インナーゲーム

大学時代はテニス漬けでした。
完全に毎日2~3時間は練習してた。土曜・日曜日は昼からずっとなんてしょっちゅう。
そんなに毎日練習しても、最初はなかなか勝てなかった。
ところが、勝ち始めたきっかけの一つに2冊の本がありました。
たしか「インナーテニス」「インナーゲーム」。072.gif
ちょっと古い本ですが、テニスに限らず世界中のトッププロが実践していた、集中法の紹介です。昔の記憶の話ですが・・・・

大事な場面ほど選手は緊張する。
緊張して、アドレナリンが分泌されればいいプレーができるか?
一発勝負なら、一か八かなら、ともかくも、答えはノーです。
いかに平常心で、プレッシャー無く、伸び伸びと普段の最高のプレーを出し続けられるか、が大切なのだと。集中力とはそこなんだと!


そのためには、
 例1:テニスの試合中のインターバルや、サーブ前など、ボールのケバケバを見てそこに集中する。ケバケバに集中しているから、余分な力みが消える!
例2:緊張しかけたとき、自分の呼吸に集中する。あるいいは、緊張度を1~10段間でどこに相当するか自己評価する。つまり、自己評価する自分に集中することによって、本来の緊張を忘れるっていう目的です。
例3:テニスのストローク、特に試合前の練習などで、「弾んで・・打つ」と言葉で繰り返す。ボールが地面に当たる瞬間にあわせて「弾んで」とつぶやき、打つタイミングに合わせて「打つ」ってつぶやくのです。声をタイミングに合わせることに集中することで、余計な力が抜けるし、緊張も忘れるし、ストロークもよくなる!!
(テニススクールでコーチのアルバイトしてたときに、全くの初心者へ教える際、細かなことは教えずに、この「弾んで・・・打つ」をさせると、あっという間に信じられないぐらい打てるようになってました。絶対的自信!!)
もっと、いい話はいっぱいありますが・・・・、

サッカーでは具体的にどう活用?・・・ボールのタッチにはリズムや感覚的な要素が多そうだから、発声法や呼吸法なんてのはいいかもしれない。そして、なによりも気合の抜けたリラックスでなく、集中したリラックスのヒントになるかも。



イメージトレーニングの大切さにも言及してました。

(場面変わって)
Mケンと風呂場で
「おれもやってるよ、
たとえばクボタがトップに入ったとして、俺がクボタにパス出すと、クボタからパスが帰ってくる、
それをダイレクトでモリキョウに出して、モリキョウがいっきにゴールへ突っ込み、シュート、
とか、
モリキョウがライン際を上がり、俺がちょっと遅れてふくらみながら上がって、モリキョウからディフェンスの裏(キーパとの間)へセンタリング、
それを俺がサイドキックで確実にシュート。
このシーンは3月の6年生のみんなんカップで明野北に1-0で勝ったときのシュートなんだけどね。」
なるほど、ある程度は経験からいいメージは残ってるんだ。
もっと、たくさんのシーンを想像してイメージトレーニングしたらもっと幅が広がるんじゃないの。

「そうだね。
けど、俺6年のサブだからいつも試合見ながら、すごいいいシーンがあったら、俺がそこにいるみたいに想像してるし、
上手くいかなかったら、俺がそこにいて、あーして、こーなって、シュート、やったー、みたいな想像してるよ。
だって、万が一、俺が交代で出るときには、流れが変わったって言ってほしいやん。」
OK!!
ただ、ああすればよかったとか、こうしたらいけない、なんてマイナスのイメージトレーニングはしたらいけないんだって。マイナスのイメージは頭が精神も身体も縛りつけちゃうらしいよ。033.gif

もう一つ、一流プロがやっている一番大切なこと。
それは、「勝ったシーン」を何度もイメージすること。「点を入れて喜ぶシーン」も。003.gif
そのイメージを前もって頭に焼き付けてから、試合に臨むことがとっても大切。

「分かった、じゃ試合で苦しい状況になったらそうしてみる。」
いや、試合中にイメージ脹らませようとしても、緊張したり追い込まれたりしてたら、いいイメージなんて沸かない。前もってしっかりイメージしておいて、試合中は集中プラスリラックスや。イメージがしっかりしてれば、最後まで「勝ったシーン」のイメージに向かって自然と心も身体も動き続けるし、あきらめかけたり、焦って動きが悪くなるなんてならないだって。
「分かった・・・・、もう熱いから先に出るよ・・・・」

へんな緊張や力みの無い集中した状態で、ゲームのイメージトレーニングが自然と実践できたら、成功や・・・!(残されて独り言)。

集中法、イメージトレーニング・・・勝つためのヒントが十分ある気がします。
by moriken1103 | 2009-06-25 22:55 | 独り言 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mindgoods.exblog.jp/tb/11389262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 4年M at 2009-06-26 10:30 x
いつも風呂ミーティングですね。イイですね。
そして、Mケンは、いつも最後は、逃げるように? 出るよ・・・ってセリフですね。

うちは、食事前なので「ハラへった~、早く出よ~」って会話になりません。
Commented by にじが丘 at 2009-06-26 19:18 x
これこれ。これですよ。僕がずっと思ってたのは。
弾んで、打つ。やらせましょうよ。サッカーだと何がいいですかね。合わせて、打つ。ですかね。ちょっと考えてみます。
Commented by moriken1103 at 2009-06-26 20:18
「弾んで、打つ」の効果はテニスではほんとうに絶大だと確信してます。

サッカーでうちのMケンにさせたのは、
①、インステップの練習にドロップキックをさせたことがあるのですが、どうしてもできない。そこで、自分でボールを持って、足もとに落とし、弾み際に「トトン」と言わせながら、蹴らせました。当然、ボールが地面に当たる瞬間に「ト」、蹴る瞬間に「トン」です。すぐにできるようになりましたよ。
②、うちは未だにトラップがへたくそで、・・・・・。そこで、足もとに投げて、弾み際をトラップする練習(ショートバウンド)で、やはり「タタン」て言わせました。まだ、へたくそですが、トラップ後のボールに逆回転がかかって、ずいぶんできるようになりました。
センタリングなど動いてくるボールをシュートやキックの際にも、「ダン」なんて、キックと声が合うように意識すると、タイミングやプレースメントを高められるんじゃないかって、思います。
Commented by moriken1103 at 2009-06-26 20:18

それに、それに、声を出すってことはインパクトの瞬間に息を吐くってことです。息を止めたインパクトって、力みばかり増して、じつはパワーが落ちるんです。どんなスポーツでも。天才アスリートはその瞬間、よく舌を出してるのも一理あるんですね。
Commented by にじが丘 at 2009-06-26 22:27 x
今、ダイスケと相談してたんですけど、
練習のときにサイドに振ってゴール前に数人上がってセンタリング、シュート!の練習がありますよね?
あのときに周りのみんなも声合わせてセンタリングで「あげてー。」シュートで「打つ!」。決まったら「イエーイ。」みたいな感じでどうですかね?

試合のときにベンチ、応援席もみんなで「あげてー。」、「うつ!」。「イエーイ。」と思えるようになれば強いと思いません?
Commented by moriken1103 at 2009-06-26 22:49
すごくいいと思いますよ。
この練習では、すごく楽しくなるでしょうね。
楽しく、練習が盛り上がるといことは・・・・・
集中もするでしょうし、へんな緊張感もなく、力が抜けたいいプレーが出るかも!
それを繰り返して、いいプレー、気持ちいいシーン、盛り上がったシーンを自分たちにイメージづける作用もありそう。
<< 1部リーグ決定 おやじの会アングラーズ・アンド... >>