<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

写真集アップロード

TOPチーム・春季リーグの写真集アップロードしました。
リンク内の写真集から見れます。

今回は仕事の都合で全試合ではありませんが、
PKの勝利、最終戦の勝利は本当にうれしかったですね。

なかなか、皆均等にいい写真は撮れてませんが、今後1年かけて写真がたまればと思ってます。

タクミ父とも話したのですが、試合応援するときカメラ覗いてると、正直、応援を十分楽しめない部分があります。
本当は興奮するはずが、カメラ覗いてるとすごく冷静になってしまう・・・(報道カメラマンの心境が少し分かるような気がきますが)。
しかし、この写真は将来子供たちの宝物になるはず・・・!
と、信じて・・・・・・・、
by moriken1103 | 2009-06-30 23:50 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

春季リーグ得点シーン

リーグ最終戦、どうしても点がほしかった。
ダイちゃんが抜け出た、・・・・
f0201170_955561.jpg



f0201170_101845.jpg



f0201170_1013551.jpg



f0201170_1024080.jpg



f0201170_1031355.jpg



f0201170_1034973.jpg



f0201170_104485.jpg



f0201170_1052471.jpg

ゴールに吸い込まれるまで・・・・・・、時間が止まった。

コーナーキックからタクミのナイスヘッド
f0201170_1013691.jpg



f0201170_10133176.jpg


三点目
f0201170_1017576.jpg



f0201170_10323349.jpg

ナイス!
けど、もっと喜ぼうぜっ!!
得点を喜ぶ振り上げた「こぶし」「両手」が、更なるやる気を奮い立たせるんじゃない、


今回は、勝つためにほんと点がほしかった。
写真がフォアード中心になってしまいましたが、キーパー、ディフェンスみんなの力でできた得点です。
写真の裏にはそういう背景があることも表現したいのですが・・・。

「後ろの声は神の声」
キーパ、ディフェンスのみんなの写真も含め、近々アルバムにのっけますね。
by moriken1103 | 2009-06-30 10:22 | 西の台JFC | Trackback | Comments(4)

1部リーグ決定

春季リーグ最終、5日目
対坂ノ市

f0201170_16443287.jpg

気づきました?なんと、この青い空!
今日は青い空のもと、勝利に向かって、走り回っていました。
f0201170_16471192.jpg

3-0勝利!
さあ、1部リーグ決定だ!
f0201170_16524859.jpg


転校で本日がTOPチーム最後のリュウセイを囲んで記念写真
f0201170_16491251.jpg

すこしナイーブなとこがあるけど、リュウセイの野性味あふれるスピード、闘志は素晴らしかった。
福岡でも、がんばれよ!
by moriken1103 | 2009-06-28 16:58 | 西の台JFC | Trackback(1) | Comments(3)

インナーゲーム

大学時代はテニス漬けでした。
完全に毎日2~3時間は練習してた。土曜・日曜日は昼からずっとなんてしょっちゅう。
そんなに毎日練習しても、最初はなかなか勝てなかった。
ところが、勝ち始めたきっかけの一つに2冊の本がありました。
たしか「インナーテニス」「インナーゲーム」。072.gif
ちょっと古い本ですが、テニスに限らず世界中のトッププロが実践していた、集中法の紹介です。昔の記憶の話ですが・・・・

大事な場面ほど選手は緊張する。
緊張して、アドレナリンが分泌されればいいプレーができるか?
一発勝負なら、一か八かなら、ともかくも、答えはノーです。
いかに平常心で、プレッシャー無く、伸び伸びと普段の最高のプレーを出し続けられるか、が大切なのだと。集中力とはそこなんだと!


そのためには、
 例1:テニスの試合中のインターバルや、サーブ前など、ボールのケバケバを見てそこに集中する。ケバケバに集中しているから、余分な力みが消える!
例2:緊張しかけたとき、自分の呼吸に集中する。あるいいは、緊張度を1~10段間でどこに相当するか自己評価する。つまり、自己評価する自分に集中することによって、本来の緊張を忘れるっていう目的です。
例3:テニスのストローク、特に試合前の練習などで、「弾んで・・打つ」と言葉で繰り返す。ボールが地面に当たる瞬間にあわせて「弾んで」とつぶやき、打つタイミングに合わせて「打つ」ってつぶやくのです。声をタイミングに合わせることに集中することで、余計な力が抜けるし、緊張も忘れるし、ストロークもよくなる!!
(テニススクールでコーチのアルバイトしてたときに、全くの初心者へ教える際、細かなことは教えずに、この「弾んで・・・打つ」をさせると、あっという間に信じられないぐらい打てるようになってました。絶対的自信!!)
もっと、いい話はいっぱいありますが・・・・、

サッカーでは具体的にどう活用?・・・ボールのタッチにはリズムや感覚的な要素が多そうだから、発声法や呼吸法なんてのはいいかもしれない。そして、なによりも気合の抜けたリラックスでなく、集中したリラックスのヒントになるかも。



イメージトレーニングの大切さにも言及してました。

(場面変わって)
Mケンと風呂場で
「おれもやってるよ、
たとえばクボタがトップに入ったとして、俺がクボタにパス出すと、クボタからパスが帰ってくる、
それをダイレクトでモリキョウに出して、モリキョウがいっきにゴールへ突っ込み、シュート、
とか、
モリキョウがライン際を上がり、俺がちょっと遅れてふくらみながら上がって、モリキョウからディフェンスの裏(キーパとの間)へセンタリング、
それを俺がサイドキックで確実にシュート。
このシーンは3月の6年生のみんなんカップで明野北に1-0で勝ったときのシュートなんだけどね。」
なるほど、ある程度は経験からいいメージは残ってるんだ。
もっと、たくさんのシーンを想像してイメージトレーニングしたらもっと幅が広がるんじゃないの。

「そうだね。
けど、俺6年のサブだからいつも試合見ながら、すごいいいシーンがあったら、俺がそこにいるみたいに想像してるし、
上手くいかなかったら、俺がそこにいて、あーして、こーなって、シュート、やったー、みたいな想像してるよ。
だって、万が一、俺が交代で出るときには、流れが変わったって言ってほしいやん。」
OK!!
ただ、ああすればよかったとか、こうしたらいけない、なんてマイナスのイメージトレーニングはしたらいけないんだって。マイナスのイメージは頭が精神も身体も縛りつけちゃうらしいよ。033.gif

もう一つ、一流プロがやっている一番大切なこと。
それは、「勝ったシーン」を何度もイメージすること。「点を入れて喜ぶシーン」も。003.gif
そのイメージを前もって頭に焼き付けてから、試合に臨むことがとっても大切。

「分かった、じゃ試合で苦しい状況になったらそうしてみる。」
いや、試合中にイメージ脹らませようとしても、緊張したり追い込まれたりしてたら、いいイメージなんて沸かない。前もってしっかりイメージしておいて、試合中は集中プラスリラックスや。イメージがしっかりしてれば、最後まで「勝ったシーン」のイメージに向かって自然と心も身体も動き続けるし、あきらめかけたり、焦って動きが悪くなるなんてならないだって。
「分かった・・・・、もう熱いから先に出るよ・・・・」

へんな緊張や力みの無い集中した状態で、ゲームのイメージトレーニングが自然と実践できたら、成功や・・・!(残されて独り言)。

集中法、イメージトレーニング・・・勝つためのヒントが十分ある気がします。
by moriken1103 | 2009-06-25 22:55 | 独り言 | Trackback | Comments(6)

おやじの会アングラーズ・アンド・カンツリークラブ

ラボーナパパとヤマメ釣りのプチトリップ
ラボーナさんはルアー、私はフライフィッシング
三重町を抜けて一路宮崎の渓、日之影へ

雨でしたが水はクリアー
早速ラボーナパパのルアーに綺麗なヤマメヒット! オーパ!!
立て続けに5匹。見事です!
f0201170_821060.jpg


私は増水でフライ苦戦。なんとか3匹。よかった。

お昼には高千穂経由でイワナの棲む大野川源流へ・・・
しかし、増水で濁りが増し、惨敗
・・・。
祖母傾山一周のプチトリップでした。
当然車中ではサッカー話題盛り上がり、楽しかった。
おやじの会アングラーズ・アンド・カンツリークラブ募集!!
by moriken1103 | 2009-06-24 08:24 | フライフィッシング | Trackback | Comments(1)

燻製

のんびりと過ごし、夕方から燻製つくり

今日は砂肝とサーモン
f0201170_8235220.jpg


ビールをカーッと流し込み、焼酎はやめて、今日はスモーキーなウイスキーでちびちび
f0201170_827030.jpg


砂肝は市販のジャーキーなんかよりずっといい感じ!
サーモンは最高!!予想以上の出来!
久々の燻製だけど、やっぱ旨い!!!

近所の温泉できたら、サッカーの応援の後、風呂上りに燻製で一杯・・・・・。
また、日曜の夕方の楽しみができます。
by moriken1103 | 2009-06-22 08:34 | お気に入り | Trackback | Comments(4)

ピエール・ド・ロンサール

この春のバラの写真を見てたら、なんと目玉のピエールさんが抜けてました。
ちょっと前までは、奥さんに一番好きなバラなんていわれてたのに・・・。
遅ればせながら、ピエール・ド・ロンサール Pierre de Ronsard
f0201170_7242562.jpg



f0201170_7252066.jpg

16世紀フランスの薔薇の詩人 ピエール・ド・ロンサール の名前がつけられたバラ、優雅で豪華
f0201170_7253924.jpg

by moriken1103 | 2009-06-19 07:30 | バラ | Trackback | Comments(2)

一生懸命だと知恵がでる 中途半端だと愚痴がでる いい加減だと言い訳がでる

先日の中学の同窓会で先生に差し上げたプレゼント、
桜の樹皮で出来た、秋田県の職人さん手作りの茶筒
f0201170_22112170.jpg

あらためて見直すと、やっぱ職人さんの技はすごいや!


「私たちが先生とお会いしたのも桜が咲く春でした。
 卒業する頃も桜の木に蕾がつき始めていました。
 そして、上野が丘中学校の校章も「桜の花に中」と描かれたものです。
 私たちからのプレゼントとしてはぴったりのものだと思っています。」

教え子からの挨拶にうれしそうな先生、
そしていただいた30年ぶりのお言葉

f0201170_22164052.jpg


この言葉は一生の宝物、子供にも伝えよっ!
by moriken1103 | 2009-06-18 22:28 | 独り言 | Trackback | Comments(2)

2009年春その1


by moriken1103 | 2009-06-16 00:02 | Trackback | Comments(2)

高崎山 おもしろい!


海たまごは何度か、息子とジョギングやサイクリングがてら行きましたが、高崎山にはほとんど・・・・。
大分に帰って10年で1回だけ行ったことがあるかな?

久々にぶらっと行ってみました。
すると、侮る無かれ、おもしろい!
お猿さん見るだけじゃなくて、スタッフのお話に聞き入ってしまいました。

毎朝、山から降りてきた母ザルたちは、広場の奥の通称、高崎山幼稚園に子供を預けてから、散らばるのだそうです。
夕方には、子供を引き取りに来て、山に帰るそうです。
幼稚園といっても、一角にジャングルジムだの滑り台だの遊具が集まっただけ。
確かに小猿がいっぱい。かわいい!
f0201170_1385298.jpg

なかなか、カメラ目線にならないのですが、スタッフが「おい!って呼ぶと、こっち向きますよ」と。
「おい!」・・・確かに!
f0201170_1343093.jpg


2年前生まれたばかりの小猿が母親に捨てられ、栄養失調で瀕死の状態でした。
他の母親は自分の子供以外まったく面倒は見ない。
いつ何時、自分の子供が幼稚園で泣き出したときには、飛んでくるそうですが。
この子はおっぱいと、愛を求めて他の母親に近づくも、威嚇され、絶望状態。
悩んだスタッフのチャレンジ、行動は、・・・・・・・(書きたいけど、直接聞いたほうがいいかも、感動しました!)・・・・・・・・・
現れました。一匹のメスザルが。
彼女はそっと、この子の背中に手をまわしたそうです。
おっぱいと里親に出会い、今は元気に2歳。そして、毎朝・・・・・・・・・・・・・・・・(またまた、感動!)。



小さな世界ですが、いたるところに家族が。
f0201170_135825.jpg


大分県人はいつでも行けると、意外と行かないんです。
おすすめ。侮る無かれ、高崎山。

帰り、息子に「おい!」って声を掛けると、さっと振り返りました。
その後、『しまったっ!』って顔して、不機嫌!
by moriken1103 | 2009-06-15 13:10 | 散歩 | Trackback | Comments(0)