一部 「誰にやられたんだろう?」って、ささやかれてるかもしれないので、正直に言います。

当直明け久々の休日(本日から5日前)、

自宅に戻ると夏休みで帰ってきている次男に「テニスでもするか!」


「いや、今日OOさんと2時からお茶する約束があるけん。そのあとならいいよ。」

ならば、別府に昼飯サイクリングでも!(今思えば睡眠不足・・・)




途中のビーチではちょうど今日が海開きだったようで、平日にもかかわらず賑わってました。



いつものタイ料理を食し、帰路。ちょうどふたたび中間点のビーチに差し掛かったところで、あまりの綺麗な芝生につい自転車で乗り入れたくなる葛藤がふつふつと。


多少足は取られるものも、別に何も面白くないことに気づきアスファルトの公道へ戻ろうと。



ちょうど右斜め45°に鎖の柵の切れ目がある。その間1mぐらい。 『あそこから出るか!」


重心も右に傾けて、その隙間を通ろうと。


手はハンドルのグリップを握らず、中あたりを握ったまま、


ところが、芝生に起伏があり右に傾けた自転車が左に押し戻され目の前に鉄製の支柱が、


とっさのブレーキをと思ったが、手はハンドルの中央にありブレーキ握れない。


「何え!!!!!」




と、瞬間、自転車は見事に鉄の支柱へ衝突!!


それなりのスピードがあり、サドルがハンドルより高いため前傾姿勢となってた私はハンドルの上を飛び越えて前へ投げ出されること。




しかし、意外と冷静だったのですね。



私は、前へ投げ出された後は首を屈曲させ、右手および右腕の外側から着地し、くるっと1回転。

まさに柔道の受身を行い、うまく行けばくるっと立ち上がれるかなと、閃いていました。








自身の身体がハンドルを追い越し前方にきたところで、さあクルッと!!




その瞬間、両足の甲がハンドルにロック!!!え、えぇ~~~




屈曲するはずの上半身は、足が固定されたおかげで、ピーンと フライング・アンパンマン状態 ⇒ 






どうしようもない姿勢で、かくて浮力を失った我が身は地上へ落下、、、、




まず、右足スネ(弁慶の泣きどころ)が柵の鉄製チェーンに強打。


さらに沈みゆく上半身はチェーンの上の下半身を追い抜き、逆海老反り状態でコンクリトの路面へ・・・


OOkgの巨体が両腕にかかります、


『この腕で受け止めなければ!』 って大きな使命感が頭の中を駆け巡りました。


しっかりと開いた両手でコンクリートの地面を抑えましたが、、、


私しゃ重いんですよね。全然抑えられず、迫り来るアスファルトは額に激突。


ゴンって音がしました。ゴンって!!




ウもエもクも声は出ません。




その瞬間、頭をよぎったのは、『豊府高校のサッカー見に行けなくなるかも・・・』


走馬灯のように豊府高校サッカー部の試合が、、、(すみせん、なぜか家族じゃなかった、、、)






周囲から人がよってきます。



自身でもただならぬ予感。



というか、痛み、動けない。





アスファルトの上、ほふく姿勢で自転車のほうへ向きをかえ、自転車の位置を確認。


「立たねば、立たねば」の執念で立ち上がり、それでも心配してくる男性に向かって振り返り、笑顔で


「ありがとうございま~す。大丈夫です。」  なぜ、助けてください!って、言えなかったんだろう・・・




本当はその場にもう一度倒れたかった。


我に帰ると、右額はなんとなく腫れ上がり流血。



右スネは内出血でみるみる腫れてきます。


腫れ上がりのスピードより動脈が切れてる!?!?



両方の肘は曲がらない、伸びない。


手のひらは真っ赤。


とりあえず、指は大丈夫




いいのか悪いのか周囲の人たちは去っていったので、自転車とともに20m先のベンチへ。


見ると右スネは極端に腫れ上がっている。


骨折はないことは確信できたので、止血すべき、両手で思いっきり脛を握り締め圧迫。


「あ~~大丈夫なんて言わなきゃよかったかな。」


20分間、渾身の力で握り圧迫して右スネの出血は止血できたようだ。



ただ、両肘はまだ動かない。



指は動くので、友人と面会中の次男と、仕事が終わった頃の妻に 「助けてください、田ノ浦の芝生の上っです!!」



1時間後、自転車とともに、救出していただきました。






5日後、足と腕は回復しましたが、まだ顔面(こめかみ~目)は未だ内出血・・・












本日は職場の慰安旅行、第3班。15名の大人に7名の可愛いお子ちゃま達。


ホテルの朝ごはんで 『おじちゃんの顔でちゅよ~~』


f0201170_1919968.jpg




評判は上々!!006.gif






ただ、いい年なんだから・・・・って、ず~と言われてます。 反省
by moriken1103 | 2014-07-07 19:51 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/22463604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 高円宮杯U-18サッカーリーグ... World Cup 2014 ... >>