モチベーションビデオ(MV)の効果

モウリーニョ監督も長期、高額契約が多い現在では以前に比べて一試合一試合のモチベーションを保つのが難しいと言ってました。


チェルシーFCが実際に作成したモチベーションビデオです
語りはアルパチーノです。
最後に「チームとして立ち直るか、個人として死に絶えるか」と。苦しんだ2012/2013のもの。





2009年のチャンピオンズリーグ決勝前にFCバルセロナが観たモチベーションビデオです。
ペップ・グアルディオラ監督が地元のTV局に依頼して作成し、マンチェスターユナイテッドとの決勝直前に選手に視聴させたビデオです。
(1分12秒後に始まります)




海外のプロチームが作るモチベーションビデオは、選手たちの心に響くかどうかに主題があるようです。


you tubeで調べると昨今多くのチームが作成しているようですね。






さて、私自身今まで西の台JFC、西中サッカー部、そして今回大分豊府高校サッカー部といくつかのモチベーションビデオを作製してきましたが、少し考察。



まず、一般に薦められるMVの構成は以下の3つの場面よりになります(永尾ら、2010)。

1、選手自身のプレイ映像

2、チームメイトのプレイ映像

3、(円陣や得点後の歓喜の輪などのように、特定の個人に注目していない)チーム全体の映像






予想される心理的効果(Baundra 1986、1997)ですが、

1、self efficancy自己効力感:特定の課題に対して、適切な行動を成功へと遂行できるという予測や確信の程度⇒ひとことで言うと「俺はできる!!!」

2、collective efficancy集団効力感:課題の達成に必要とされる行動を系統立で実行するための能力に対する集団で共有された概念⇒ひとことで言うと「俺たちはやれる!!」

#集団凝集性:集団のメンバー間が引き合う魅力を維持する社会的な力で、集団を分裂させる力に対抗する力である=チームワークを発揮する上で必要不可欠な概念⇒「チームの信頼関係、まとまり」




そしてモチーベンションビデオの場面ごとの心理効果は(永尾雄一ら 2010 年)

1、選手自身のプレイ映像は自己効力感を高める

2、チームメイトのプレイ映像やチーム全体の映像は集団効力感を高める。

3、一方モチベーションビデオは視聴は直接集団凝集性を高めなかった。



え!!集団凝集性には効果がないの??

集団効力感と集団凝集性は円環的な相互作用が指摘されており (Feltz et al., 2007)、研究でモチーベーションビデオが有意に集団凝集性を高めなかったとされてても、集団効力感を高めることにより間接的に集団凝集性を多少は高める可能性はありそうです。
また、モチベーションビデオに何らかの付加価値を与えることにより、さらに集団凝集性への効果が高まる可能性もありえます。




今回、大分豊府高校サッカー部モチーベーションビデオにおいて、合宿のきつかった場面や、決起集会で皆で楽しめた場面を追加することで、集団凝集性への効果へも多少波及することを期待しました。

具体的な効果判定はしていませんが、それらが多少なりとも集団凝集性への働きかけになりはしないかと期待したためです。




平成25年度神奈川県立体育センター研究報告書において「選手のモチベーションアップに関する研究」~選手の心に響くモチベーションビデオの作製方法及び作製のためのフレームの開発と提供~という報告がなされています。
この中で、モチベーションビデオの作成法に言及していますが、ポイントとしては

1、テーマを設定して作成する。確かなテーマを設定するには「今、チームはどのような状態であるのか」「この選手調子はどうなのか」という現状をしっかり「把握している人」の存在が大切

2、選手やチーム全体の普段の頑張りや想いを良く知っている人が作製すること。

3、モチベーションビデオは理解させるものではなく感動させるものである

4、効果は一過性のものであり、視聴効果は8時間以上すると失われる。一番効果的なタイミングは試合直前もしくは1時間前である。

5、そして、とても大切なこととして、「誰が作成するか!」が指摘されている。「私達のOOが、私達のために作ってくれた」その気持が伝わるビデオこそが、選手(視聴者)の「モチベーションアップ」に繋がっていくのであると言えると、まとめられていた。




この、神奈川県立体育センター事業部指導研究課 調査研究班の報告は今からモチベーションビデオを作成する方にはとても参考になると思います。





まあ、見る側は理屈で考えすぎるとよくないんだけど、有効利用しようという意識は大切ですね。



ひとつ反省!!

出来上がると嬉しくて! 「みんな!見て!見て!」と、なってしまうのですが、


公開はここぞ!というタイミングが大切なんでしょうね。
by moriken1103 | 2014-11-11 15:16 | 学習コーナー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/23181191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊掌燕巣~~~ルイベ漬け 全国高等学校サッカー選手権大会... >>