「The strength of weak ties」

「The strength of weak ties」という言葉があります。

「弱い絆の強さ」とでも訳されるのでしょうか?




1973年に米国の社会学者マーク・S・グラノヴェター(Mark S. Granovetter)の論文からですが、価値ある情報の伝達やイノベーションの伝播においては、家族や親友、同じ職場の仲間のような強いネットワーク(強い紐帯)よりも、ちょっとした知り合いや知人の知人のような弱いネットワーク(弱い紐帯)が重要であるという社会ネットワーク理論のことです。



どういうことかその研究から要約すると


米国ボストン郊外のホワイトカラー層を対象に行った求職者の転職情報満足度に関する調査結果から、求職者自身が「強い絆のネットワーク」から得られた情報よりも「弱い絆のネットワーク」から得られる情報のほうが重要なものが多く得られ、満足度も高いことがわかりました。

もう少し具体的にいうと、「強い絆のネットワーク」からの情報はいっけん相手も親身になってくれており、最善の提案や手助けがありそうなものですが、そこで得られる情報はある意味相互に既知のものであり、そこに構成されるネットワーク自体が同質性や類似性が高く、強い絆ばかり頼っていくと求心力ばかり働き、可能性が広がらないってことのようです。

一方、弱い絆によって伝達される情報や知識は、受け手にとって価値が高いことが多い。

当事者にとって知らない情報や予想外の可能性が広がるチャンスがそこに内在しているというわけです。

弱い絆では関係性が弱いにもかかわらず連絡を取るほど、伝達内容は重要なのだということができるのでしょう。





さて、現在我々の周囲に「弱い絆のネットワーク」はあふれてます。

FacebookなどのSNSはその「弱い絆のネットワーク」を広げるのにはとても便利ですね。




ただ、これを自分自身の行動で広げるとなると、多くの日本人は普段からの心構えをちょっと変えなければいけないかもしれませんね。



たくさんの場面に出向いていけるか。
事務的付き合い上の出会いも楽しめるか。
聞き耳をもってるか、
自分自身を語れるか、





まあ、難しいこと考えずに表に出ること。

「飲みましょうか?」ですね。




いい話で始まったはずが、酔っ払いの保身に聞こえるのがお恥ずかしい・・笑





週末は久々、息子のサッカー部の父親達で「おやじの会」です。


焼き鳥!!
by moriken1103 | 2011-10-06 20:33 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/16651823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<<  「おやじの会」  2011 秋 今日の夕食 >>