カテゴリ:フライフィッシング( 28 )

解禁

解禁

3月1日解禁日、竹田の川に到着時、気温-1℃ と、明らかに厳しい状況でした。
f0201170_18173137.jpg


やっと始まったガガンボの羽化(ハッチ)
f0201170_1817437.jpg


しかしヤマメのライズ(捕食活動)が始まりません。

待つこと4時間、ふと水面下に30cmをゆうに超える巨大なヤマメ2匹を見つけました。


すると、そのヤマメがライズ2回!!!!!


興奮のルツボ!!


期を見てフライ(毛ばり)をキャスト・・・・・出た!!


すっぽ抜けて、フッキングしませんでした。 ガックシ!!

以後、うんともすんとも言わず、終了!





本日はリベンジで2回目の川へ向かいましたが、ドピーカンの15℃


天気よすぎなのでマッチザハッチ待ちは止めて、祖母山熊本県側の山岳渓流へ


温かい日差しの中、冷たい川を釣り上がると、次から次へとチビヤマメが釣れます。
f0201170_18181116.jpg


どれも15cm前後。

15匹ほど釣って、大物が出そうにないので、大分県側の川へ移動。

今度は朱点が綺麗な中型~小型アマゴのラッシュ!!
f0201170_1820164.jpg



数年ぶりの、大物なしの3月となりましたが、魚影は濃いので今からに期待です。
by moriken1103 | 2016-03-15 18:21 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

来る解禁へ

解禁のマッチザハッチへ向けそろそろ準備です。



まずはフライ(毛ばり)をそろえなければいけないので、老眼にムチ打ってせっせと巻いてます。

f0201170_11174225.jpg


ミッジ(ユスリカ)、コカゲロウ、カディスと各々カラーとサイズのかけているものを補充!


昨年の川も思い返すと、羽化していたのはユスリカにシロハラコカゲロウが目につき、たまにナミヒラタカゲロウ、そしてもっとも多かったのがガガンボ。


さっそくガガンボ補充中です。
f0201170_11173139.jpg



行く川もポイントも決まってます。

あとは物品の補足、ラインの手入れ、ウエイダーの破れた穴の補修、花粉対策かな!!
by moriken1103 | 2016-02-21 11:18 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

解禁~マッチ・ザ・ハッチ

解禁から遅れること3日後、竹田へ行ってきました

到着と同時に雨、気温も低め、、、

カッパを着て河原で待っていると、チラホラとミッジ(ユスリカ)、そのごコカゲロウが飛び始めますが魚のライズ(捕食活動)は始まりません。


まつこと3時間半、ついに川の向こう岸の流れでライズ!!


川面を見るとガガンボが大量にハッチしてます。


と、あわててガガンボの毛バリに変えて流すと2投目!!


ちょっと、取り込みに手間取りましたが、31cmの尺アマゴ(少しギンケがきてますが)

f0201170_18272561.jpg



写真を撮って、優しくリリース。


いつもなら帰るのですが、なんだかもう少し、


さらに待つこと1時間、もう一つのライズ発見。


やはり、ガガンボで3投目!!


32cmの綺麗なアマゴです。
f0201170_1827409.jpg



初日で尺2匹とは!!


f0201170_18285770.jpg

by moriken1103 | 2015-03-03 19:05 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

川釣りはどなたも遊漁権が必要なんです・・・・

3月1日はヤマメ釣りの解禁


当日は出張でいけませんが、数日後にはと準備中。


大切なものの一つが、河川の遊漁券です。


Walkerさんで、大野川の遊漁券購入¥5400なり。
f0201170_19505236.jpg




ただ、大野川はデザインがダサい!! 大分川も、 



他の河川のは
f0201170_1951493.jpg



まあ、目立つのからなんでしょうが、




これが無いと密漁扱い、、、、


ただ、それ以上に、この漁業券の売り上げが毎年の稚魚の放流にもなるわけで、豊かな川を維持するためには必須なんですね。
by moriken1103 | 2015-02-20 19:54 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

解禁準備

3月の解禁へ向け、、、そういえばフライ(毛バリ)は???


ここ数年、老眼でフライ巻くのが億劫になり、激減!!

種類もサイズも穴だらけ・・・


さすがにこれでは解禁を迎えられないと、100均老眼鏡かけ、こつこつと巻いてます

定番のパラシュートを各種、、と久々だとなんか変!!笑
f0201170_1145839.jpg



カゲロウ模したCDCダンはいっぱい、、、
f0201170_1144177.jpg



見限られたら用もいくつか、、
f0201170_1142496.jpg



ガガンボも必需品
f0201170_1151067.jpg



羽化する直前、水面直下の状態
f0201170_1152264.jpg



ユスリカのフライ(ミッジ)ですが、老眼の身には巻くのも川で結ぶのも大変
f0201170_1153097.jpg



#28だと4mmぐらい!!  ですが、ヤマメがこれしか食べてないときはミッジでなければ釣れないので仕方がありません。
f0201170_1154048.jpg




そこで、私の最も大切な味方はフィルソンのハットに取り付けたフリップ・フォーカル
f0201170_11235548.jpg



年よりの証明書みたいで恥ずかしいけど、、、、



あとは花粉対策でいざ!


 と、解禁日は出張。。。。悲
by moriken1103 | 2015-02-11 11:39 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

次男と恒例のフライフィッシング

長期夏休みの次男


とはいっても、今年はインターンだったり住み込みの長期バイトだったりと自宅での時間はわずか、


今日は時間があると、昼から渓へ向かいました。




昼過ぎからの条件は厳しかったですが、清々しい時間。

f0201170_18489100.jpg






f0201170_18482461.jpg

また、会いましょうね!と、
f0201170_18483766.jpg




来年は就職。  最後の釣りだったかも、、、、
by moriken1103 | 2014-09-02 18:53 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

2014 解禁


解禁から数日遅れること渓へ


待つこと3時間、
f0201170_18554125.jpg



ハッチとライズに恵まれ、綺麗な朱点のアマゴ
f0201170_18555413.jpg




一匹釣れれば満足で、早々に花粉から避難~~~嬉
by moriken1103 | 2014-03-04 19:00 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

尾びれはデカイほうがいい!

ためしにスーパーで売っている養殖ヤマメの尾びれを見てみてください。



小さくて、擦り切れてますね。




川の流れの中で育ったヤマメの尾びれはピンと張り出し、威厳があるというものです。


f0201170_2050719.jpg

これは、まあまあかな・・・




尾びれの美しいヤマメを見たくて遠い深山幽谷まで、

f0201170_20503441.jpg




釣る時間より道中のほうが長いのですが、それはそれで寄り道も、また楽しや、
f0201170_205126100.jpg



f0201170_20514353.jpg



f0201170_20515873.jpg

by moriken1103 | 2013-09-26 21:02 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

2013 初ヤマメ



やはり夏の大洪水の影響でしょう、




川はずいぶんきれいになってますが、虫が少ないような気がします。
f0201170_14371123.jpg




ヤマメも壊滅状態だったはずで、解禁直後の初日はとうとうライズを見つけられないまま、


せめてもの梅見物
f0201170_14321316.jpg


f0201170_14322446.jpg





今週、二回目では水系を変えるもやはり川は沈黙。




さあ帰ろうかと、あきらめかけてた視線の端でわずかなライズ



そっと毛バリを流すと、一投目!! 小ぶりなアマゴでした。
f0201170_14333685.jpg




リリースして「あるがまま舎」の蕎麦 043.gif
f0201170_14335169.jpg

by moriken1103 | 2013-03-17 14:41 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)

文房清玩(ぶんぼうせいがん)


昔の中国の文人は筆や墨、硯や紙に凝って、ひとりで書斎で愉しんでいました。


そのことを 文房清玩 というそうです。




それが私の場合、たまたま竹竿やリールになってしまったようです。
f0201170_1071693.jpg





一方、古くから西洋では部屋の中で、釣りの本を眺めたり愛用の釣具を撫でたりしながら、心は行きつけの川をさまよっている。
そんな人のこと アームチェアフィッシャーマン と呼ぶそうです。



解禁は3月



今年はどんな魚との出会いがあるのかと思いを馳せながら清玩のチェック
f0201170_1083542.jpg




六片の竹で作られた竹竿(バンブーロッド)は生き物。
リースキンオイルを塗り込んだり、細部のチェック
f0201170_1085382.jpg






“バンブー清玩”  解禁前の楽しいひと時でもあります。





思いは川へ、

f0201170_10252686.jpg

by moriken1103 | 2013-02-24 10:27 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)