友達

東京での出張中、な~んと私の誕生日、二人で食事。

相手は・・・・・幼稚園時代の親友、もちろん男です。

いや~、楽しかった。

共通点は同級だった、幼稚園と高校1年の2年間だけ。あとはまったく別々。

しかし、友達っていうのは、過去の歴史がお互いを安心させるんですね。

今のお互いは分からないのに、そんなことどうでもよく、会ってて楽しい。

それにお互いの現在の状況なんかしゃべっても、不思議に子供のころから知っているから、お互いの本当に求めているものとか、考え方とか分かっちゃうんですね。


個人的な話題ですが、今の子供たちに求めるもの。

もちろんサッカーを中心とした話になりがちですが、チームの素晴らしさ。

そこで出会い、過ごすチームメイト。

近所で一緒に1年間集団登校したよ、なんてレベルとははるかに違う深い関係、チームメイト。

もちろん、彼らに今言葉でその素晴らしさを語っても、全く意味のないことだと思います。
自然と将来感じるものでしょうから。

親として、彼らの築く友情を見守りたい。

彼らの眩しさを感じるのも親の特権ですよね。



ただ、親も親で、今でも現在進行形。

10年、20年後は父兄たちと再会し、ともに熱く応援した友情を分かち合う時代が来るはず!!


幼稚園時代の親友と東京で飲み明かした結論でした。
by moriken1103 | 2009-07-10 21:28 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/11496867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 7月11日練習試合 蓮 >>