<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お風呂場 その2

この前の練習試合どうだった。
「シュートけっこう打ったけど、ダメだった。そういう日もあるよ。
アシストはあったよ。
試合でうれしかったのは、津Oコーチに褒められたことかな。」

「なんて?」

「試合前に5年生達に、『ボールを持ったら周りを見てからパスを出すなり考えろ』っていわれたんやけど、俺褒められたよ。ちゃんと見てたって。」

「お前だけ?」

「いや、HッシーとかMキョウとか他にも何人か褒められたよ。けど、褒められると、やっぱうれしいね。」

「そうか、じゃあの日は津Oコーチのアドバイスを意識して試合したんだ。」

「うーん、俺さあ、試合前にアドバイス受けると、よし、そうしようっ、思うんだけど、試合が始まったら、夢中になって忘れちゃうんだよね。
ただ夢中でプレーして、終わったら褒められたって感じかな。」

「まてよ、それってちゃんと与えられた課題をクリアしたことにならないんじゃないの?」

「えっ、そう?だって、できてたって、褒められたんだよ!いいやん! 先に上がるよ!」

「・・・・・・・・・」

考察:たしかに、子供ってもしかしたら大人みたいに頭で考えず、感覚で、身体でクリアできるのかも?
ゴルフの雑誌読んで、真似しても、タイガーウッズのように打てないもんね。
かといって、自己流で練習していたら、どんどん泥沼へはまり、みるも無残なフォーム完成。大人って、頭で考えようとするから、そのことに振り回されて、自然な理にかなった動きを習得しづらいのかもね。
そのてん子供って、繰り返すうちに、フォームが綺麗になるし、アドバイスもへんに頭で考えすぎず、身体で(感覚で)受け止めるのかもしれない。(いいように考えればですが・・・?)
もちろん、戦術やバランス、約束事等々はちゃんと考えなきゃいけない!!

そうか、私がゴルフでイップス病になった原因が分かったような気がする。
・・現在、完全克服。治癒です。・・・・長く苦しい日々でしたが!

というわけで、二人のキッカーで、感覚とバランスのイメージトレーニング。

力まずバランスよく蹴れたボールはイメージ通りの放物線を描いて、チャンス!!!
f0201170_22525120.jpg



f0201170_2255910.jpg



f0201170_22553431.jpg



f0201170_2256486.jpg


バランスよく、柔らかく振り抜いて、・・・・ゴ~ル!!!
f0201170_2353060.jpg



f0201170_236825.jpg



f0201170_2362925.jpg

by moriken1103 | 2009-05-28 23:12 | 西の台JFC | Trackback | Comments(6)

バラ最終majika

バラもどんどん散りはじめています。


ランブリング・レクター Rambling Rector
f0201170_1946430.jpg



f0201170_19464954.jpg



スゥートジュリエット Sweet juliet
f0201170_19512751.jpg



ゴールデンセレブレーション Golden Celebration
f0201170_2352324.jpg

香り高いイングリッシュローズの代表といえるバラで、あらゆる点でレベルが高く「黄金の祝典」という名前にふさわしいバラです。



メアリーローズ Mary Rose
f0201170_219503.jpg




スピリット・オブ・フリーダム Spirit of Freedom
f0201170_21132376.jpg



アンティック・レース Antique Lace
f0201170_21575920.jpg



f0201170_22514334.jpg

比較的大きな花と細い茎なので、きちんと背筋を伸ばしたバラに育てるには難易度の高いバラです。


ソニアリキエル Sonia Rykiel
f0201170_2283598.jpg



サマーソング Summer Song
f0201170_2213524.jpg



シャンテ・ロゼ・ミサト Chant rose misato
f0201170_22323175.jpg

歌手・渡辺美里さんに捧げられた「バラ色の歌・ミサト」。仏語でシャンテは歌、ロゼはバラ色。


シーザー Cesar
f0201170_22401944.jpg

古代ローマでシーザーが・・・・、なんて想像したりするのですが、1993年にフランスでつくられたバラ。


ジャネット Janet
f0201170_22445088.jpg



ヒストリー History
f0201170_2248585.jpg



もうすぐバラも終わりに近づいてます。
by moriken1103 | 2009-05-25 22:54 | バラ | Trackback | Comments(2)

30年目の同窓会

中学校3年生の同窓会が昨日ありました。
幹事の連中と協力して約18名の参加!
f0201170_1724533.jpg

懐かしい写真も持参され大盛り上がり。
f0201170_17243759.jpg

修学旅行で旅館でのポーズ! 懐かしい。


サッカー部の仲間がいて、昔話。
あの試合のコーナーキックのとき・・・・・。
あの試合でオフサイドトラップかけたとき、OOが一人上がり損ねて・・・・。

30年前のことだけど、試合の場面はいっぱい記憶に残ってた。


西の台JFCの皆も数十年後には日々の試合の思い出を語るんだろうな。

昔の自分たちと、今の子供たちが重なり合い、なんとも感慨深い。
けど、やっぱ一番は試合の結果やプレーより、仲間なんだなあ!

もちろん、サッカーだけでなくクラスの仲間との思いっきりバカなことをしたこと。
話題はつきなかった。それだけ、中学の青春時代を謳歌してたんだ。
楽しかった!!!
by moriken1103 | 2009-05-24 16:38 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

おやじの会末永く編



にじが丘さんの「家の周りを散歩するとサッカー関係者に数人会う」とありましたが、
この地区にすんではや10年。
名前は知らないけど顔は知っていいるという人もずいぶん増えました。
息子のサッカー通じて知り合いになったお父さん、お母さんも確実に増えました。

10年前までは転々と引越しを続け、子供たちは今の家が6件目。
やっと、居ついたこの地は彼らにとって、永遠のふるさととなる地なのでしょう。

私も高崎で一生を過ごすのかなと思うのですが、・・・・・・

(数十年後)・・・
年取って早朝の散歩(電動カートだったりして)や、夕方こばと公園のベンチにすわり子供たちを眺める日が来るのでしょう。
そんな時、サッカーおやじ達に出会い、杖を片手に昔話。
輝ちゃんは坂の下で行ったら帰えって来れないかもしれないので、妻に内緒で新鮮市場でビールを買って、こばと公園のベンチで。

Nじいさん:  「おうモリじいさん、久しぶりやね。」
Mじいさん:  「Nじいさんかい。めずらしいな。あんたんとこん息子は最近どうかえ?」
Nじいさん:  「ぜんぜん寄り付きもせんわ。昔はあげ~サッカーの応援しちゃったにの~」
Mじいさん:  「ほんとや、お互い正月にまんごが帰ってくるのだけが楽しみじゃ。けど去年ん正月は家族でハワイに行くとかいって、帰ってこんかったわい」
Nじいさん:  「そりゃ、さびしいの。」
・・・・・
・・・・・
Mケン:  「父ちゃん、こんなところで何しよんの。また、ビール飲みよん。先生からダメち、言われてるやろ。何回言われたら分かるんかえ」
Nじいさん:  「あんた、モリじいさんの息子かえ?いっしょに住んじょんの?」
Mケン:  「そうですよ。もしかしたら、OO君のおいちゃん?久しぶりです。すんません、おやじがまた分けのわからんこと言ったんじゃないですか」
Nじいさん:  「そんなことないで!心配ないけん。久しぶりに会って盛り上がったところじゃわい」
Mけん:  「もう、おやじ!帰るで! おじちゃんも気をつけて。」
Nじいさん:  「ありがとなあ。久しぶりあんたに会えてうれしかったわ」
・・・・・
・・・・・
・・・・・・
Mケン:  「なあ、おやじ!あのおじちゃんと毎日、同じじことしゃべって楽しんかえ。
おれも、あのおじちゃんに会うたびに、毎回始めてあったようにしゃべるの疲れるわ。
聞きよんの?」



すみません、禁断症状で幻覚が・・・・・
by moriken1103 | 2009-05-21 21:33 | 独り言 | Trackback | Comments(1)

ちょっと芸術

今朝も36時間勤務明け、もんもんとした頭が求めるものは清き流れとと青い空 (ほんとはただ釣りがしたいだけ).
眠気も忘れ、本業(?)のフライフィッシングへと行きました。
さすがに、疲れ気味なので遠出は控えて九重高原へ。    ついたときはドピーカン。
f0201170_23334260.jpg

まずは、以前よりCDC(カモの尻毛)を注文してたので、リバーインへ。
田中さ~ん、田中さ~ん、・・・・不在かあ。 

ならば、さっそく、鳴子川へ。
この天気と暖かさ、そしてまっ昼間なのでまあ釣れないでしょうが、
気持ちよく川に浸かれば, なんて気持ちでのんびり。
f0201170_23102157.jpg

ヤマメは見えるけど、ちょう渋い。
虫もカゲロウやカディスがちらほら飛んでいるけど、捕食しているのはユスリカのようです。
小さめのフライ(コンパラダン)にアタックはあるものの・・・・・・・。

今期はじめてのボウズ!!!。

まあ、予想はしてたので、気持ちよく川に浸かっただけで満足です。

気分転換に昼飯、蕎麦じゃ、蕎麦じゃ。

お気に入りの「あるがまま舎」へ。
この春から、エルランチョグランデの並び、大分から見てちょっと奥へ移転しました。
田中さんも一押し。
私も、ここの蕎麦大好きです。九重に来ると、むしょうにここの蕎麦が食べたくなる。
ざる大盛り。
f0201170_23422688.jpg

今日の蕎麦は「のどごしは今一歩やろうけど、どう?」
確かに、ツルツルって感じでないけど、香り・風味が心地いい~。
ズルズルっと、あっという間に満腹。
「あるがまま舎」おすすめです
しかし、来るたびに蕎麦って味も、風味も、食感も違う。店主もその時その時でこだわっているみたい。
蕎麦って芸術?!
しばし、他のお客さんたちと談笑の後、大分へ。

妙に「芸術」って言葉が頭にこびりついて・・・

チャレンジ芸術
f0201170_2346521.jpg

名前は知りません
f0201170_005572.jpg

しばらく、植物図鑑みたいになってたから、こんなのも楽しいかも!
by moriken1103 | 2009-05-20 00:01 | フライフィッシング | Trackback | Comments(4)

陽気なシーサー

我が家にはよく見るといくつかシーサーがいるのですが、この方が玄関にいらっしゃるシーサーの親分です。
我が家を守りながら、帰ってくると笑顔で迎えてくれます。
悪いやつが来たときには、身を挺して守ってくれるので、身体中が傷だらけ。
f0201170_21581586.jpg

この顔大好きです。じっと見てると、癒されます。

この顔で朝出かけるときは、「ちばりよ~」(がんばれよ)って語りかけてくる気がするし、

へとへとで帰ってきたときは、 「なんくるないさ~」(なんとかなるさー)って、

休みの日にじっと見てると,
「いちゃりばちょうでぇ~」(出会ったのもなんかの縁、兄弟と思って、語り合い、楽しくすごそうよ!)

西の台JFCのみんな、 「ちばりよー、なんくるないさ。いちゃりばちょうでぇ~」
f0201170_21584349.jpg

by moriken1103 | 2009-05-18 22:08 | ガーデニング | Trackback | Comments(1)

5年生の皆さんへ~桜カップDVDできましたよ

5年生の皆さん、先日一部の方にお見せした桜カップ優勝記念プレミアムDVDがリリースされました。
f0201170_20475662.jpg

さくっと作成するのは簡単なんですが、人数分のコピーは時間かかっちゃいました。
レーベルの印刷して、ジャケット印刷して完成。
ほんと簡単なんですが、ただ時間が・・・・。
遅くなりましたが、近日機会をみてお渡しします。

試合観戦って、こっちも興奮してるし、いいキックをしただとか、点が入っただとか見てますが、
プレーは見えても、子供の表情や真剣さは意外と見えないんですね。
写真撮る時、最初は試合の記録やいいプレーの記録のような感覚でしたが、たまにアップで見せる子供たちの表情にびっくりしました。
写真で見るとひきつった顔、揺れ動く筋肉、集中した眼差しが垣間見れることに気付きました。
次第に、その背中姿にも表情が感じられるようにも思えてきました。
スライドショーですから、試合の流れやリアルなシーンの再現はできませんが、ぜひ子供たちの必死な様子を見てあげてください。
逆光で見難かったり、たくさん写っている子と少ない子がいにたりしますが、写真を撮る位置にどうしても制約があったりして、十分でない点はご了承ください。

ご家族でご鑑賞の後は、ぜひ子供たちの記念に残る形で保存していただければ幸いです。
子供たちの記念になると思います。
我が家の高校生の長男・次男も中学時代にご父兄の方から頂いたDVDを大切に持ってます。
by moriken1103 | 2009-05-17 21:14 | 西の台JFC | Trackback | Comments(1)

散りはじめました

お昼前から風が強くなり、いくつかのバラが散りはじめました。
午後は雨・・・・・


ジェントルハーマイオニー GENTLE HERMIONE
f0201170_11211030.jpg

推測だけどハリーポッターの作者って、バラが好きなんだと思う。
ハーマイオニー以外にウィーズリーってバラがあります。ウィーズリーってロンの性ですよ。
それからハリーというバラもあります。正確にはキャプテン・ハリー・ステビンクス。
そして、ハリーポッター最終章ではロンとハーマイオニーが結婚して、できた子供がローズ!!!



ヴェルサイユ
f0201170_11322918.jpg

ご存じ「ヴェルサイユのバラ」。フランス革命初期の話だけど、少女マンガはちょっと・・・・?



ジュリア JULIAS ROSE
f0201170_11413554.jpg




イージーゴーイング Easy Going
f0201170_11483158.jpg

イージー・ゴーイングって、何となく70年代のウエストコーストサウンドを愛していた世代にはなんとも心地よい響きなんですね。テイク・イット・イージー:ご存じイーグルスのデビュー曲です。「気楽にいこうぜ」てな感じの意味で、当時私にとって、せこせこした日本から自由なアメリカに憧れる象徴でした。イージーライダーなんて映画もあったな。イージーって簡単って意味以上に、すごくおおらかな感じがする。
Are you on the easy street? So-so! Take it easy, man.  なんてね!



タモラ Tamora
f0201170_1281577.jpg

by moriken1103 | 2009-05-17 12:12 | バラ | Trackback | Comments(0)

負けた悔しさ



試合に負けた悔しさ、それも大きな試合で、勝つつもりの試合で負けた悔しさは言葉にならない。

34年前、小学校6年生最後の試合、大分県代表・九州大会出場がかかった最後の試合・決勝で津留小学校に負けました。
今でもあのときの言いようのない苦しさ、虚無感、脱力感は忘れられない。
ずいぶん長く引きずりました。
その時の心情は一生忘れられません。

中学に入っても、引きづってました。
小学校からのサッカー仲間は、皆同じ心境だった。
だから、その仲間たちは中学での練習でも、必死でした。二度とあんな気持ちにはなりたくないと。
かっこよく表現するとリベンジですが、もっと差し迫った心情でした。

当時私たちの最大の目標であるワサダ中学は九州フェスティバルという九州の強豪チームの招待試合で優勝していました。
我々は、ワサダに勝つことが唯一九州大会に出場できる道だと、なんども練習試合を組んで作戦を練っていました。当然練習試合は全敗。
しかし、次第に勝つ道が見えてきたのです。
ワサダには堂Oという最強フォワードと金Oという最強ミッドフィルダーがいて身体も大きく完全に試合をコントロールされていました。
監督の私への指示はセンターバックであった私が徹底的に堂本をマークし、絶対にボールを触らせない。
堂本へ来るパスはすべて直前に一歩前に出てカットする。
ヘディングは身体も強く背の高い堂本に対し、一瞬先にジャンプし、身体をぶつけヘディングさせない。
そして、徹底したオフサイドトラップのコントロールでした。
最後の試合の直前の練習試合は0-1で負けたものの、ほぼ堂本は封じ込めたと確信に近いものを感じえるものでした。
とられた1点は一度だけ周りを意識して堂本をフリーにしてしまい、放たれたロングシュートでした。

本番の試合では準決勝でワサダと当たりました。
勝てる気がしていました。
結果、完全に堂Oをマークし、ラインを上げたディフンスのオフサイドトラップも機能し、堂Oはほとんどボールを扱えない状況でした。金Oも完全にマークできていました。

ボールを触りたいという焦りから、フォワードの堂Oは徐々にミッドフィルダーの位置まで引き始めました。
思う壺でした。
ワサダのフォワードは機能しなくなり、連携も乱れ、上野丘中学が1点先取。勝利!

決して気持ちがいい我々のサッカーでありませんでしたが、3年前の雪辱に固執した選手たちと監督の作戦による勝利でした。
勢いに乗り次の決勝、鶴崎戦も勝利し九州大会出場でした。

うれしかった?
もちろん! 
けど、なんだろう、めちゃくちゃ喜んだというより、小学校のようにならなかったという安堵感、やっと終わったという達成感のような感じでした。

何が言いたいかというと、悔しさはものすごいエネルギーになるんじゃないかということ。
正直今の自分があるのも、すべてはあの小学校6年生の時の辛さをもう感じたくない、というエネルギーがあるからのような気がします。
大学で満足の行くテニス選手時代があったのも、小学校6年の自分があったから。

追加すると、小学校5年生の大分市新人リーグ戦で、引き分けでも優勝という試合。
後半0-0で、ディフェンスの私は胸でのトラップミスでハンドを犯してしまった。PKで敗北。PKの瞬間から、試合終了、家に帰ってからもずっと時間が止まっていました。
さすがに堪えた。(今でも飲み会で、必ず言われる・・・心の傷1号を突っ突かれます)
それも、その後の向上心に火がついた個人的きっかけでもありました。当時誰も何も言わなかったけど・・。  ・・・・思い出すだけでも辛い!
辛く、悲しいのもいい思い出ではありますけどね。

弱小と言われていた二男の西中サッカー部も新人戦で後一歩というところで、苦杯をなめた。そのバネが、彼らの九州大会出場にもつながったのでしょう。

必ずしも、がんばればすべてがいい結果になる、というわけではありません。
また、結果だけを求めるわけではありません。
本来はサッカーというスポーツを理解し、好きになること。チームで助け合える友情を築くことが一番なのでしょう。
しかし、見守る大人として直面する困難をバネに飛躍してほしいと願っています。
勝利の思い出以上に、将来への糧になるのでは。
そして、がんばれたことは、きっと自信につながる。
今からだ!

先週の結果を聞いたとき東京にいて、感じたことをメモしてました。
by moriken1103 | 2009-05-16 21:48 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

ピークです

ピークを迎えたバラです。
今朝は天気がよかったので、早速カメラ片手に撮影。
しかし、白い花は白とびするし、露出をアンダーぎみにするとシャドー部が黒くつぶれるし、難しい。
なかなか、思うように表現できません。
高輝度側・階調優先やオートライティングオプティマイザなんて機能駆使して、露出も変えて撮ってみるものの、なかなか・・・・苦悩!
マニアックな世界で頭が痛い。
そのうちバラは去っていくし・・・・、癒されるどころか・・・・。
f0201170_022070.jpg

    しまった、バケツ片付けてなかった。
f0201170_0234838.jpg



f0201170_0262744.jpg



f0201170_027191.jpg



f0201170_0274562.jpg

by moriken1103 | 2009-05-15 00:42 | バラ | Trackback | Comments(2)