芳しい薔薇

ひと冬を過ごしたたくましいバラは濃厚です。




水銀を散らしたように淡い陽がキラキラ輝く中、



ひとつひとつの花に近づくと



やがてしなやかな香りが煙糸のようにたちのぼって、芳しくなってきます。




この一つ一つ異なる濃厚な香り、


言葉で表す語彙を持ち合わせないのが残念。





f0201170_23384780.jpg



f0201170_23392074.jpg



f0201170_23403942.jpg



f0201170_23413112.jpg



f0201170_2343851.jpg



f0201170_23432361.jpg




f0201170_23443587.jpg



f0201170_23445185.jpg



f0201170_2347432.jpg

by moriken1103 | 2012-05-14 23:50 | バラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/17540961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 雨上がりの早朝 いよいよです >>