<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2/28 練習試合 (四日市南小)



練習試合にて四日市南小学校へ行ってきました。

四日市南小学校の桜はとても綺麗でしたよ!


1、対 FC WAYS 〇(3-1)
 得点:ハッシー(Mキョウ)、ハッシー(フジキョウ)、Mキョウ(Mケン)

2、対 四日市北 〇(3-0)
 得点:りョウ(フジキョウ)、Mケン(オッキー)、Mケン(Mキョウ)

3、対 四日市南 〇(3-0)  
 得点:Mキョウ、リョウ(Mケン)、Mキョウ(Mケン)

4、対 北部 〇(3-0)
 得点:Mキョウ、オッキー、ハッシー


新6年生は主力数人を欠いていましたが、新5年生含めいい練習が出来たのではないでしょうか。

個人的にもいくつかの発見があり、練習試合といえどもとても有意義な1日でした。


四日市の関係者・ご父兄の皆様、大変ありがとうございました。


頼もしき新5年生
リト :経験が長いだけに状況判断はさすが!
f0201170_21565668.jpg


リョウ :だいぶ慣れたかな。周りも見えるし、すごくよくなってきました。
f0201170_2155561.jpg


平林 :私は初めて見たのですが、最初からこれだけ出来れば立派。遠慮ははいらないよ!ガンガン行け!
f0201170_21581070.jpg





太陽は試合の合間みんなが遊んでいる時もリフティング練習してますね。
今日も、新人戦の時もそうでした。 努力を評価され機会がまわってきました。
f0201170_2295252.jpg

最初は遠慮気味でしたが、プレーに絡むと、審判していた佐藤コーチから
「太陽!いいやん!  いいやねえか! いいやん!」と、褒められてました。
そのときの嬉しかった気持ちを忘れないで、がんばれ!  試合中はもっとガンガンいって大丈夫!! 失敗してもいいから!
f0201170_22102675.jpg



今日は練習試合なので個々の写真をのんびり撮りました。
一部の選手の写真しかありませんが、年賀状に使えるような写真を目指してみんな順番に撮りますね。
ただ、どうしてもボールに接する時間が多い子の写真が増えるのです。

みんな、ボールキープしたら、こっち向いておじちゃんのほうへ走ってこいなんて思いのですが、
思うように行きません。私自身は、あっち行ったり、こっち行ったりしてるのですが・・・、

そのうちに・・・!


フジタ 
f0201170_22173846.jpg



ハッシー
f0201170_22184915.jpg



モリケン
f0201170_22191590.jpg



モリキョウ
f0201170_22193951.jpg


付録)
四日市南小学校 校庭   

f0201170_2241497.jpg





f0201170_22421798.jpg
  
 
来週は国東で「みんなんカップ」ですね。

デジブック

by moriken1103 | 2010-03-29 21:33 | 西の台JFC | Trackback | Comments(0)

新トップチーム:おやじの会



新トップチームおやじの会、第1回目開催

親父たちと監督・コーチで総勢15名

第1回にしては良く集まりました。

明日の練習試合を考え早めに切り上げましょう、と開始も気づけば12時前。

ほんと、よく語り、よく飲みました。
f0201170_21215788.jpg



f0201170_21221030.jpg



f0201170_21222454.jpg



f0201170_21223938.jpg



f0201170_21225239.jpg


個人的な感想ですが、父親同士が集まり、シンケン飲んで語り合うってのは、なかなか無いと思うのです。

正直語った内容もあまり覚えてないぐらい・・・(笑い)。

ほんとうに楽しい関係です。

不定期の開催ですが、次は今回、お会いできなかったおやじ達もぜひおいでください。

次は全日、春季リーグ終了後かな?
by moriken1103 | 2010-03-28 21:26 | その他 | Trackback | Comments(2)

おやじの会

明日2/27(土曜日) 新トップチームのおやじの会です。

輝ちゃん 19時集合です。

お会いしたお父さん方にはお誘いしたのですが、

お会いできていないお父さんでご都合のつく方はご連絡ください。

直接来ても結構ですよ。  飛び入り歓迎068.gif
by moriken1103 | 2010-03-26 12:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

春告魚(はるつげうお)



桜も咲く季節でちょっと遅いですが、「春を告げる」といえば


春告草は梅の花

春告鳥はウグイス ・・・以前ウグイスは茶色って話書きましたね

春告魚といえばメバル ・・・昔はニシンでしたが


我が家の裏の茂みではもうウグイスが泣いてます。
まだ、泣き方はへたくそなんですが、日に日にウグイスらしい鳴き声になってきてます。
注意すると西の台地区のあっちこっちの茂みから聞こえてきますよ。



先日、ふと今年はまだメバル食べてないことに気付きました。

そうなんです、メバルを食べなきゃ春が来ません。

ということで、西大分のテトラポットへちょいとメバル釣りへ。

テトラの隙間にエサを入れるとメバルちゃんとホゴちゃんがいくらでも釣れます。

ただ、期待に反して煮付けサイズは上がらず、寒いから20分で撤収!!

帰って、根魚汁を作くってみました。
f0201170_2114426.jpg


水とお酒でぐつぐつ、ミリン、砂糖、塩と醤油少々。

いいダシが出て、好評でした。

サッカーのない、天気のいい日いかがですか!近場で満足できますよ。
by moriken1103 | 2010-03-25 21:19 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

春休みの予定


西の台JFC 春休みの予定です。

f0201170_20442072.jpg


新6年生は国見へ一泊で「みんなん交流試合」です。
昨年6年生は優勝でした!

がんばるぞ!
by moriken1103 | 2010-03-25 20:47 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

学習コーナー:オリンポスの神々



DVD作成もひと段落つき、久々予定のない休み。

子供たちとパークプレイスで映画観ました。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 
ギリシャ神話の神々とその子供たちの冒険みたいな話です。006.gif
この映画から思いをめぐらせると、



中学校の頃、なぜかギリシャ神話に興味をもち、ホメロスの叙情詩「イリアス」や「オデュセア」を読みました。

ギリシャ神話とはポセイドンやゼウス、アポロンなど数多くの神々が人間くさい物語を繰り広げるお話です。
そのハイライトがトロヤ戦争で、「イリアス」という本に描かれているのです。

しかし、2冊とも一度も最後まで読み切ってません。
5回以上、チャレンジしましたが・・・、ダメでした。
(のちに開口健もおんなじこと言ってましたが)

さすがにあきらめた私が手にした本が、考古学者シュリーマン「古代への情熱」でした。049.gif

感動しました!
シュリーマンは子供のころからギリシャ神話が好きで、「イリアス」を読みふけってましたが、
シュリーマンはおとぎ話とされていたこの物語が実在のものと確信し、トロヤの都市遺跡発掘にのりだすのです。

もも太郎読んで、鬼が島の宝物をほんとうにあると探しに行くようなものです。

地中海の広大なエリアの中で彼は本からのイマジネーションをつてに、ついにトロヤの都市遺跡を発見したのでした。すごい!!!049.gif

好きなことを信じて突き詰めた結果ですね。  

なんだか、出来るような気がします~~、って気持ちになります。




では、ついでに学習コーナー「ギリシャ神話トロヤ戦争凝縮版」です。063.gif
(映画の内容とは関係ないですからご安心を)

 「もっとも美しい女神へ」と書かれたリンゴが神々の席に投げこまれたのがことの発端。
このリンゴをめぐって、ヘラ、アテナ、アフロディテの3人の女神が争いはじめる。
裁定をまかされたトロヤの王子パリスは愛の女神アフロディテにリンゴを与え、ほうびとして与えられた世界一の美女、スパルタ王の妻ヘレネをトロヤに連れ去った。

 当然、妻を奪われたスパルタ王は激怒した。
ギリシア連合軍が結成され、1000隻の大艦隊がトロヤに押しよせた。しかし神々もまきこんだ戦争は長びき、10年間もダラダラと続いた。

 戦争10年目、ギリシアの英雄アキレウスは、妻を寝取った総大将に腹を立てて戦線を離脱した。
たちまちギリシア軍は押しまくられ、敗北寸前に。
しかし、親友が戦死するとアキレウスは戦場にもどり、トロヤの大将ヘクトルを討ちとった。

 このアキレウス、幼い頃、母親によって冥府のスティクス川に入れられ、不死身になっていたのだが、母親がつかんでいたかかとだけが生身のままだった。
そこへ、パリスの放った矢が突き刺さり、さしものアキレウスも絶命する(アキレス腱の語源ですよ!)。

 ふたたび、戦いは膠着した。ギリシア軍はついにひきあげ、後には巨大な木馬が残された。
トロヤは勝利を確信し、木馬を女神アテナに奉納しようと城内に入れた。
しかし、これはギリシアの知将オデュッセウスのしくんだ罠で、木馬の中には50人のギリシア兵がひそんでいたのだ。

 トロヤの神官ラオコーンはこの計略を見破り、木馬を破壊するよう主張した。
しかし、ギリシアに味方するポセイドンの送った海蛇によってラオコーンは殺され、トロヤの人々は結局、木馬をトロヤ城内に入れてしまう。
その夜、木馬のギリシア兵は町に火を放ち、城門を開け放った。ギリシア軍がなだれ込み、トロヤはついに滅亡した…。



「アキレスけん」って意味もわかったね!
by moriken1103 | 2010-03-23 10:17 | 学習コーナー | Trackback | Comments(0)

DVDリリース

卒団式の日、6年生へDVD「第3章」「最終章」を配布します。058.gif

テーマは基本的に1年間の記録と思い出ですが、最終章は「10年後・20年後のみんなへ」という気持ちで作成しました。

「仲間がいて、父さん母さんがいて、監督・コーチがいて、おじさん・おばさん達にも支えられてた。今、親を見るとあらためて感謝を感じる」そう将来感じてほしい。

そして、社会の中で苦労していても、DVD見たらまたがんばるぞ!って感じてほしい、ってね。

お楽しみに!!037.gif
by moriken1103 | 2010-03-18 19:22 | サッカー話題 | Trackback | Comments(2)

春、 解禁

3月になりフライフィッシングも解禁!!

銀の延べ棒に会いに川に・・・・、

しかし、今日はヤマメもお休みのようで、ライズも少なく手にしたのは小さなヤマメ数匹、

例年と違い河辺で感じるのはサッカーのことばかり、

f0201170_885043.jpg


河辺で春の景色を堪能しながら、思いは「みんなんカップ」へ
by moriken1103 | 2010-03-17 08:11 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

書物「インナーゲーム」のご紹介

上達への近道~インナーゲームの実践:その1 「タン、タン」

左右より出された浮いた球をシュートするのは難しいですね。ましてバウンドが絡むと・・、
新人戦の決勝前に練習してましたが、とくにバウンド上がり際(ショートバウンド)の球には、かすったり、空振りしたり、

長くなりますが、私が学生時代より愛読していましたW.ティモシー.ガルウェイの理論を参考に紹介します。


ボールが地面に跳ねる瞬間と蹴る瞬間に声を合わせるのです。
「タ~ン、タン」や「タ、タン」など!!

ただ、上手く蹴ること、いいシュートを打つことばかりに頭がいっぱいだと上達にすごく時間がかかります。
ましてやフォームを意識したり、浮かせちゃいけない、・・・OOしてはいけないと考えると全然です。

昔テニスで新入生に教えたり、アルバイトでテニスコーチしてた頃、
「弾んで~、打つ」と言わせてました。ボールが地面にあたる瞬間「弾んで」、そして打つ瞬間「打つ」とタイミングを合わせて声にだして。
フォームの指導は少しだけにして、
すると、みなさん信じられないようにすぐに打てるようになるのです。
絶大な効果でした。
最大のテーマはタイミングです。
そして、意外なことは「こうして打たなければいけない。こうしよう。こうしてはいけない。」という、頭の中の自分(セルフ1)により本来の身体の動きが縛られてしまっているのを、解き放ってくれるのです。
この、「弾んで打つ」は当時のトッププロも練習で実践していたもので、もちろん私も取り入れてました。


サッカーに戻すと、ショートバウンドのシュートでは明らかに早くタイミングがとれるようになります。
Mケンとサッカーするとき、「ト、トン」と言わせながらドロップキックの練習(インステップキックの練習目的)、やや浮いたボールの弾み際のトラップ練習で「ト、トン」、サイドから転がしたセンタリングをサイドキックで確実にシュートする時は「ダン」とキックとタイミング合わせるように言わせました。
言葉とタイミングが限りなく合うように集中することで、大振りはなくなる、余分な力みが消える、ボールの行き先や結果を気にしてのヘッドアップが無くなる・・・、等の効果を実感しました。
(最近はしてませんが)

上記効果ぜひ試してみる価値あると思うよ。


インナーゲームの実践 :その2 (セルフ2を伸ばす)

さて、その1で述べた「タン、タン」の理論についてです。
テニスの試合でサーブの前に選手がじっとボールを見つめるのを見たことありませんか?
ベンチあるいはレシーブに入る前にラケットのガットを見つめながら指で直しているのを見たことありませんか。  
ガットを直している分けではないのです。  かっこつけて?  違います。
あれは「タ~ン、タン」なのです。


この説明の前にティモシー・ガルウェイの理論からです。

選手の心の中にはセルフ1とセルフ2の二人の自分がいて常に格闘しています。

セルフ1というのは、心の中で自分に「ダメだ」「OOしてはいけない」「もっと、OOしなさい」と責めたり、励ましたり、命令している自分です。
セルフ2を信頼しておらず、結果より判決を下してセルフ2を非難します。
じつはセルフ1は何もすることはできず、本来能力・実行力を持つセルフ2の働きを妨害してしまうのです。

セルフ2とは無意識的あるいは潜在的な身体能力をすべて含んでいる自分です。
練習で培われた自分でもあるでしょう。練習で培われたセルフ2が最大限働けば選手は能力を100%発揮したことになります。

このセルフ1は常に言語によってセルフ2に命令を下します。
「OOしなさい。もっとOO。OOしちゃダメだ」と。
ところが、セルフ2はすごくナイーブな自分で引っ込み思案です。その上、セルフ1の言語での命令を理解できない。
すると、この命令は不本意な結果に終わりがちで、その結果にたいしてセルフ1はセルフ2をさらに厳しい非難、命令し、悪循環に陥るわけです。
上手く行かない!と。


サッカーでもゴルフでも、なんでも調子いいときはイケイケです。身体に任せて素直にいけばいいのです。
ところが、ひとたび自分自身のことを考え出すとダメです。明らかに上手く行かなくなります。
(セルフ2優位のイケイケ状態で戦術やマネージメントを考えることはいいのですよ。混同しないで)

褒められない例ですが、テニスの試合で(ゴルフでも)どうしても勝ちたい格上の相手に
「今日はいいですね。特にバックスイングのトップがピタッと止まって最高ですね。いや~いいわ、そのトップ!」
って伝えると、相手は自滅していきます。セルフ1が強いかたは絶対。
褒められて嬉しいのですが、意識がトップに行くことで、セルフ2が消えてしまうのです。
「褒め殺し」の理論です。 


ではセルフ1による妨害を阻止して、セルフ2を最大限に引き出すためにはどうするか?
ガルウェイは意識を「現在、この場で起こっている事態」に集中させることが重要と言ってます。
善し悪しの判断をせずに、「変化する知覚要素」に集中することが重要とも。
単純に集中力を高めるということです。セルフ1を消しさるのです。
このために、テニスプロが行っているのが、ボールのケバケバに集中する。ラケットのガットを直すです。
マネージメント・戦略を決めたら、ボールのケバケバやガットを見つめ意識を一旦そこに集めるのです。すると、セルフ1が黙り、力みが消え、最大限の力を発揮できるのです。
つまり「タ^ン、タン」と言葉とタイミングを合わせることに集中すればセルフ1を押さえ込めるのです。

また、セルフ2は言葉は理解できないが、感覚的なイメージには反応しやすいと言われてます。
自分が望むような場面・流れ・プレーの感覚イメージを描くことがセルフ2への指示として有効です。



インナーゲームの実践 :サッカーへ(集中力とイメージトレーニング)

では、サッカーにどう生かすか?
団体競技、チームプレーでは多少難しいところがあります。
しかし、個々の練習ではこの理論非常に可能性を秘めてます。
ボールのケバケバに集中するように、たとえば「タ~ン、タン」と言葉に集中するとタイミングの習得が早くできます。
「ooしちゃいけない」という見えない重圧でますますぎこちなくなるのが、スムーズにシンプルな動きとなります。

長々と理論を説明しましたが、「タ~ン、タン」の裏付けです。


ブログでネガティブな事は極力記載せず、よかった点を取り上げるようにしているのも、そのことに起因させているつもりです。いいイメージでセルフ2を刺激!

そして、戦術は頭で「ooしなきゃいけない」ではなく、練習でよいイメージとしてシュミレーションさせたものを身体に憶えさせます。
あとは、セルフ2がそのイメージを実現させてくれます。

これは練習と経験にもとづく大変なものでしょうが、日頃よりイメージトレーニングも大切だということです。
そのため、トッププロはイメージトレーニングも取り入れ、試合前は勝利する自分をイメージし、試合中場面によっては逆転する自分などもイメージできるように訓練をするとのことでした。
同時にネガティブなイメージはしない訓練も。

先日の決勝はチームとしてものすごく集中できていました。
その経験を繰り返すことで、いいイメージを植え付け、チームとしてさらに飛躍すると思います。

小学生にはちょっと難しかったでしょうが、
「タ~ン、タン」ぜひ実践してみて。
シュートで、トラップで! インステップキックできない子はドロップキックで!
そして、試合に臨むときはドリブルで抜き去る自分、パスをまわす自分、セーブする自分、勝利するチームのイメージを持つこと!


参考文献:1976年「インナーゲーム」ティモシー・ガルウェイ著 日刊スポーツ出版社

世界中のテニスプレーヤーが愛読する「インナーゲーム」おもしろいですよ。
ゴルフ編、仕事編、演奏編、スキー編もあります。
by moriken1103 | 2010-03-14 17:55 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

大分市少年サッカー新人大会 デジブック

デジブック作成しましたよ。

西の台写真集にもアップロードしておきます。


準優勝の涙、いい涙でした。

6年生からの「宝の地図」もしっかり受けとめました(にじが丘JFC055.gif さんより)


明日から再スタート! 
次は「みんなんカップ」です。     4/3~4/4国東で盛り上がろう!!


おやじの会 2/27(土曜) 輝ちゃん予定です。
皆さん、ぜひ068.gif


by moriken1103 | 2010-03-08 21:06 | 西の台JFC | Trackback | Comments(2)