西の台の夕まずめ


幼少の頃、遊びたおして自宅に帰る夕方、ちょうど薄暗くなるまずめ時に重なると、

なんとも言いようのない寂しさを感じました。

暗くなるから寂しいのではない、

楽しい楽しい1日が終わろうとしている寂しさだったのでしょうか。

帰って、まな板の上をトントンたたく包丁の音や、圧力釜のシュ~ルルシュ~ルルという音までが、

もっと遊びたかったという気持ちを押さえつけるようで寂しく聞こえました。


そんな気持ちがしなくなったのは、いつごろからなのでしょう?



一昨日の西の台のグランドです。

美しい夕焼けでした。
彼方には、由布岳、高崎山(間にちらっと鶴見岳)を望み、左方にはくじゅう連山が連なります。
f0201170_19361486.jpg


こんな素晴らしいグランドで練習なんて幸せです。
この景色は彼らが大人になっても、決して変わらない光景でしょうね。
f0201170_19363177.jpg


夕焼けを見入りながら、ふと昔の子供の頃の夕方の寂しい思いが頭をかすめ、
彼らを見ると・・・、
f0201170_19365063.jpg

ぜ~んぜん、元気。月明かりのもと、身体は疲れても、お口は以前元気です。


ただ、彼らが暗闇の中、自転車をこいで家の玄関にたどりつく時どんなこと感じてるのかな、ふと感じました。
by moriken1103 | 2010-08-19 19:46 | 独り言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/14428401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にじが丘 at 2010-08-22 15:46 x
きれいな写真です。ホントに。
熱い夏が今年も繰り返されていきます。
そして、日が短くなって来たころ、収穫の秋を迎えます。
「夏にどれだけ走れるか?」
大きな収穫を!がんばれ西の台JFC
Commented by moriken1103 at 2010-08-22 20:52
昨年の夏休みの終わりのにじが丘さんちの動画(車からの花火)が今でも強く印象に残ってます。

熱く燃える、楽しい夏休みもあと二週間をきりました。

にじが丘さんが花火を見ながら感じた感情が私にも迫ってきてます。

あと2週間、思いっきりエンジョイしなければって!
<< 知事杯結果 知事杯 >>