メンフィスといえばES335、ES335といえばナッシュビルも

ちょっと前ですが、綿織選手がメンフィスオープンで三連覇を果たしました。
f0201170_18455491.jpg



表彰式で綿織選手が贈呈されたのはGibsonES-335本物のギターでした。
f0201170_1846690.jpg



メンフィスといえば、ブルース発祥の地であり、あのプレスリーが住んでた街。


そして、世界的に有名なギターの会社ギブソンの工場があります。
f0201170_10192616.jpg



ここギブソン・メンフィスファクトリーはESシリーズを生産する工場で、中でもES-335が一番の主力製品


というわけで、メンフィスが世界に誇るGibson ES-335がトロフィー代わりとなったのでしょう。



一方このES-335はギブソン・ナッシュビルファクトリーでも作られてます。






我がES-335はナッシュビル製
f0201170_227445.jpg




新品の美しい物に比べ、45歳の風貌は経年変化による退色、ウエザークラック、様々な傷。

f0201170_1014728.jpg


f0201170_102089.jpg






実は最近のギター市場、「レリック」といって、新品でも傷だらけのヴィンテージ仕様のものが流行ってます。



ピカピカの新品がかっこいいという時代から、変わってきてるようです。
by moriken1103 | 2015-02-28 08:20 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/23684013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 御徒町から本郷へ 春日~北川木工所 >>