かげおくり

PTAで子供たち6年生全員で唄った音楽物語は「かげおくり」でした。
f0201170_20443622.jpg



「かげおくり」とは、

晴れた日に、自分の影をじっと見つめて(10秒ぐらい)から空を見上げると、空に自分の形が白い影として映って見える現象を利用した遊びだそうです。

 あまんきみこ作の、戦争をテーマにした童話「ちいちゃんのかげおくり」(昭和58年)、
この作品が小学校の国語の教科書に載ったことから有名になったそうです。





歌を交えた6年生の音楽物語を紹介します。

かげおくりを教えてくれたのはお父さんでした。

出征する(戦争に行く)前の日、お父さんは、ちいちゃん、お兄ちゃん、お母さんを連れて先祖のお墓参りに行きました。その帰り、青い空を見上げたお父さんがつぶやきました。
「かげおくりのよくできそうな空だなあ」

「かげおくりって、なあに。」
おとうさんは「みんなでやってみよう」とかげおくりを教えてくれました。

四人並んで出来た影を見つめて十数え、空を見上げると、白い四つのかげぼうしが空に現れました。

「すごい。」「すご~い。」

お父さんは「今日の記念写真だなあ」とつぶやきました。


次の日、お父さんは、日の丸の旗に送られて、列車で戦地へ向かいました。


夏のある夜、空襲警報のサイレンでちいちゃんたちは目が覚めました。
外に出ると、もう、赤い火があちこちで上がっています。
お母さんは、ちいちゃんとお兄ちゃんの手をとって走りました。
炎が追いかけてきます。
お兄ちゃんが転びました。
足から血が出て、ひどいケガです。
お母さんは、お兄ちゃんをおんぶしました。
「ちいちゃん、お母さんとしっかり走るのよ。」

けれど、たくさんの人とぶつかり、ちいちゃんはお母さんと離れてしまいました。
「お母ちゃん、お母ちゃん。」ちいちゃんは叫びました。
その時、知らないおじさんが「お母ちゃんは、後から来るよ。」
そのおじちゃんは、ちいちゃんを抱いて走ってくれました。

朝になり、街の様子はすっかり変わっていました。
「ちいちゃんじゃないの。」
振り返ると、はす向かいのおうちのおばさんでした。
「お母ちゃんは、お兄ちゃんは、」
ちいちゃんは泣くのをこらえて言いました。
「おうち。」
「そう、おうちに戻ってるのね。おばちゃん、送って行くよ。」
おばちゃんに手をつないで歩きました。

家は焼け落ちてなくなっていました。
「おかあちゃんたち、ここに帰ってくるの。」
ちいちゃんは深くうなずきました。
「じゃあ、大丈夫ね。おばちゃん行くからね。」

その夜、ちいちゃんは、リュックの中の干飯を少し食べました。
そして、こわれかかった防空壕の中で眠りました。
「お母ちゃんとお兄ちゃんはきっと帰ってくるよ。」
翌日も、ちいちゃんは防空壕の片隅でまた眠りました。



明るい光にちいちゃんは目が覚めました。
「まぶしいな。」
その時、
「かげおくりのよくできそうな空だなあ」と、お父さんの声が青い空からふってきました。
「ね。今、みんなでやってみましょうよ。」
というお母さんの声も、青い空から降ってきました。

ちいちゃんは、ふらふらする足を踏みしめて立ち上がると、
たった一つのかげぼうしを見ながら、数え始めました。
「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ、」
いつの間にか、お父さんの低い声が重なって聞こえてきました。
「ようっつ、いつうつ、むうっつ、」
お母さんの高い声も、それに重なって聞こえてでしました。
「ななあつ、やあっつ。ここのうつ、」
お兄ちゃんの笑いそうな声も、
「とお!」
ちいちゃんが空を見上げると、青い空にくっきりと白い影が四つ。
「お父ちゃん・・・・、お母ちゃん、お兄ちゃん」
ちいちゃんは呼びました。
そのとき。

身体がすうっと透き通って、空に吸い込まれていくのが分かりました。
一面の空の色。
ちいちゃんは空色の花畑の中に立っていました。
その時、向こうから、お父さんとお母さんとお兄ちゃんが笑いながら歩いてくるのが見えました。
「なあんだ、みんあ、こんな所にいたから、来なかったの。」
ちいちゃんは、けらけら笑いだしました。
笑いながら、花畑の中を走りだしました。

夏のはじめのある朝、こうして、小さな女の子の命が空に消えました。






こうした教育を受けられる日本は幸せです。

どう受け止めるかは個人の自由です。

けど、きっと子供たちの心には残るんじゃないかな、と思いました。

・・・・・、なんて体育館でマイク持ってしゃべったらカッコよかったのに026.gif
by moriken1103 | 2010-12-03 20:54 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/15094992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大分市 秋季一部リーグ最終節 PTA >>