ケ・セラ・セラ



最近耳にしなくなって久しい、ヒッチコック監督の「知りすぎてた男」の主題歌、『ケ・セラ・セラ』

当時の日本語訳では 「なるようになるさ(先のことは分からない)」!



50歳もまじかな中途半端な年齢の私、

高齢化社会ではまだまだひよっこだと、

そうはいっても我が肉体 「ケ・セラ・セラ」である。



右肩は四十肩、右ひじはテニスエルボーで曲がらず伸びず、左膝は腸脛靭帯炎、左アキレス付着部炎、





「先生、痛くて不自由なんですが、なんとかなりませんか?」


「そりゃあ、年齢によるもんだから仲良く付き合っていくしかないですね!!」


「先生、年齢って? 上半身は左半分はなんとも無いし、下半身は右半分がなんともないんですよ。こっちも同じ年じゃないんですか??」


「・・・・・・・・・、

心配ないです。今に追いつきますよ!!  ケ・セラ・セラですわ!!」  笑 笑



「・・・・・・・・・・・」

なんという、アドバイス!!!


とうとう、わたしにも・・・





しかし、考えようによっては『ケ・セラ・セラ』って言葉、奥が深いのかもしれません。


英語訳では 「Whatever Will Be, Will Be」



「なるようになる」という、予測できず定まっている未来なら、


くよくよ考えずに、心の中で前向きに、しかしゆっくりでも前に進んで行く。


きっと、信じたように未来が見えてくる。 なってくる。058.gif






タイのコマーシャルが教えてくれました。






ちょっとぐらい痛くても動けるもんね!!


 ゆっくり、走ろう! 003.gif
by moriken1103 | 2012-06-15 07:18 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/17656777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 父の日 大阪の街は『おもろいでんな~』 >>