カテゴリ:テニス( 5 )

シューズモニター

テニスシューズ WILSON KAOSのモニター当選
f0201170_1533291.jpg


3000名以上の応募があったそうでちょっと驚きですが、悦!!!!!



30年前の話ですが、テニスシューズといえばナイキかアディダスかアシックスぐらいしか履いたことがありませんでした。

今やプリンスもウイルソンもヨネックス他もよいシューズが出ているようですね。

数か月前に30年ぶりのテニス再開したのですが、現在履いているのはナイキのシューズ。


そんな中、ふと広告で目に留まったのがこのWILSONのKAOSなるシューズです。
f0201170_15325229.jpg


コンセプトは裸足感覚!!

f0201170_15332654.jpg


ちょっと履いた感覚は足全体が優しく包まれている感じで、古く履き慣れたシューズのような感覚。


さあ、2週間かけてモニターレポートです。

f0201170_15331379.jpg

by moriken1103 | 2016-03-27 21:18 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス部卒業生追い出しコンパ

母校、大学テニス部の 「卒業生追いコンパ」 へ参加。 



今年の卒業生の一人が長男。 この春より親子で同じ部活のOBとは不思議な感覚です。
 


卒業生一人ずつがテニス部を通して得たものと、後輩へのメッセージをかたりました。  



テニスと勉強の両立は辛いことも多かったようですが、いちように悔いのない青春時代であったこと、このテニス部員でよかったとの言葉を述べてました。


わが部活を愛し、後輩をかわいがる新たなOBの誕生に古参OBは嬉しくなりました。



彼らの彼女たちの熱い言葉に目頭が熱くなることも、、



そして、卒業生たちは新たに社会人として一歩踏み出す期待と希望にあふれてました。

16名の新OBとともに!
f0201170_9241858.jpg



いい夜でした。








by moriken1103 | 2016-03-13 09:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

錦織対ジョコビッチ~すべての敗因は「たられば・・・」から

(仕事中だったけど、ぽっかり平和な時間だったのでTV観戦できました。 全く私的な感想です。)

錦織対ジョコビッチ 第1セット1-6 第2セット6-3


第3セットファーストゲーム、15-40で綿織のブレイクチャンス。

ジョコビッチはスイッチを切り替えつつある錦織に対応できず、むしろ明らかに自らのバランスを崩していました。

しかし、錦織は力みすぎて(ジョコビッチのエースではなく、自らのミスで)そのゲーム取れませんでした。


ペースを崩しているジョコビッチはピンチの第3セットファーストゲームをとれたことは胸をなでおろす心境だったでしょう。

しかし、自身のプレーの質の低下と錦織の上り調子のプレーは明らかに認識していたはず。

さあ、第二ゲーム以降はどうしようか?自身のギヤを入れ替えて、再び錦織を圧倒しようとすべきか、様子を見るべきかと考えてたはず。


そんな状況下、ビッグチャンスを自らのミスで手放した後悔とショックを引きずったままの錦織は第二ゲームでダブルフォールトから自滅してしまう。


この2ゲーム目がすべての敗因。
f0201170_10325851.jpg


本来ゲームはサービス側が明らかに有利である。15-40からひっくり返すなんてのはザラです。

ジョコビッチは第3セットファーストゲームのブレイクチャンスを落としたことへの後悔から立ち直れない錦織を見て、第2ゲーム錦織が精神的に崩れるのを感じ、自らは積極的に仕掛けない方針へと決めたのではと思いました。

ジョコビッチが自らペースを変え、結果ミスを連発すると、逆に錦織にペースを取り戻す機会を与える事もありうる。

ペースを維持して平静でいれば、錦織は泥沼へ・・・だろうと。

万一、錦織が気持ちを切り替えすばらしいプレーをしだしたら、そのときは自身のギヤも一段上げればいい。

さすが、ジョコビッチ!王者のテニスらしい駆け引きだと感じた。


錦織の第3セット第2ゲームで「めずらしく、たられば」を引きずったことが最大の後悔です。




では、錦織が第3セット第1ゲームをブレイクしてとっていたら、当然錦織にとっては勝利への大きな一歩だったはずです。

第2ゲームのダブルフォールトも無かったでしょう。

しかし、その時はジョコビッチは第2ゲームから明らかにアグレッシブにギヤを入れ替えてきてたはず。

錦織への流れを断ち切るために!

その際に、またどうなったかはわかりません。

個人的にはもし第1ゲームを錦織がとっても、そのまま錦織のペースで勝利とはならず、勝敗の分からない第3セット、大変な熱戦へとなってた気がします。


テニスの強い選手は相手よりも試合のコントロール、自身のコントロール、相手のコントロースに長けているのですが、そういう意味でやはりジョコビッチ>錦織だったのだと感じました。



たらればですが(笑)、もしもこの試合が5セットマッチだったら、体力(身体的、精神的)という要因を加え、錦織が有利かなとは思いました。


そう意味で、1-6、6-3からの第3セット、0-6で敗退した錦織は第3セット第1ゲーム、
第2ゲームの戦い方によっては、6-1圧勝も、五分五分の熱戦もありえたのではないえしょうか。


負けたけど敗因ははっきりしている気がします。次への飛躍が楽しみです。

f0201170_10321511.jpg

by moriken1103 | 2014-11-16 10:35 | テニス | Trackback | Comments(0)

学生と祝宴

大学の硬式庭球部の後輩学生達が九州大会で準優勝と躍進!!



幹部達が祝勝会するというので夜勤の仕事中だけど、お祝いにちょっとだけ、

f0201170_842127.jpg


興奮して酔った学生達と 握手! 握手! 握手!!!


短い時間でしたが、彼らに祝いの気持ちを伝え、準優勝記念メダルを選手一人一人に贈呈という大役までさせていただきました。



礼儀正しく、一生懸命な学生達。 素晴らしい後輩達です。


25歳ほども年下の若者たちだけど、テニスというスポーツで結ばれた「絆」がなんとも嬉しい。



出費は増えますが・・・・・笑
by moriken1103 | 2012-04-10 08:44 | テニス | Trackback | Comments(0)

19本目のラケット


10年以上テニスから遠ざかっていましたが、復活します。017.gif

クルム伊達ってわけにはいきませんが、大学の学生のアドバイザーとして。

暇を見つけて、練習に行きコーチングを行うのですが、彼ら練習は凄く上手い。
練習だけ見るとA級選手。
しかし、試合を見ると下手なんです。

練習でのショットは95点。しかし、試合運びは50~60点。
これって60点ほどの力しかないってことです。

西の台JFCは練習では大したことないけど、試合ではいい試合をします。
それなりの結果、可能性を残してますし。

つまり、大学生より我が小学生のほうが優秀なんです。
そこで、後輩の大学生たちにテニスの試合運び、細かな実戦用テクニックを教えてあげようと小生立ち上がったわけで、

するとラケット買わなきゃ!
上記もっともなる理由を盾に大蔵省へ上申、さらには誕生日まで振りかざしました。

f0201170_19205731.jpg


よ~く考えてみるとたぶん19本目のラケットです。
とはいっても、購入は15年ぶりですが。

No1,現在の学生チャンピオンです。ひたむきな若さ、
f0201170_1934063.jpg


テニスコートもサッカー場もこの夏は熱いです!!


さあ、夏に向けサッカーの応援と同時に自分のシェイプアップも頑張らなければ!!!

皆さんも、秋の親子サッカーエンジョイするために運動しましょうね。070.gif
by moriken1103 | 2010-06-22 19:42 | テニス | Trackback | Comments(0)