を持つ「インペリアル290」からの圧倒的存在感 
f0201170_23304579.jpg

重厚な真鍮脚。
f0201170_22533745.jpg

f0201170_22535947.jpg


至福の音色といわれるピアノを調律するのは白沢さん
f0201170_22545595.jpg

リハーサルでその音色と感触を確かめながら
f0201170_22551828.jpg


本番では、しなやかに、そして力強い演奏が続きました
f0201170_2255431.jpg



エンディングを飾る深田宏一様 オリジナル曲「M」



恥ずかしながら、高価な楽器=素晴らしい音色 だなんて簡単に考えてました。

弾き手の個性をピアノが受け入れてくれるか、ピアノの個性を弾き手が引き出せるか・・・、

実力を発揮しながらもピアノと対話しなければいけないのですね!!




そして、夜は打ち上げに参加させていただきました。


ほとんどが初めてお話しする方々でしたが、皆さんの熱い情熱とこだわりには触発されるものがありました。

ずいぶん遠ざかってますが、やっぱ音楽っていいですね。
by moriken1103 | 2010-11-29 23:02 | music | Trackback | Comments(2)

心に通ずる道は胃を通る

博多で会議でした。

昼間はまじめにお仕事027.gif




そして、は!か!た!の夜じゃ~ 068.gif 

まず、個人的にアペリティフは餃子とビール2杯??


二次会はホテルのバーで私の世界の偉い人10人ぐらいと肩を並べ、

恐縮どころか、潤滑ラー油に息を吹き返した私の口は語る語る・・、

しまいには偉い人と大爆笑!!(^-^)041.gif


明日は7時から会議なので、お偉方含め皆さんは解散



イコール自由だ~!って、家族共々お世話になった昔の上司と手をつないで中州の町へ!

1年ぶりの一献!幸せです。

大好きな元上司と飲むわ飲むわ、

『心に通ずる道は胃を通る。』

大いに語り、大いに喰らい、4時間で4カ月分ぐらい笑いました。




深夜2時、中州の屋台で、5時間後の会議をひかえ、

『かくて、われらは今夜も飲む、

確かに芸術は永く、人生は短い。

しかし、この一杯を飲んでいる時間ぐらいはある。

黄昏に乾杯を!』  
           な~んて!






「大将!メニュー右から順番にネ!・・・・」






若者へ!!

『友人とたくさん話そう。いろんなことを話そう。
それはたんなるお喋りではありません。
自分の話したことは、自分が信じたいと思っている具体的な事柄なのです。
腹を割って友人と話すことで、自分が何をどう考えているかがはっきり見えてきます。
 また、その人を自分の友人とすることは、自分がその友人の中に尊敬すべきもの、人間としてなんらかの憧れを抱いているということです。
それゆえ、友人を持ち、互いに話し合い、互いに尊敬していくのは、人間が高まるうえでとても大切なことだと言えます。」
        
                     『ツァラトゥストラはかく語りき』 より  by ニーチェ
by moriken1103 | 2010-11-25 23:18 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

楽しまなきゃ!


知り合いののピアノの先生が主催するライブというか発表会に行ってきました。060.gif
f0201170_21243828.jpg

時々行くライブとは違い、発表会なので、練習の成果を披露するもの。

当然、まだまだちゃんと演奏できずにつっかかる方もいらっしゃいました。025.gif

単純に音楽を聴いて楽しむライブとは程遠い部分もあるのですが、

私は感動というか楽しめましたね。001.gif

10代の子から退職するほどの年齢の方々が、ピアノ始めました、ドラム始めました、なんてステージで披露するんですね。
ベテランの先生がベースやギターやドラムなどでサポートに入り、バンドとしてステージに立つわけです。

曲の途中で生徒さんがたは、間違えてリズム乱したり、中断したりするのですが、そこはベテラン先生がしっかりサポートしながら最後まで演奏してました。

けっして上手くない演奏でも、みなさんステージ降りながら

「いや~、気持ちよかった043.gif!!!」と、生き生きとしてます。

好きな音楽を自分の身体で演奏する喜び!!
目の前の技術にとらわれず、楽しさを伝えようとする指導者の方々!!

素晴らしいなって感じました。


そうです、好きこそ物の上手なれ

楽しむことが最高なんだって、目の前のステージからひしひしと伝わってきましたね。049.gif




西の台JFCトップチームもそういう意味で指導者達に恵まれてますね!!


しかし、残された月日も少なくなり、結果を求めたくなる時期が迫ってます。

なんとか、また頂上を見たいという気持ちも正直なところ。


ただ、忘れてはいけないこと、

『残りの試合、後悔はしたくない。だから、思いっきり楽しもうぜ!』058.gif


発表会の帰り、ほのぼのとした気持ちに包まれながら、西の台JFCのことを考えました。
by moriken1103 | 2010-11-25 21:36 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

第20回日田天領けこみフェスティバル

11月20日 予選リーグ

  対 甘木 O(7-0)

   得点:モリキョウ(モリケン)、モリキョウ(モリケン)、フジキョウ、ハッシー(モリキョウ)、オッキー(ハッシー)、モリキョウ、ハッシー(オッキー)


  対 咸宜 ▼(0-0)PK
  
    序盤から西の台のペースで試合を運ぶがシュートが得点につながらず、 結局無得点に終わり、PKで負けました。序盤で1点入れていれば違う展開になったはず。



PM  三芳小学校で練習試合   

負傷者以外みんな出場して、思いっきり楽しみましたね。019.gif




夜は三芳小学校の選手ご家庭に民泊させて頂きました。040.gif

みんなすごく楽しかったようで、すっかり友達になったようです。

「今度冬休みに来いよ!」「行くよ!」なんて会話もあったそう。

学校を越えて、同じサッカーが好きな仲間という意識が持てるのは素晴らしいことです。058.gif




11月21日 二位トーナメント

  一回戦  対 アリアーレ  X(1-2)

  いつもの、朝一番、第一試合のエンジンのかからない状態でした。
  先制するも、コーナーキックから2点献上して・・・・、



 
2日目のお昼ゴハンは三芳小学校のご父兄に作っていただいた、トン汁とおにぎり。温かくて凄く美味しかったです。001.gif

たくさんのおにぎりもいただき、みんなお腹いっぱいになりました。


試合の結果はさておいて、二日間、すばらしい交流を深める事ができました。

三芳小学校のご父兄の温かいおもてなしと、お心遣いには心より感謝してます。

そして、三芳の選手達ありがとう!!001.gif




萩尾公園を散歩、紅葉狩り
f0201170_038177.jpg

by moriken1103 | 2010-11-17 21:35 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

Aコーチ ハーフマラソン完走!!!





11月14日 Aコーチが「とみくじマラソン」にてハーフマラソン(21km)完走いたしました。

タイムは1時間56分54秒で、337人中 78位だったとのことです。

凄い!!!いや~ごりっぱです。001.gif

春にお互いランニングの話をしてたのですが、しっかりトレーニングを継続してたとは感服です。

約2時間理想的なペース配分で走り徹せたタイムだろうと、推測いたします。049.gif




私?・・・・、
夏までは週に2回10km程走ってたのですが、
ウォークマンが故障したため・・・、

いや、・・・・いつの間にか、サボってました。

正確には、夏休みの終了とともに、少年サッカーの夏の終わりとともに、
やや燃え尽きかけてたのかもしれません。040.gif


ところで、私はそもそも球技しか興味が無かったのですが、
付き合いからトライアスロン3回(20年前)、マラソン10km2回の出場歴があります。

3回のトライアスロンももちろん完走ですよ。
3回とも信州であった全日本なんたらかんたらトライアスロンで最高は250人中150位くらいでした(悦)。066.gif




一番最近では、2年前に佐伯の弥生で開催されたマラソンに参加いたしました。
もちろん付き合いで!(言い訳No1)
1週間前まで風邪で寝込んでました。当日も痰が!(言い訳No2)




しかし、どこか田舎の町おこしマラソンでしょ!なんて、なめてたんですね。

「お~、けっこう参加する人多いね!」
駐車場は車でいっぱい。
しかし、なんとなく準備具合から近所の人達じゃなさそう・・・、と不安的モヤモヤ感が頭の片隅でプチッ!008.gif

受付に行くと、結構な数の参加登録者が列を作り、
中には「・・・・と?」とか「・・・・っちゃね!」なんて、不安的ソワサワ感を誘発する言葉尻が聞こえます。

「何キロにご参加ですか?」
「はい、10キロ、一般です」
「は~い、少々お待ちください。え~と」
ボールペンの先で名前を探していくのですが、
『なぬぅ~~』・・・・えらい参加者が多いじゃない。042.gif
町おこしの町内マラソンに、市内から『ちょっと申し訳ないけど、おじゃましま~す』じゃなかったの?

ゼッケンに付けるICチップなるものを渡され、体育館で着替えると、
「俺、ウォームアップに行くけん・・・」友人ははりきりモード。

『やつは、分かってたんだ!去年も来てるしな。』
とはいえ、
『あれ、なんかやっぱ風邪の調子が悪くて熱が出てきたみたい…無理かな~』
なんて言えないし。

私もゆっくりグランドでウォームアップ。

スタート時間近づき、ジャンバーを脱いでスタート地点へ向かう。
こうなったら、ゆっくり自分のリズムで完走すればいいの!
むしろ、気が楽である。

突然、足が止まった。025.gif
スタート地点に並ぶ人々の服装が・・・、
皆短パンに半そでTシャツ、中にはランニングと本格的な方もいます。
かたや、私は長袖の山登り用Tシャツに当然長ズボンというかジャージ。

上半身はNorth Face 下半身はNIKEで、朝、鏡の前で「完璧!」とつぶやいたはずの僕ちゃんは・・・、羞恥的なさけない感に金縛りになってました。

その上、ジャージの右のポケットはウォークマン、左のポケットはDAKARAのペットボトルで膨れ上がり、垂れ下がってます。

とりあえず、ペットボトルは妻へ投げて渡しました。
(何か起こってはと、いつになく心配した妻と三男も見に来てます)

うつむきながら列へ並び
『しかし、これだけいたら同じような人もいるでしょう』
なんて、ふと周囲を見ると、『いた、いた!なんだジャージ組がいるじゃ~ん。嬉!!』
なんて、元気がわいてきたのもつかの間。
「スタート1分前です」のアナウンスに、
なんとこのご同輩の、心を一つに分かち合っている、まだ話したこともないマブダチのはずの連中が・・・・、

一瞬の動作でジャージを脱ぎやがりよった!!033.gif
「貴様ら~、裏切りもの~め~がーー 『ドン!!』」
絶望と憎しみのスタートでした。


しかし、始まればスポーツ(笑)。
有意義に楽しく気持ちよく、そして謙虚に自分と戦えばいいこと!!017.gif


私は前1/3ぐらいの位置にいたのですが、
スタート直後から波打ち際に座り、波が岸から離れていくように、皆さまがえらいペースで抜き去っていきます。
『えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!』
コースの端っこのほうにより、ペースを上げながらも通り過ぎし人々を観察してました。
少年が、じいさんが、・・・・、
しかし、私より進行したメタボに追い越された瞬間、さすがに私にも火がつきました。031.gif
プライドがプチメタボのプライドが許しませんでした。
自己ペースなんか忘れ、このメタボには絶対負けない!と。

秋の冷たいさわやかな空気は気持ちよく、意外とついていけます。
『メタボちゃん、そんなハイレグチックな短パンとランニングがお似合いですよ~ん』
なんて、優越的爽快感に『けっこう、この人いい人に違い無い』なんて、かってに思いながらついて行きました。

3kmほどすると山中のアップダウンの連続コースへ突入します。
登りになると、私に見向きもしてなかったメタボちゃんが、苦しそうな表情に変わり、
突然振り返り、左手を前方に差し出し『おさきにドウゾ』ジェスチャーを!

『な~に、どうしたの?せっかく友達になれたのに・・・(そんなこと無いか)』

ならば、いた仕方ない。
私はスピードをあげて、追い抜きながら一言
「頑張って!!」

かっこいい!俺!!012.gif
この言葉が私に火をつけました。
こんなこと言って、この日記の後半でゴールを前に悠々と走るメタボちゃんに抜かれました、なんて書かなきゃいけなくなっては恥ずかしいの極み。

私は、さっそうとスピードを上げます。
登りはそのままのペースを保ちつつ、
下りは体重に任せて1.5倍のスピードで!!

これは効きました。随分と抜いて順位を上げましたね。
しかも、メタボちゃんを置いてきぼりにした勝利的ヤルキ感が持続してまして、超快調!


見えました、前方に折り返し地点が!

折り返し地点まで30mというところで、対向者に私を誘った友人がいました。
その表情は『意外!』感に満ち溢れ、私は笑顔でそいつに 『がんばって!』(嬉)029.gif
浅はかな私!
この先の苦労も知らずに声をかけてました。

いや~、うれしかったですね。
マラソンが趣味の友人は、私のことを完走できるといいなぐらいに思ってたにちがいない。
それが、たった30m後ろにいるなんて・・・・悦!!!

折り返しからの下り、私にさらなる火がつきました。
この下りを体重に任せてメタボリック・アクセル全開じゃ~!!ヒーハー066.gif

ものの5分で追い付きました。
彼の真後ろにいます。
言葉にならない言葉で、規則的に動く肩甲骨に向かって『僕ちゃんここにいるよ~ん!037.gif

ふと、彼は殺気を感じたのか後ろを振り返りました。
その時のかれの驚いた顔・・・・
『なぬぅ~!!』と、言葉に表せないほど驚きで豹変する表情を一瞬見せた気がします。

彼は一挙にスピードを上げます。
ひっひっ、着いて行くもんね。残り3km。

ところで、そこで初めて気付きました。
私の呼吸が乱れ出して止まらない。
全身の脱力感・・・・・、やばい。

そのうち、頭の中がしびれるような感覚。
『そりゃ、そうでしょ。たまに家の周りをゆっくり走っているとはいえ、完全にオーバーペース。』
こうなったら、ただただ身体に鞭をいれます。

あ~、やつが遠くに離れていく。032.gif

とうとう、歩き出しました。
後ろからは、足音が近づきポツリポツリと抜かれて行きます。
抜かれながら、横目であのメタボ君ではないかと気になってしょうがありません。

歩いたのは少々。
給水所での給水に元気を取り戻し再走です。
残り1kmラストスパートです。前方の橋を左折した先に彼の姿が見えます。
『抜かなくてもいい、けどせめて近づきたい!!』

頑張りました。
途中から呼吸も乱れ、ヒーッ、ヒーと、もしかしたら鼻水やよだれも垂れたかもしれません。
ゴールが見えだして数回、膝がガクンっと落ちそうになります。
ヒー、ヒーが ビィェービェーと分けのわからない苦しそうな声混じりとなり、
『あと20m、あと10m・・・』倒れ込むようにゴールです。
苦しくて、苦しくて、ガッツポーズもなく・・・・、呼吸が追い付かなくて吐きそう。020.gif

彼とは確か15秒ほどの遅れでしたが、

我ながら見るも無残なゴールシーンだったと思います。
結果的に、記憶では50分弱。


感想:死ぬかと思った。
マラソンは競争じゃないのに・・・。
サッカーとテニスしか知らない親父の本能に翻弄され、目の前のエサに我を忘れて飛びついて、喜び勇んで自滅する浅はかさ!

勉強になりました。

ただ、マラソンはしばらくちょっと・・・                   」




1年ほどして再び走りだしたものの、なかなか継続は難しい。

Aコーチを見習って!  頑張らなきゃ!041.gif
ただ、レースはちょっと・・・(悪夢が・・)




話が飛びますが、正しいフォームで走ればマラソンってきつくないんですよ。
私は20年前にトライアスロンに出場したときに、一緒に参加した順天大の陸上部の方とトレーニングしてフォームを習ってました。

1、足音をたてないように走る。
2、身体の上下動が無いように走る。
3、かかとから着地しつま先で蹴る(最近の走法は違うようですが、)
4、左右の骨盤を交互に前に出す。モンローウォークのように尻を振る。

つまり、上下の動きが無い結果、無駄な筋力を使わないわけです。
走れなくなる=エレルギーの枯渇 なのですね。
エネルギーが切れない限り走り続けられます。
骨盤を振ることで自然と足が前に出て、かかとから土ふまず、つま先へ体重移動し、次に骨盤振って反対側の足を出し、踵へ体重を移すだけなのです。
このフォーム習ってから、大嫌いだった長距離がまったく苦にならなくなりました。

秋の気持よい空のもと、最近ブームのジョギングはいかがでしょう。060.gif

近所の庭を眺めながら
f0201170_14245358.jpg

道に追いかぶさる木々の色を楽しみながら
f0201170_14251041.jpg

饅頭屋見つけて、ちょっとおやつ・・・揚げ饅頭
f0201170_14273562.jpg

by moriken1103 | 2010-11-16 14:38 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

リフティングの目標~回数だけじゃない~

リフティングが上手い人が必ずしもサッカーが上手いわけではない、と言う方もいます。

確かに、キック力・スピードがあれば・・・、


しかし、ボールタッチの習得にリフティングが凄く重要なことは間違いないでしょう。

以前ブログ「西の台JFCサポータ(5年生)」のブログで大阪のKENTA君の凄いリフティングの動画がありました。

あれは凄すぎる。
しかし、西の台のみんなは何処を目指せばいいのか?
回数がすべてなのか?
リフティングが上手くなるとどうなるのか?023.gif

今日はそのヒントになるかもしれません。



では、まずこの子の足首の柔らかさ、ボルタッチの柔らかさ、ボディーバランスそしてリズム感を目に焼き付けてください。005.gif




さあ、みんなのリフティングは・・・・、


大きな違い注目点は膝の柔らかさ・硬さです!!!


上の子のリフティングは軟らかい動きですよね。
膝が曲がっているんです。だから、軟らかいし、リズムもいい。




では、比較的多い、膝がまっすぐに伸びたロボットのようなリフティングの動画を2つ。
まず下級生編


すごく上手いですね。
膝をまっすぐに伸ばし、腰を曲げて足全体を90°の位置まで持ち上げ、きちっとインステップでヒット。いわゆるロボットリフティングです。
簡潔に表現すると「足の付け根の関節(股間節)だけで足を動かしている」と事になります。
最初はみんなここからはじまるのでしょうが。


ちょっと上手くなった選手編

 


どうですか、上級生の皆さんに比較的近い動きではないでしょうか。
一般的に見て上手なリフティングですね。
しかし、一番最初の動画のリフティングと比較して、明らかに膝が伸びてますね。
つまり、簡潔に表現すると「足の付け根の関節(股間節)だけで足を動かしている」と事になります。
まだ、全体に硬い印象を受けます。



では、次のステップのリフティング


ではプロ小野伸二選手のリフティング



膝・股関節が軟らかく感じますね。動きが軟らかくナチュラルです。006.gif
ポイントはボールを蹴る前に股関節と膝が曲がっているところです。
 そして、完全に足が伸びきる前にボールを蹴っていますよね。
 ですから、見ていて違和感がないのです。やはり膝ですね。膝が曲がってます。


 これを身につけていると、浮き玉やクロス等で飛んできたパスなどでボールを受ける時大変役に立ちます。




この柔らかさを出せるリフティングができるということは試合中のボールタッチの柔らかさ・正確さの上達が容易に想像できますね。

練習のリフティングは上下の動きです。
試合中のボールの動きは上下だけでなく、水平方向、斜め方向とあらゆる角度で対応しなければいけません。
ロボットリフティングで回数を増やすことだけを目標といするのではなく、ボールタッチ能力を上げるために、膝・股関節の柔らかさ、リズム感をあげるためのリフティングを意識してみてはどうでしょう。
動画でイメージアップです。
by moriken1103 | 2010-11-14 13:12 | サッカー話題 | Trackback | Comments(0)

ボールを弾ませない!!


ボールをバウンドさせない!!


浮いたボールを以下に処理するかで、自分たちのボールとなるか、相手にチャンスを与えるかが分かれます。

相手キーパーからのキック、ゴールキック、相手DFのクリアボールをDFが以下に処理するか・・・、
浮いたボールはヘディングで前に(仲間に)返すのが基本です。
f0201170_23125379.jpg


完全フリーなら余裕を持ってトラップでもいいですが、

相手が傍にいる状況で、ヘディングにためらうと、つまりバウンドさせると相手のチャンスになってしまいます。
f0201170_23131566.jpg



マツケンさんが撮影してくれた動画を編集して何度も見ました。


みんな特にDFの選手は相手のコーナーキックやセンタリングの際にはゴール前で素晴らしいヘディングをします。
ところが、ゴールキックやキーパーからのキックにはなぜかヘディングすこし消極的なようです。
ヘディングは出来るわけで、前方からの浮いたボールはバウンドさせない。ヘッドで返すという意識、気合いをしっかり持つことが大切ですよ。

もちろん攻撃の時のゴールを狙うヘディングも同じ。
ゴールへたたきつける意識!!
by moriken1103 | 2010-11-13 23:18 | サッカー話題 | Trackback | Comments(0)

動画で超実戦的ジュニアサッカー・トレーニング


学習コーナーはつまんないって?042.gif

ならば、サッカー学習コーナーです。

右下のツイッターに時々、サッカーの動画を載っけてます。

今回はパート1~パート3まで更新してます。

見てみて!!017.gif
by moriken1103 | 2010-11-11 23:41 | 西の台JFC | Trackback | Comments(0)

試合ないから、学習コーナー


偏諱(へんき)の下賜(かし)


先日、用事のついでに賀来の大分市歴史資料館に立ち寄りました。


「偉人たちの風貌―大分の肖像―」という展示が行われてまして、

1時間の時間つぶしでもあったので、時間をかけてのんびり見てまわりました。


皆さんご存じの大分のキリシタン大名「大友宗麟」をはじめ大分の偉人達の肖像が展示されていたのですが、
大友家では「大友親著」「大友親綱」って人の絵がありました。


これみて、あれって思ったんです。

大友家の歴代当主の名前見てると、

「#大友能直 #大友親秀 #大友頼康 #大友親時 #大友貞親 #大友貞宗 #大友氏泰 #大友氏時 #大友氏継 #大友親世 #大友親著 #大友持直 #大友親綱 #大友親隆 #大友親繁 #大友政親 #大友義右 #大友親治 #大友義長 #大友義鑑 #*大内義長 #大友義鎮(宗麟) #*大友親家 #*大友親盛 #大友義統 #大友義乗

なんと、26人の当主中10人の名前に「親」がついてるのです。

これって「偏諱(へんき)の下賜(かし)」かな?


「偏諱(へんき)の下賜(かし)」
とは、
将軍や大名が、功績のあった臣や元服する者に自分の名の一字を与えることを言います。
諱=名前なので偏(片方)の名前を下のものに賜(与える)、って事です。


似た言葉に「一字拝領(いちじはいりょう)」というのもあります。
「一字拝領」とは主君から名前の一字をいただいてつけることですが、同じ意味ですね。


親子においても父親の名前の一字を受け継ぐ例は昔も今も同じでしょうね。


歴史上の人物で皆さんが知っているところでは、

徳川将軍家の家康、家光、家綱、家宣、家継、家重のように”家”の字を相伝する例
伊達家のように晴宗、輝宗、政宗といった”下”の一字を受け継ぐパターンもあります
平忠盛、清盛、重盛、惟盛
毛利弘元、興元、隆元
足利将軍家の歴代将軍は、みな義満とか、義教とか義昭といった具合に”義”の字を相伝しています



そこで、思い返すのが、昨年の11月にこのブログで書いた「天面山の歴史(戸次川の合戦)」です。
当時、九州を征伐しようと大分へ攻め込んでくる島津に対し、大友家とその家臣、そして四国から応援に駆けつけた長宗我部一族らが戦う話しですが、大友家の家臣の戸次家の人々も名前に「親」の字がついてました。そして、四国の英雄、長宗我部元親、戸次川で戦死した長宗我部信親にも親の字が・・・、
そのへんの詳しい関係は分かりませんが、


西の台JFCの選手の中にもお父さんの名前を一字もらっている子はいるでしょうね。

お父さんからすると「偏諱(へんき)の下賜(かし)じゃ~!」

息子からすると「一字拝領つかまつりました!!」

   って、とこですかね。
by moriken1103 | 2010-11-11 22:52 | 学習コーナー | Trackback | Comments(0)