制服を見て思い出すこと



私が中学2年の時、全国の中学生弁論大会で優秀な成績をおさめた弁論に「制服school uniform」というテーマのものがありました。
演者は知りませんが、親しみやすい内容で中2の冬休みに下郡英会話学院の仲間とともに暗唱しました。
あまりの長さに忘れられないほどきつかった。

以下、記憶している序文です(33年前に暗唱したもので、間違いはあるかもしれません。もちろん、原稿なんてもうありません。)

I think many of us go to school in uniforms without any thought of the reasons.
生徒の多くは理由なんて考えずに制服を着て登校してると思います。
I said this, because I want you to consider school uniform with me now.
ここで、皆さんにこの制服について考えて欲しいのです。
Have’t you ever felt somewhat hesitate about going to school in uniform?
今まで制服を着て学校に行くことにためらいを感じたことはありませんか?
Have’t you ever throught how happy you would be, if you coud go to school in any clothes you liked.
もし、好きな好きな服を着て学校へ行けたら、どんなに楽しいだろうなと、思ったことありませんか?
The other day, we discussed this problem during home room hours.
ある日、私達はホームルームの時間にこのことを話し合いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから、まだまだ7~8分におよぶ弁論が続くのですが、当然全部は覚えていません。
(下郡紀生先生を前にすると、緊張で思い出すかも・・・・笑)

きつかったなあ。この暗唱。

そして、まだ覚えているのが凄いと思いませんか。005.gif




一昨年、下郡紀生先生の退官パーティがあったのですが、参加したOBたちの多くが当時暗唱したこの論文をまだ覚えてましたね。

私以外のOBは世界的報道機関の編集長や、NYでの弁護士、国連通訳、銀行の海外担当、外資系ホテルのコンセルジュ、他 国際人ばかり。
f0201170_8265988.jpg

私は・・・・、あ~恥ずかしい。
しかも、着席したテーブルはどうかしたら、英語の会話に変わりそうな勢い・・・、
まあ、この「School uniforms」を覚えてただけでも、面目が立ちましたが。



この下郡英会話学院には現在三男も通ってます。
我が家は、長男・二男と息子たち全員が通いました。


この下郡英会話学院は昭和51年に開院したのですが、私は開院前のテスト生からの生徒でした。
この学院の名前は、開学時の生徒である私達がつけたんだそうですよ。

この学院との出会いがなければ、今の自分はなかったでしょう。
私の人生に影響を与えてくれたもっとも大きな存在の一つです。


ただ、ここは学習塾ではありません。
だから、成績を上げたい、いい学校に入りたいという目標なら、優秀な塾にかよったほうが近道かもしれませんね。
その代わり、まじめにきちんとこなしていれば英語がペラペラになります。
下郡紀生先生も言ってましたが、所詮言葉なんだから使ってれば話せるようになるのはあたりますですよね。

国際的な仕事についているOBたちが、決まって言うのは、どこに行っても「帰国子女ですか?」って聞かれるんだと。
「留学もしたことない、九州で勉強した」って言うと、絶対信じてもらえないって!


まあ、幼稚園とかもっと小さい頃から英語の世界に入らせれば、もっと容易にペラペラになるのでしょうが、

ただ、私達OBがこの学院がいいって思うのは、英語が話せるだけでなく学問としても英語を克服した充実感が得られるからです。

小学校6年、もしくは中学1年から始めて帰国子女のごとくペラペラになるには並大抵のことではありません。
それなりに、時間を割いてかなりの努力が求められます。
支える家族も、

そうやって、学び得たものだからこそ、得られた体感がその後の人生に生きていくのだと思います。




高校1年、この下郡英会話学院から15人程が米国サンフランシスコに送り出されました。
f0201170_8173613.jpg

びっくりしたのは自分達の英語力とコミュニケーション能力でした。

私達が生き生きと輝き始めた出発点だったと今でも思います。



” 速攻の結果を出させるアドバイスよりも、努力することを教えてくれる場所が好きです。”
by moriken1103 | 2011-04-17 08:29 | 独り言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/15826262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itta母 at 2011-04-18 10:43 x
私は中2から3年間通いました。大先輩ですね。
苦しかったけれど、高校に入学して英語の上位順位が張りだされたとき、ほとんどが塾生だったのをみて「絶対結果はついてくるんだ」と確信した記憶がよみがえります。英語しか使えない合宿が辛かった記憶も・・・
下郡紀生先生の迫力満点の授業をittaに受けさせたかった!
Commented by moriken1103 at 2011-04-18 21:37
先生は怒らないんだけど、凄い威圧感だったよね。

驚いたことに、開院から今までの授業内容は全く変わってませんよね。
「もくもく村のケンちゃん」はittaも見たはずですが、36年前に私たちも見ました。

彼らが、受験の科目としてではなく、本質的な楽しさに気づく日が来ればいいですね。




<< いよいよ部活開始です 一番花 >>