2009年 06月 15日 ( 1 )

高崎山 おもしろい!


海たまごは何度か、息子とジョギングやサイクリングがてら行きましたが、高崎山にはほとんど・・・・。
大分に帰って10年で1回だけ行ったことがあるかな?

久々にぶらっと行ってみました。
すると、侮る無かれ、おもしろい!
お猿さん見るだけじゃなくて、スタッフのお話に聞き入ってしまいました。

毎朝、山から降りてきた母ザルたちは、広場の奥の通称、高崎山幼稚園に子供を預けてから、散らばるのだそうです。
夕方には、子供を引き取りに来て、山に帰るそうです。
幼稚園といっても、一角にジャングルジムだの滑り台だの遊具が集まっただけ。
確かに小猿がいっぱい。かわいい!
f0201170_1385298.jpg

なかなか、カメラ目線にならないのですが、スタッフが「おい!って呼ぶと、こっち向きますよ」と。
「おい!」・・・確かに!
f0201170_1343093.jpg


2年前生まれたばかりの小猿が母親に捨てられ、栄養失調で瀕死の状態でした。
他の母親は自分の子供以外まったく面倒は見ない。
いつ何時、自分の子供が幼稚園で泣き出したときには、飛んでくるそうですが。
この子はおっぱいと、愛を求めて他の母親に近づくも、威嚇され、絶望状態。
悩んだスタッフのチャレンジ、行動は、・・・・・・・(書きたいけど、直接聞いたほうがいいかも、感動しました!)・・・・・・・・・
現れました。一匹のメスザルが。
彼女はそっと、この子の背中に手をまわしたそうです。
おっぱいと里親に出会い、今は元気に2歳。そして、毎朝・・・・・・・・・・・・・・・・(またまた、感動!)。



小さな世界ですが、いたるところに家族が。
f0201170_135825.jpg


大分県人はいつでも行けると、意外と行かないんです。
おすすめ。侮る無かれ、高崎山。

帰り、息子に「おい!」って声を掛けると、さっと振り返りました。
その後、『しまったっ!』って顔して、不機嫌!
by moriken1103 | 2009-06-15 13:10 | 散歩 | Trackback | Comments(0)