梅にウグイス・・・・めじろ?

最近毎朝、庭のもっこうバラにメジロが数匹います。

出勤前にそっと近づくと数匹がよりそって、これが「目白押し」ってやつですね!049.gif
f0201170_21232947.jpg

近づいてグットショット撮影作戦決行中で、毎朝テンション上がってます。


一方、春からは毎年我が家の裏の藪にウグイスがいっぱい来ます。「ホーホケキョ」って。


ここで、ウグイスとメジロのお話。

大分県民にとってメジロはおなじみで、誰もが緑色の鳥って知ってますが、ではウグイスは何色でしょう?023.gif

ウグイス色=緑色?  違います。
茶褐色です。すごーく地味な色なんです。しかも、木にとまっている姿はほとんどなく、藪の中にいます。
我が家の裏でもそうです。春から、藪の中に目をこらすと必ずいます。
ちなみにメジロは甘党で梅の花の蜜が大好物です。ミカンを輪切りにして枝に刺しておくとメジロがやってきてついばみます。
子供の頃メジロ捕獲大作戦でよくやってました。捕れたことないですが、(今ではめじろんは捕獲禁止ですよ)


では、「梅にうぐいす」って言葉がありますが、おかしくない?
花札もそうですがウグイスの絵はよく綺麗な緑で描かれて、梅の枝にとまってますよね。あれって、メジロ?039.gif
f0201170_21463131.jpg

では、万葉集の歌人たちは、ウグイスの声を聞きながらメジロを見て、「やっぱ綺麗な声の持ち主は、姿も綺麗よの!」と勘違いしたのでしょうか?。
だって、ウグイスは藪の中!しかもすごーい地味な色。

万葉の歌を見ると、昔の歌人たちはいちよう分かっていたようです。
「ウグイスの声が竹藪から・・・」なんて詠んでますから。

解説すると、「梅にうぐいす」とは取り合わせがいい、という意味で春の梅を見ながらウグイスの声を聞くととってもいいよってことなんでしょう。


いつからか分からないのですが、ちゃんとウグイスとメジロを見たことがない人が混同しちゃったのではないでしょうか。ただ、梅にとまっているウグイスよりはメジロのほうが絵になることは間違いないでしょう。

綺麗な声のウグイスは藪の中で地味な茶色、メジロは木の枝で果物や蜜が大好きで綺麗な緑色。
多くの方がメジロとウグイスの姿を混同しているようです。  と、生物の勉強でした。040.gif


ちなみに、「おしどり」って鳥はいつもペアでチュッチュしてますので、おしどり夫婦なんて言いますが、おしどりは行った先行った先で相手を見つけてはチュッチュしてます。
by moriken1103 | 2009-12-03 21:55 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/12429157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 09.秋季リーグ最終日 「健ちゃん」 >>