薔薇って



華麗に咲く庭のバラの花を見てると、不思議な生き物だと感じます。
f0201170_1805992.jpg



花びらは寸分の狂いもなく重なり合い、包みあっており、美の象徴のようなこの花にも、数日すると枯渇と腐敗の黒いしみがあらわれてくる。
f0201170_186166.jpg



しみは次第に花びらの細部へと広がり、ばらは顔を失う。
f0201170_1862663.jpg



完璧な美しさの中にも小さなシミを見つけたときは、たとえわずかでも運命を連想してしまいます。




昨日までは、その運命を連想することもなかったのに、小さなシミがでた瞬間に避けることのできない確実さを連想しだすのです。





不思議な花です。




かといって、完璧な精緻と美しさにはいやみがない、


f0201170_18102043.jpg



f0201170_188548.jpg



f0201170_1882433.jpg

by moriken1103 | 2012-05-08 18:15 | バラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/17517116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いよいよです カモミール >>