ナツメ

昨夜、ナツメをいただいた。
f0201170_18185929.jpg

小学生低学年ぐらいかな?祖父母のところに行っては、従兄弟とナツメの木の実が無くなるまでむしって食べてました。

ほのかな酸味と甘みが大好きでした。

f0201170_18192877.jpg

いただいた山盛りのナツメ。
食して見ると、確かに懐かしい酸味と甘み。
しかし、こうして食すと、なっている実を直接食べるのとは、なんか違う。
なんだろう?

子供の頃の記憶を考えてみると・・・・・、

やっぱ、木から直接むしって食べると、みずみずしさ、歯ごたえ、硬さ、匂い、
そして風や葉っぱの音なども相まって、
生きてる実、ナツメを食べているという実感があったような気がする。

木の実に命を感じ、同時に収穫する喜び!


そういえば、ニッケもよく食べてた。
従兄弟と「OOさんちの横にニッケの木があった」なんて報告を耳にすると、いちもくさん、ニッケの木の根を掘り起こし、洗ってから乾燥させ、かじってた。
細い茶色の根っこをかじると、強い香りとともに爽快な甘辛さが口いっぱいに広がった。
かじりながら、「ニッケとタバコどっちが美味しんかな?」なんて・・・、

今ではニッケの木がどれなのか、分かりません。
そもそも、他人の家の木の根を掘り起こしてたら、警察くるかも?
昔はなんにも言われなかったけど、

あ~、ニッケかじりたい!!

ナツメをもってご訪問の、ご近所のモモちゃん、ナナちゃん、そして我が家のクーさん。
f0201170_18201030.jpg

by moriken1103 | 2009-10-03 18:25 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/12054213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西の台招待エイトマンカップU-... Last fish イワナ >>