日田の鮎


日田フェスティバル2日目


昼飯は焼きそばのつもりが迷子・・・・



ふと目の前に川魚専門食堂!!なので、鮎をいただきました。



天然鮎を注文するが、本日は入荷なしとのこと。


なので日田鮎の釜飯¥900注文(養殖ってことでしょう)

f0201170_034031.jpg


f0201170_04251.jpg




美味しいのだけど腑に落ちない点が・・・




夕方、大分へ帰る寸前、納得できず有名な川魚専門店へ立ち寄りました。

f0201170_055247.jpg




「すんません!!天然鮎ちょうだい!!!」



「この天気やから今はぜんぜんとれん!!!」


「・・・・・・・・・・」

やむなく、目の前の水槽の元気な鮎を5匹ほど購入し、〆ていただき帰路へ。




f0201170_0123231.jpg

さっそくの塩焼きですが・・・


子供の頃から夏休みの日常に食べなれた天然鮎。


そのはらわたの気品高いホロにがさはなんともたまりませんが、、食堂の鮎も、川魚屋で購入した鮎にも、あの頃のスイカの香り、ホロにがさがありませんでした。


塩焼きの残りは「ゆで鮎」にするつもりでしたが、中止!


とりあえず、明後日の燻製へと変更!!




落ち鮎に期待です。
by moriken1103 | 2014-08-25 00:19 | 散歩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/22796742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014日田フェスティバル 青物天国    関さば丼 >>